子供からの慰謝料請求について。

公開日: 相談日:2017年10月16日
  • 2弁護士
  • 4回答
ベストアンサー

1年半ほど前に協議離婚で離婚成立、子(現在19歳)の親権は元妻となり、子とは3年近く会っていません。

子から「私はあなたに虐待を受けていた」「殴られた事で今でも食べられない物があったり、異常に汗をかく」「暴言で精神的暴力も受けていた」など書かれている手紙が届きました。

①現在、子は就職して働いているようです。

②離婚協議中に子の面会の話になった際、子が私の暴力が原因で解離性障害となったとする診断書を送付され、面会はしていません。

③将来のために語学留学したいので、150万円を要求されています。(元妻との離婚協議書内で、子の特別な出費がある際は、別途協議すると記載あり。)

④子に手を上げた事実はありますが、今になって暴力を受けていたからと150万円を要求されて困っています。

要求を断っていますが、平行線なのでやり取りを打ち切って無視するつもりです。

無視した場合、子からの慰謝料請求も考えられるのですが、認められるか否か、また認められた場合の相場をお教え頂きたいです。

よろしくお願いします。

595343さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    岡山県1位

    川崎 政宏 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    お子さんが20歳になれば、お子さん自らが原告となって、慰謝料請求を行うことはできます。

    それが裁判の中で認められるかどうかは、虐待の事実があったかどうか、あったとして解離性障害との因果関係があるかどうか、などによります。

    暴力の事実が認められ、医師の診断書やカルテの記録から障害との因果関係が認められる場合は、一定額の慰謝料の支払いを命じられることもあります。

    慰謝料額は、ケースバイケースですが、すべての事情を斟酌して判断されます。数十万から数百万の幅が考えられます。

  • 弁護士ランキング
    埼玉県1位

    岡村 茂樹 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    > ③将来のために語学留学したいので、150万円を要求されています。(元妻との離婚協議書内で、子の特別な出費がある際は、別途協議すると記載あり。)
    1.必要不可欠な教育費とまでは言えないでしょう。

    > ④子に手を上げた事実はありますが、今になって暴力を受けていたからと150万円を要求されて困っています。
    1.上記の語学費用とは別ですか。
    2.被害を受けた本人であれば,請求可能と思いますが。

  • 相談者 595343さん

    タッチして回答を見る

    先生方、ありがとうございます。

    手を上げた事、イコール暴力や虐待とみなされるのでしょうか?
    私自身としては、暴力や虐待しているという感覚ではなく、躾けの一環でした。

    また、事実があったか、因果関係があるかとは、どのように判断するものでしょうか?

  • 弁護士ランキング
    埼玉県1位

    岡村 茂樹 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    > 手を上げた事、イコール暴力や虐待とみなされるのでしょうか?
    > 私自身としては、暴力や虐待しているという感覚ではなく、躾けの一環でした。
    1.手をあげた方が躾と考えていても,受け手の受け取り方は違ってきます。
    2.また,手をあげることは躾の範ちゅうには含まれないとされています。

    > また、事実があったか、因果関係があるかとは、どのように判断するものでしょうか?
    1,これは司法判断であり,裁判官が証拠に基づいて法的にその存否を決めます。

  • 相談者 595343さん

    タッチして回答を見る

    岡村先生、ありがとうございます。
    追加でお尋ねします。

    証拠とは、どのようなものが考えられるのでしょうか?
    診断書の他に、どんなものが存在しますか?

  • 弁護士ランキング
    埼玉県1位

    岡村 茂樹 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    > 診断書の他に、どんなものが存在しますか?
    1.医療関係としてはカルテです。
    2.問診内容(どうしてケガをしたのかなど)も参照資料のひとつです。
    3.当事者,目撃者の供述も証拠になります。

この投稿は、2017年10月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから