財産分与について

公開日: 相談日:2015年03月09日
  • 2弁護士
  • 2回答

協議離婚することになりました。

話し合った際に、財産分与はしないとなり離婚協議書にも記入しました。(後に公正証書にするものです。)
しかし、今になって財産分与をしたいと申してきました。その場合、いくら話し合い離婚協議書に記入してあっても財産分与はしないといけないのでしょうか。

また、財産分与をする場合、相手から慰謝料としてもらう額から相手の財産分与分を引いた額を請求することは可能でしょうか。可能だとしても、相手が今すぐ現金が必要だと言った場合は、相手の財産分与分を渡さないといけないのでしょうか。

329276さんの相談

回答タイムライン

  • 相談者 329276さん

    タッチして回答を見る

    追記です。

    相手の不倫が原因で離婚します。
    相手の財産分与分を慰謝料の一部として受け取ることは可能なのでしょうか。
    相手が財産分与分のお金がないと生活出来ないと申してきた場合は、慰謝料の一部として受け取ることは出来ないのでしょうか。

    質問内容が被っていたら申し訳ありません。

  • タッチして回答を見る

    財産分与をしないという合意は有効です。ただ、財産の状況を十分把握しないで合意したような場合に、錯誤による無効などを主張される場合はあります。いずれにしても、家庭裁判所へ調停を提起されて、財産分与や慰謝料の問題をじっくり、話し合っていくほうがよいと思われます。財産分与と慰謝料の調整なども、その場で話し合われるとよいと思われます。

  • 弁護士 A

    タッチして回答を見る

    直前の質問内容も併せて拝見しますと,協議書の作成において,(元)配偶者に対しては慰謝料の請求をしない代わりに財産分与もしないという趣旨であったのかどうかが一つの問題になると思います。
    今後,話合いが必要であるとなったときには,これ以上の問題が生じにくいように,裁判所での調停でなされる方がよいかもしれません。

  • 相談者 329276さん

    タッチして回答を見る

    ご回答ありがとうございます。

    そうですね…。
    折り合いが付かない場合は、家庭裁判所に行ってみようと思います。

    学資保険は財産分与の対象と見ましたが、子ども手当を貯蓄したものは財産分与の対象となるのでしょうか。

この投稿は、2015年03月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました