1. 弁護士ドットコム
  2. 離婚・男女問題
  3. 離婚慰謝料
  4. 慰謝料、損害賠償請求について。今更請求は無理でしょうか?

公開日:

慰謝料、損害賠償請求について。今更請求は無理でしょうか?

2015年01月07日
第三者から不法行為が行われた場合、慰謝料、損害賠償請求できるでしょうか?

①器物損壊(実質的な損害額は請求できるとは思いますがそれプラス慰謝料的な上乗せはできますか)
②有印私文書偽造(無断で私のサインと押印され書類提出。私には実質的には金銭的損害はありませんでした)
③住居不法侵入
④窃盗

詳しい内容は書きませんがこのようなことが第三者によって行われました。今までは相手方に文句は言いましたが何も行動を起こさず泣き寝入りしていました。

そこで質問です。
このような場合金銭的な(慰謝料、損害賠償)請求はできるのでしょうか?約半年位前の出来事です。その時に警察に被害届けまた告訴状等を提出すれば刑事罰的なものは与えられたとは思うのですが時間も経ったので民事的な解決を図りたいと思っております。今更請求は無理でしょうか?それとも請求自体無理そうですか?お金が取れても器物損壊の実質的な損害額ぐらいでしょうか?

あと1つ質問です。
よく離婚の時に相手が浮気による不貞行為(不法行為)の場合慰謝料が取れるという(200万から300万円)のですが私がされた不法行為とは全く別物と考えた方が良いのでしょうか?不法行為には違いないと思うのですが以上ご回答よろしくお願いします

相談者(310552)の相談

みんなの回答

黒岩 英一
黒岩 英一 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 長崎県1
弁護士が同意1
ありがとう
>①器物損壊(実質的な損害額は請求できるとは思いますがそれプラス慰謝料的な上乗せはできますか)

対象物によりますが、一般的には、その物の時価額までしか請求できないのが原則です。
その物が思い入れが強くあるものであるなどの事情があれば、多少は認められる可能性があります。

>今更請求は無理でしょうか?

請求自体はできますが、時間が経過していることから、あなたが容認したと判断される可能性があります。

>それとも請求自体無理そうですか?お金が取れても器物損壊の実質的な損害額ぐらいでしょうか?

現実的にはそのくらいでしょうね。

>よく離婚の時に相手が浮気による不貞行為(不法行為)の場合慰謝料が取れるという(200万から300万円)のですが私がされた不法行為とは全く別物と考えた方が良いのでしょうか?

あなたの受けた不法行為の内容が分からないため、判断できません。

2015年01月07日 06時52分

岡田 晃朝
岡田 晃朝 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 兵庫県1
ありがとう
不法行為があれば金銭請求は可能です。
ご記載の内容についても、実損の請求(場合によっては慰謝料も)可能なことはあるでしょう。

不法行為には不貞もあれば、交通事故もあります。その内容に応じて、損害賠償額が決まりますので、あなたの場合が不貞の慰謝料請求と同じというわけではありません。

2015年01月07日 07時56分

相談者(310552)
両先生ご回答ありがとうございます
岡田先生に質問です。相手方にどのような請求方法がありますか。
直接的な請求は無理だと思われます。民事調停でしょうか訴訟でしょうか?
弁護士に委任しても費用倒れになるような気がして訴訟は無駄なような気がします。やはり泣き寝入りになってしまうのでしょうか?

2015年01月07日 08時41分

岡田 晃朝
岡田 晃朝 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 兵庫県1
ありがとう
弁護士に依頼すると費用が難しく、証拠や主張の面で訴訟での対応が難しいとなれば、調停でしょうね。
調停でしたら、ご自身での対応も可能でしょうし。

2015年01月07日 16時27分

この投稿は、2015年01月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では16,011名の弁護士から、「慰謝料に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

離婚・男女問題の「トラブル体験談」

Aさん(30代女性)

DVを繰り返す夫から自由に - 2人の子どもの親権と養育費を勝ち取ったAさんの体験談

  • DV
  • 親権
  • 養育費
  • 面会交流

結婚11年目のAさんは、パートで働きながら8歳と10歳の子どもを育てる母親でした。会社勤めをしている夫は、家事や育児に協力しないだけでなく...

Bさん(20代女性)

性格の不一致から夫との生活が苦痛に - うつ病を患いながら離婚を成立させたBさんの体験談

  • 性格の不一致による離婚
  • うつ病
  • 新居の処分

結婚1年目のBさんは、夫と共働きの二人暮らし。当時仕事に追われていたBさんは、家庭内での夫の態度に違和感を覚えるようになっていました。B...

Cさん(40代女性)

育児・家事に無関心な夫と離婚 - 3人の子どもの親権・養育費を争ったCさんの体験談

  • 親権
  • 養育費
  • 財産分与
  • 年金分割

Cさんは、3人の子どもを育てる専業主婦でした。公務員の夫は、結婚当初から家庭内のことに無関心でした。「子どもが生まれたら変わるかな」と...

関連度の高い法律ガイド

配偶者の不倫相手に請求できる慰謝料の相場と期限

配偶者の不貞行為が原因で離婚することになった場合、不貞行為の相手方に慰謝料を支払ってもらえるのでしょうか。金額はどのくらいなのでしょうか。「[...

不倫を理由に離婚する場合の慰謝料の相場

不倫が原因で離婚する場合、配偶者や不倫相手に請求できる慰謝料の相場はどのくらいなのでしょうか。どのような事情が慰謝料額に影響を与えるのでしょ...

不倫やDVを理由に離婚慰謝料を請求する方法

配偶者の不倫や暴力などによって精神的なダメージを受け、離婚せざるを得なくなったような場合、配偶者に対して慰謝料を求めることができます。この記...

「お金がない」と言い訳する相手に慰謝料を支払わせるには

相手方の不倫(不貞行為)が原因で離婚する場合、相手方や不倫相手に対して、慰謝料を支払うよう要求することができます。しかし、「お金がない」「自...

離婚慰謝料が支払えない場合のリスク・対処法

離婚する際に不倫などの落ち度があった場合は、慰謝料を請求されることになります。慰謝料が高額で払えない場合、財産を差し押さえられてしまうのでし...

やること診断

今するべきことがわかります 離婚・男女問題のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 慰謝料請求。精神的損害の賠償ですよね?

    慰謝料請求する場合、不法行為による損害賠償で請求しますよね? 慰謝料請求は被害者自身も、被害者の身内も請求できますよね? 精神的損害の賠償ですよね?

  • 損害賠償請求についえ教えてください。

    損害賠償請求の損害金額は,実際に被った損害金しか請求できないのでしょうか? 将来に渡り,損害を被るであろう精神的苦痛に対しての慰謝料の請求はできないのでしょうか? 教えて下さい。

  • 傷害事件の慰謝料請求

    先日、傷害事件にあい 被害届と供述調書を警察に提出してきました。 これから加害者に慰謝料を40万から50万の間くらいの金額で請求しようと思うのですが、このように慰謝料の請求額が少額な場合、弁護士費用でほとんど消えてしまいます。 なので、今回は自分で相手側に慰謝料請求を行い、それに応じないようであれば少額訴訟をしよ...

  • 役所の突然の差し押さえについて

    役所(国、地方)に損害賠償は請求できますか?・・・(精神的損害・・慰謝料)

  • お金について。損害賠償と慰謝料請求とは同じ意味なのですか?

    損害賠償と慰謝料請求とは同じ意味なのですか? 一緒に請求される場合はありますか?

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

依頼前に知っておきたい弁護士知識

最近検索されたキーワード

離婚慰謝料の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

離婚・男女問題の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。