積極的な男遊び

妻がある特定の男性と頻繁に遊び歩き、何度注意しても言うことを聞きません。
将来的に私と離婚しその男性と再婚するために故意にやっているとすれば、不貞がない限りは対した慰謝料も請求できないと思います。
関係は悪くなるばかりですが、妻の女性としての適齢期が過ぎるまで離婚は拒否し続けるのが得策でしょうか?
何かいい方法があればご教授ください。
2013年10月29日 23時23分

みんなの回答

古川 穣史
古川 穣史 弁護士
離婚・男女問題に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
ほんとに不貞はないということなのでしょうか。
度重なる外出なども回数が増えてくれば離婚原因になることも考えられると思いますが、現状ではまだ厳しいものと考えます。

ただ、そのような再婚相手を探すような相手と結婚を継続していてほんとにいいのかという問題もありますが、ずっと離婚を拒否していれば、相手もいずれ不貞関係になると思いますし、そのときを狙って証拠を集めて離婚を求めるというのはどうでしょうか。

2013年10月30日 00時40分

荒川 和美
荒川 和美 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 愛知県2
ありがとう
モラハラというのは単に、暴力や暴言だけではありません。
 家族の絆や友情、愛情、職業的良心などを盾にとって、他の人々に罪悪感を抱かせる。 他の人々に、常に完璧でなくてはならず、決して意見を変えてはならないと思わせる。また、あらゆることを知っていなければならず、要求や質問にはすぐに答えられなければならないと思わせる。 自分の欲求を満たすために、道徳的な信条母親のあるべき姿、公務員のあるべき姿など)を利用する。他の人々の性質、能力、人格を疑う。批判し、けなし、裁く。 嫉妬する。それも他人に対してだけでなく、自分の子供や配偶者に対しても嫉妬する。私たちに気に入られようと、お世辞を言ったり、プレゼントをしたり、ちょっとした世話を焼いたりする。他の人の同情を引くために、犠牲者であるふりをする(病気を大げさに言う、周囲の状況の難しさを強調する、過労だと言う、など)。自分の責任を他の人々に押し付ける。自分の要求、感情、意見などをはっきり伝えない。曖昧な答え方をすることが多い。会話の途中で、主題を全く違うものに変えてしまう。対話や会合を避ける。人や物を介してメッセージを伝える(直接言うかわりに電話で言う、メモを残しておく、など)。自分の要求を隠すために、一見論理的な理由を持ち出す。
人の言うことをゆがめて解釈する。
自分に対する批判を認めようとせず、明白な事実も否定する。暗に、あるいはあからさまに脅す。自分の影響力を強くするために不和の種をまき、疑いを生じさせ、人々を仲違いさせようとする。相手や状況によって、意見、態度、感情などを変える。嘘をつく。他の人々の無知につけ込んで、自分のことを優れていると思わせる。自己中心的である。言うことは論理的で筋が通っているが、その態度や行動や生き方は、それとは正反対のものである。しばしば、ぎりぎりのときになってから、頼みごとをしたり、命令したり、他の人々に行動させたりする。
他の人々の権利や要求、欲求を考慮しない。要求に対して(口では関心があるように言っていても)無関心である。他の人々に、自分の意志ではしないようなことをさせる。自分の目的を達成するために他の人を犠牲にする。
 モラハラ下にある場合、逃避や救済を求めて他人に依存することがあります。
これをシンデレラ症候群といいます。肉体関係にないこともままあります。

2013年10月30日 01時20分

この投稿は、2013年10月29日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

「お金がない」と言い訳する相手に慰謝料を支払わせるには

相手方の不倫(不貞行為)が原因で離婚する場合、相手方や不倫相手に対して、慰謝料を支払うよう要求することができます。しかし、「お金がない」「自...

配偶者の不倫相手に請求できる慰謝料の相場と期限

配偶者の不貞行為が原因で離婚することになった場合、不貞行為の相手方に慰謝料を支払ってもらえるのでしょうか。金額はどのくらいなのでしょうか。「[...

離婚慰謝料が支払えない場合のリスク・対処法

離婚する際に不倫などの落ち度があった場合は、慰謝料を請求されることになります。慰謝料が高額で払えない場合、財産を差し押さえられてしまうのでし...

不倫やDVを理由に離婚慰謝料を請求する方法

配偶者の不倫や暴力などによって精神的なダメージを受け、離婚せざるを得なくなったような場合、配偶者に対して慰謝料を求めることができます。この記...

離婚慰謝料や養育費が未払いになった場合の対処法

離婚をする時、慰謝料や養育費の額や支払い方法を取り決めたのに、支払いが滞っているーー。お金の支払いを拒否される・支払いが滞るといったことにな...

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 離婚・男女問題のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 不倫の婚約破棄への慰謝料請求

    夫が不倫相手から慰謝料を請求されるかもしれません。どのように対処したらよいでしょうか? 私が仕事が忙しいため、一緒にいる時間も少なく夫に負担をかけている事は自覚しているのですが、結婚時の同意事項でした。 しかし夫がその不満を知人女性に話すうち、情が移ってつい結婚話を持ちかけたようです。 離婚するからその準備を...

  • 夫婦修復の誓約書について

    夫が不倫したのに、不倫したのは私のせい、悪いと思ってない、と言い張っています。 私は子供も小さいしやり直せるなら夫に謝って我慢しようと思っています。 修復するのに、今後私が夫に対して嫌なことをしたら即離婚すると誓約書に書けと言われました。 覚悟を決めてやり直すので書こうと思いますが、もし離婚することになるとき、...

  • 別居に至った不貞の前に他の不貞があったかもしれず夫婦喧嘩した事の影響

    6年の結婚生活中、最初の4年で証拠や自白のある浮気ではなく、結婚指輪をこっそり外していたり浮気が疑われる事が何度かありました。 夫婦喧嘩はしましたが離婚など考えもしませんでした。 そして最終的に自白と明確な証拠のある不貞が発覚し、その不貞が原因で別居に至りました。 (とはいえ私は離婚も別居も拒否しておりました。...

  • 離婚をほう助(離婚方法の指南等)した相手に対して慰謝料を請求することは可能か?

    私は既婚者です。(現在は独身) 特に好意ややましい気持ちがあったわけではないのですが、勤務先の未婚の女性Aと食事に行き、その後何度か二人で会うようになりました。ある日車中で過ごしている際、Aから身体を触られ肉体的な関係となり、その後お互い感情的にも恋愛関係となりました。(Aの真意は不明) Aからは「離婚して欲し...

  • 有責配偶者からの離婚請求について

    以前にも相談させていただきましたが、夫が不倫をし離婚を要求しています。 円満状態からの不倫です。 6歳4歳1歳の子供のことを考え、私自身愛情が残っているので修復を望んでいるのに、私という存在が受け入れられないなど色んなことを理由に離婚を迫っています。 とはいえ離婚届をつきつけるでもなく、ただただ日々の言動(必...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

離婚・男女問題の「トラブル体験談」

Aさん(30代女性)

DVを繰り返す夫から自由に - 2人の子どもの親権と養育費を勝ち取ったAさんの体験談

  • DV
  • 親権
  • 養育費
  • 面会交流

結婚11年目のAさんは、パートで働きながら8歳と10歳の子どもを育てる母親でした。会社勤めをしている夫は、家事や育児に協力しないだけでなく...

Bさん(20代女性)

性格の不一致から夫との生活が苦痛に - うつ病を患いながら離婚を成立させたBさんの体験談

  • 性格の不一致による離婚
  • うつ病
  • 新居の処分

結婚1年目のBさんは、夫と共働きの二人暮らし。当時仕事に追われていたBさんは、家庭内での夫の態度に違和感を覚えるようになっていました。B...

Cさん(40代女性)

育児・家事に無関心な夫と離婚 - 3人の子どもの親権・養育費を争ったCさんの体験談

  • 親権
  • 養育費
  • 財産分与
  • 年金分割

Cさんは、3人の子どもを育てる専業主婦でした。公務員の夫は、結婚当初から家庭内のことに無関心でした。「子どもが生まれたら変わるかな」と...

依頼前に知っておきたい弁護士知識

慰謝料に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

離婚慰謝料の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題のニュース

  1. 遠距離10年愛の末路、彼女は「他の男と同棲」...
  2. 10キロ増の妻に「見た目がイヤ」「離婚しない...
  3. 「あまりに理不尽」恩師からのキスで、妻に30...
  4. 単身赴任は別居なの? 不倫し放題の夫「オレ...
  5. 妻に不倫された夫が「もう一度、ホテルへ行っ...
  6. 教員の30代夫が「職場不倫」、相手は「50代女...
  7. 「胸を見せて!」夫がハマったライブチャット...

活躍中の弁護士ランキング

離婚・男女問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。