認知症の母が狙われました

認知症の母が、金50キログラム渡してしまいました。相手は分かっているのですが、渡したという証拠はありません。警察に相談したのですが、証拠がないので動きにくいとのこと。何か方法はないのでしょうか?母は、相手の顔も何キロ渡したかも記憶していません。相手は、<私は騙すようなことはしていない>と認めません。
2011年11月01日 09時40分

みんなの回答

弁護士A
ありがとう
お母さんが認知症で、金を渡したという証拠がなく、そのままでは、取り戻すのが困難です。
消費者契約法に基づき、クーリングオフを使える状態であれば使ってください。
時間がたちすぎていると使えませんね。
いずれにしても今後を考えて、お母さんには、後見人をつけてください。

2011年11月01日 09時53分

この投稿は、2011年11月01日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

認知を拒否できる場合や注意点

「あなたとの間に子供ができたから、認知してほしい」― 彼女にこのように言われたとき、その子が自分の子であれば、認知をしなければなりません。この...

認知調停の申立て方法と流れ|事実婚のパートナーに認知を拒否された場合の対処法を詳しく解説

結婚していないパートナーに子どもの認知を拒否されている場合、裁判所の認知調停という手続きを利用して、認知を求めることができます。この記事では...

父親に認知させる方法や時期と、非嫡出子の権利

未婚の男女の間に子どもができた際に最も重要なのは、認知の手続きをして、子どもと父親を法律上でも父子関係とすることでしょう。しかし、男性にとっ...

DNA鑑定で実子でなかった場合の対処法

不倫相手の子どもを妊娠し、夫の子どもとして育ててしまった、というケースもあるでしょう。DNA鑑定の結果、夫の子ではないことが判明した際には、親子...

別居中や離婚直後に夫以外の男性の子を妊娠…法律上の父親は誰?

離婚に向けた別居期間中や離婚直後に、夫(元夫)以外の男性の子どもを妊娠すると、子どもが生まれてくるタイミングによっては、法律上の父親が夫(元...

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 離婚・男女問題のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 認知症の祖母がお金を盗まれています。

    認知症の祖母がお金を盗まれています。 その他、銀行の通帳、家の鍵、通帳印も盗まれました。盗んだ犯人に電話をしてみたところ、借用書がなければ返さないと主張しています。

  • 窃盗の証拠。だと、警察は動きませんか?

    窃盗についてですが、 盗んできたと言う事実があり、(本人が供述、実物も見ました) でも、その盗んだものを他者にあげた場合、 『証拠』がなくなりますよね…?? ・証拠がない状態、 ・盗まれた方はその事実を知っているかは分からない、 だと、 警察は動きませんか??

  • 遺産相続 相続放棄の手続き

    相続トラブル 兄弟に認知症の父は実印をかしてしまいました 兄弟が父に確認を取らずに相続放棄の手続きをしてしまいました 相手を処罰 または訴える事は出来ますか?

  • 受益者が遺言の模様をビデオ撮影し、検認してすぐ登記したら・・・・・

    弟が自分宛に父が遺言書を書いていたと、提出してきました。 どこにあったのかを確認した所、実は父に生前自分宛に遺言を書いてもらった。 父は、目が不自由ではあったが、位置を指定してあげれば書く事ができるので、弟が口頭で指示をしながら、二人で相談しながら作ったと言っていた。 それを弁護士に預け、父が亡くなったので弁護...

  • 闇車検について

    元夫が乗っているバイクは違法改造らしく、普通に車検を受けられないからと車検証を業者に渡し、バイクは持っていかないで書類のみで車検が終わります。私には絶対頼んでいる業者は言いません。闇車検と分かって車検を受けている元夫は何か罪になりますか?

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

離婚・男女問題の「トラブル体験談」

Aさん(30代女性)

DVを繰り返す夫から自由に - 2人の子どもの親権と養育費を勝ち取ったAさんの体験談

  • DV
  • 親権
  • 養育費
  • 面会交流

結婚11年目のAさんは、パートで働きながら8歳と10歳の子どもを育てる母親でした。会社勤めをしている夫は、家事や育児に協力しないだけでなく...

Bさん(20代女性)

性格の不一致から夫との生活が苦痛に - うつ病を患いながら離婚を成立させたBさんの体験談

  • 性格の不一致による離婚
  • うつ病
  • 新居の処分

結婚1年目のBさんは、夫と共働きの二人暮らし。当時仕事に追われていたBさんは、家庭内での夫の態度に違和感を覚えるようになっていました。B...

Cさん(40代女性)

育児・家事に無関心な夫と離婚 - 3人の子どもの親権・養育費を争ったCさんの体験談

  • 親権
  • 養育費
  • 財産分与
  • 年金分割

Cさんは、3人の子どもを育てる専業主婦でした。公務員の夫は、結婚当初から家庭内のことに無関心でした。「子どもが生まれたら変わるかな」と...

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

認知・親子関係の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題のニュース

  1. 小学校の「同級生」と不倫する妻…夫は「夫婦...
  2. 遠距離10年愛の末路、彼女は「他の男と同棲」...
  3. 10キロ増の妻に「見た目がイヤ」「離婚しない...
  4. 既婚者から、無理やりにキスされた…相手の妻...
  5. 単身赴任は別居なの? 不倫し放題の夫「オレ...
  6. 妻に不倫された夫が「もう一度、ホテルへ行っ...
  7. 教員の30代夫が「職場不倫」、相手は「50代女...

活躍中の弁護士ランキング

離婚・男女問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。