認知されていない子を持つ母親が結婚した場合、その夫と子との法的な親子関係は

認知されていない子供を持つ母親が結婚した場合、その子と母の夫との間には法律上の親子関係は生じるのでしょうか。
赤の他人ですから、養子縁組をしない限りは法律上の親子関係は発生しないのですか。
2018年11月04日 23時15分

みんなの回答

川添 圭
川添 圭 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府2 離婚・男女問題に注力する弁護士
ありがとう
夫と子供が養子縁組しない限り,親子関係は生じません。
ただし,養子縁組しない場合でも配偶者の子は親族(一親等の姻族)に該当します(例えば健康保険などの被扶養者とすることができるといった実益があります)。

2018年11月04日 23時29分

相談者
夫が連れ子を認知したらどうなるんですか?

2018年11月05日 00時18分

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1 離婚・男女問題に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
> 夫が連れ子を認知したらどうなるんですか?

夫の子でないのであれば、基本的に認知はできませんし、仮にしたとすれば、認知無効の主張がなされる場合はあります。

2018年11月05日 04時27分

堀 晴美
堀 晴美 弁護士
離婚・男女問題に注力する弁護士
ありがとう
夫の子でない限り認知はできません。認知無効の訴訟を提起される可能性があります。法律上の親子関係を生じさせるには養子縁組だと思います。

2018年11月05日 07時06分

相談者
誰も認知取り消しの訴えを起こさなければどうなるんですか?

通常であれば認知準正となり嫡出子になりますよね。

認知する際に血縁関係の証明など不要ですから、夫の子かそうでないかなど
届けを受け取る役所はわかりませんよね。

2018年11月05日 18時09分

川添 圭
川添 圭 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府2 離婚・男女問題に注力する弁護士
ありがとう
役所は親子関係について実質的判断をする権限はないため,民法と戸籍法に規定されている要件を満たす届出があれば受理されます。また,その法的な親子関係について誰からも問題にされないまま時間が経過することもあるでしょう。
ただ,もし血縁上の親子関係がないのに,それを知りながら認知を成立させたとすれば犯罪(公正証書原本不実記載罪)に問われる可能性がありますし,後日紛争になったときは,DNA鑑定を経て認知無効となります(認知無効の手続は利害関係ある親族なども行うことができます)。弁護士による公開のネット掲示板の回答としては「血縁上の親子関係がないのに認知届を提出することはできない」という回答が適切です。

2018年11月05日 18時20分

相談者
認知する際に「血縁関係があると思っていた」といえばそれまでではないですか?
そもそも通常の嫡出推定ですら、父親が実は他人の子供と信じているケースだってよくありますよね。

2018年11月05日 22時12分

相談者
訂正

父親が実は他人の子供を自分の子供と信じているケースだってよくありますよね。

2018年11月05日 22時13分

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1 離婚・男女問題に注力する弁護士
ありがとう
> 父親が実は他人の子供を自分の子供と信じているケースだってよくありますよね。

ケースとしてはあると思います。
ただその場合、故意がありませんから、法的には公正証書原本不実記載罪は成立しないと思います。

2018年11月06日 05時38分

相談者
連れ子を認知する際に「自分の子供だと信じていた」と言ったらそれが嘘だとどうやって証明するのですか?
認知の届をする際にDNA鑑定は義務付けられていませんから、
届を受け取る役所は実は親子関係がないとわからないし、
当事者である母親、その夫、子自身も、真実の父子関係があると信じていたかもしれませんよね。


2018年11月06日 14時23分

この投稿は、2018年11月04日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

父親に認知させる方法や時期と、非嫡出子の権利

未婚の男女の間に子どもができた際に最も重要なのは、認知の手続きをして、子どもと父親を法律上でも父子関係とすることでしょう。しかし、男性にとっ...

DNA鑑定で実子でなかった場合の対処法

不倫相手の子どもを妊娠し、夫の子どもとして育ててしまった、というケースもあるでしょう。DNA鑑定の結果、夫の子ではないことが判明した際には、親子...

認知を拒否できる場合や注意点

「あなたとの間に子供ができたから、認知してほしい」― 彼女にこのように言われたとき、その子が自分の子であれば、認知をしなければなりません。この...

別居中や離婚直後に夫以外の男性の子を妊娠…法律上の父親は誰?

離婚に向けた別居期間中や離婚直後に、夫(元夫)以外の男性の子どもを妊娠すると、子どもが生まれてくるタイミングによっては、法律上の父親が夫(元...

親子関係不存在確認の訴えとは?父子関係を解消する方法

残念なことに、すべての夫婦が円満とは限りません。実は不倫相手の子どもを育てていた、ということも起こり得るのです。子どもの成長につれて自分の子...

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 離婚・男女問題のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 認知されていない子供を連れて結婚した場合、夫と子供との法的関係はどうなる?

    認知されていない子供を持つ母親です。 今度結婚しますが、 夫となる人に私の子供の扶養義務は発生するのでしょうか? 血縁関係がないのですから、ありませんよね。 養子縁組をしない限り、彼に私の子供の養育費を払う義務はないということになりますし、 彼の相続の権利も私の子供にはないということになりますよね。 戸籍上は...

  • 真実の父親と親子関係を結び、母親の夫と戸籍上ある親子関係を解消したい

    私の母親の夫は私の父親ではありません。 母が不倫してできたのが私です。 自分の戸籍の父親の欄に乗っている人は赤の他人で、DNA鑑定によりそれは確認済みです。 今から嫡出否認もできないそうですし、親子関係不存在訴訟も、 母とその夫は私が生まれてしばらくするまでは一緒に暮らしており、性行為もあったため、 無理だ...

  • 未婚認知あり、結婚、養子縁組、第二子出産

    未婚で出産、認知あり。その後、子の父親ではない人と結婚し、養子縁組した場合、戸籍上は養父、実母でも養母になるんですか? また、その男性との間の子供を妊娠。養子縁組した子が男の子で、その次の子も男の子だった場合、戸籍上は、長男、次男になりますか?養子、長男といった形になったりするんでしょうか? 解答よろしくお願い...

  • 未婚、非嫡出子、認知あり。結婚、養子縁組、妊娠。

    未婚で男児を出産、認知ありです。後に男児の父親ではない男性と結婚、男児を養子縁組し、後に妊娠。生まれた子がまた男児の場合、続柄は順番に養子、長男となると聞いたのですが、次に生まれたのが女児だった場合の続柄は順番に、養子、長女になるんですか?それとも、長男、長女ですか?

  • 未婚、非嫡出子、認知あり。結婚、養子縁組、戸籍。

    未婚で出産し、認知ありです。その際、認知した男性側の戸籍に、認知の事実が記載されていると思うのですが、その後に別の男性と結婚し、養子縁組した場合、認知した男性側の戸籍にもその事実が表記されるのでしょうか?

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

離婚・男女問題の「トラブル体験談」

Aさん(30代女性)

DVを繰り返す夫から自由に - 2人の子どもの親権と養育費を勝ち取ったAさんの体験談

  • DV
  • 親権
  • 養育費
  • 面会交流

結婚11年目のAさんは、パートで働きながら8歳と10歳の子どもを育てる母親でした。会社勤めをしている夫は、家事や育児に協力しないだけでなく...

Bさん(20代女性)

性格の不一致から夫との生活が苦痛に - うつ病を患いながら離婚を成立させたBさんの体験談

  • 性格の不一致による離婚
  • うつ病
  • 新居の処分

結婚1年目のBさんは、夫と共働きの二人暮らし。当時仕事に追われていたBさんは、家庭内での夫の態度に違和感を覚えるようになっていました。B...

Cさん(40代女性)

育児・家事に無関心な夫と離婚 - 3人の子どもの親権・養育費を争ったCさんの体験談

  • 親権
  • 養育費
  • 財産分与
  • 年金分割

Cさんは、3人の子どもを育てる専業主婦でした。公務員の夫は、結婚当初から家庭内のことに無関心でした。「子どもが生まれたら変わるかな」と...

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

認知・親子関係の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題のニュース

  1. 遠距離10年愛の末路、彼女は「他の男と同棲」...
  2. 10キロ増の妻に「見た目がイヤ」「離婚しない...
  3. 「あまりに理不尽」恩師からのキスで、妻に30...
  4. 単身赴任は別居なの? 不倫し放題の夫「オレ...
  5. 妻に不倫された夫が「もう一度、ホテルへ行っ...
  6. 教員の30代夫が「職場不倫」、相手は「50代女...
  7. 「胸を見せて!」夫がハマったライブチャット...

活躍中の弁護士ランキング

離婚・男女問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。