1. 弁護士ドットコム
  2. 離婚・男女問題
  3. 認知・親子関係
  4. 強制認知について教えて下さい。

公開日:

強制認知について教えて下さい。

2015年09月17日
ベストアンサー
認知無効請求に対して、反訴で強制認知ができると聞きました。

それを勧める人もいれば、
実の子であれば勝つのはわかっているので、わざわざお金をかけて反訴する必要もないという意見もあり、どちらにしようか迷っています。

反訴で強制認知を請求した場合(予備的請求になると思うのですが)、
印紙代がかかる以外にデメリットはありますか?
DNA鑑定費用は反訴側の負担になってしまうのでしょうか?

メリットとしては、この訴訟内で100%認知が確実になることだと思うのですが
合っていますでしょうか?

宜しくお願いします。
相談者(385138)の相談

みんなの回答

西田 広一
西田 広一 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府3
ベストアンサー
ありがとう
反訴で強制認知を請求した場合(予備的請求になると思うのですが)、印紙代がかかる以外にデメリットはありますか?

 認知無効については、被告は弱腰と思われるでしょう。

DNA鑑定費用は反訴側の負担になってしまうのでしょうか?

 これは話し合いですが、認知無効だけだと当初原告の負担となるのが通常でしょうが、あなたも反訴をすると折半となるのが通常でしょう。

メリットとしては、この訴訟内で100%認知が確実になることだと思うのですが合っていますでしょうか?

 これはその通りです。養育費支払時期も早まるでしょう。

2015年09月18日 06時29分

この投稿は、2015年09月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

DNA鑑定で実子でなかった場合の対処法

不倫相手の子どもを妊娠し、夫の子どもとして育ててしまった、というケースもあるでしょう。DNA鑑定の結果、夫の子ではないことが判明した際には、親子...

認知を拒否できる場合や注意点

「あなたとの間に子供ができたから、認知してほしい」― 彼女にこのように言われたとき、その子が自分の子であれば、認知をしなければなりません。この...

認知調停の申立て方法と流れ|事実婚のパートナーに認知を拒否された場合の対処法を詳しく解説

結婚していないパートナーに子どもの認知を拒否されている場合、裁判所の認知調停という手続きを利用して、認知を求めることができます。この記事では...

父親に認知させる方法や時期と、非嫡出子の権利

未婚の男女の間に子どもができた際に最も重要なのは、認知の手続きをして、子どもと父親を法律上でも父子関係とすることでしょう。しかし、男性にとっ...

別居中や離婚直後に夫以外の男性の子を妊娠…法律上の父親は誰?

離婚に向けた別居期間中や離婚直後に、夫(元夫)以外の男性の子どもを妊娠すると、子どもが生まれてくるタイミングによっては、法律上の父親が夫(元...

やること診断

今するべきことがわかります 離婚・男女問題のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 反訴が認められるか別訴扱いになるか

    反訴が認められるか別訴扱いになるかは、(反訴案件を)提訴するまでわかりませんか。それとも、事前の問い合わせで可能でしょうか。

  • 告知義務違反に係る質問

    自分で調べてわからなかったので教えてください。 転職し、入社時に、前職と地位確認の訴訟をしている事実を伝えなかったことは 告知義務違反とまではいえないと伺ったのですが、告知義務違反になる、ならない ボーダーはどういう基準なのでしょうか? 地位確認訴訟の事実を告知する必要がない理由を教えてください。 また、...

  • 再審請求が認められる確率について

    無期懲役の再審請求が認められる確率と、死刑囚の再審請求が認められる確率はどちらが高いのでしょうか。 データがあるのであれば大変嬉しいですが、なくても構いません!

  • 認知しないで逃げ切れるのか

    自分の子だと分かっていながらも認めず、 認知訴訟を起こされ強制認知になった場合 任意で認知するより金銭的な負担は大きくなり ますか? 裁判にも出席を拒否し続けて逃げ切れる のは可能ですか? 敗訴しても訴訟費用を踏み倒す事は可能ですか?

  • 反訴にするメリット、反訴にしないことのメリット

    反訴によって得られるメリット、デメリットについてお聞きします。 訴えられた案件に対して、相手が先行して侵害行為を行なったことを主張する時、反訴にするか、第一審判決後別訴(この質問のひとつ前の質問)にするかで迷っています。ケースについては詳しく書けませんので、迷っているとします、が正確です。 (1)相手が先行...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

離婚・男女問題の「トラブル体験談」

Aさん(30代女性)

DVを繰り返す夫から自由に - 2人の子どもの親権と養育費を勝ち取ったAさんの体験談

  • DV
  • 親権
  • 養育費
  • 面会交流

結婚11年目のAさんは、パートで働きながら8歳と10歳の子どもを育てる母親でした。会社勤めをしている夫は、家事や育児に協力しないだけでなく...

Bさん(20代女性)

性格の不一致から夫との生活が苦痛に - うつ病を患いながら離婚を成立させたBさんの体験談

  • 性格の不一致による離婚
  • うつ病
  • 新居の処分

結婚1年目のBさんは、夫と共働きの二人暮らし。当時仕事に追われていたBさんは、家庭内での夫の態度に違和感を覚えるようになっていました。B...

Cさん(40代女性)

育児・家事に無関心な夫と離婚 - 3人の子どもの親権・養育費を争ったCさんの体験談

  • 親権
  • 養育費
  • 財産分与
  • 年金分割

Cさんは、3人の子どもを育てる専業主婦でした。公務員の夫は、結婚当初から家庭内のことに無関心でした。「子どもが生まれたら変わるかな」と...

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

認知・親子関係の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

離婚・男女問題の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。