準正のみで日本滞在するためのビザ取得出来ますか?

外国人の友達がいます。
長男・次男がいます。彼女は日本人と離婚しました。
長男は結婚前に生まれて父親が母親の母国で認知して、結婚後日本でも認知して準正となっています。
次男は結婚後に生まれましたが嫡出否認により日本国籍は削除されました。しかし日本のパスポートは
所持しています。
母親の母国では離婚していないので、母親母国側で子供は共同親権になっており長男の日本国籍は取れません。
この状況で日本滞在するためのビザは取得できますか?
2015年05月11日 11時19分

みんなの回答

伊藤 真悟
伊藤 真悟 弁護士
離婚・男女問題に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
未成年の子供がいるなら在留資格を日本人の配偶者などから「定住者」に変更することが可能である可能性が高いと思います。離婚してから半年経過するとビザが取り消されるので早めに在留資格変更申請した方がよいでしょう。

2015年05月11日 12時04分

この投稿は、2015年05月11日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

父親に認知させる方法や時期と、非嫡出子の権利

未婚の男女の間に子どもができた際に最も重要なのは、認知の手続きをして、子どもと父親を法律上でも父子関係とすることでしょう。しかし、男性にとっ...

認知を拒否できる場合や注意点

「あなたとの間に子供ができたから、認知してほしい」― 彼女にこのように言われたとき、その子が自分の子であれば、認知をしなければなりません。この...

嫡出否認の訴えとは?父子関係の取消が認められる条件や期限・手続き方法

妻または前妻との間に子どもができたものの、その子が自分の子ではなかった場合には、非常にショックを受けることでしょう。この場合は、嫡出否認をす...

DNA鑑定で実子でなかった場合の対処法

不倫相手の子どもを妊娠し、夫の子どもとして育ててしまった、というケースもあるでしょう。DNA鑑定の結果、夫の子ではないことが判明した際には、親子...

別居中や離婚直後に夫以外の男性の子を妊娠…法律上の父親は誰?

離婚に向けた別居期間中や離婚直後に、夫(元夫)以外の男性の子どもを妊娠すると、子どもが生まれてくるタイミングによっては、法律上の父親が夫(元...

やること診断

今するべきことがわかります 離婚・男女問題のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 万引きによる退去強制になった過去を持つ中国人女性との結婚について

    私は日本人男性で中国人女性との結婚を考えています。 彼女は2000年にビジネスビザで日本に入国し2004年までオーバーステイしていましたが、2004年に警察の目を気にしながら生活する日本の生活に嫌気がさし、自暴自棄になり万引きして逮捕され執行猶予付きの実刑判決が確定した後、退去強制され中国に帰国した過去を持っています。現在...

  • 重国籍について

    両親の片方が外国籍と日本国籍で子供は日本で出生し、日本国籍を取得しましたが もしかしたら二重国籍のままかもしれません。現在子供は結婚し30歳日本在住です。確認方法と二重国籍の場合どうしたらよいか方法を教えてください。よろしくお願いします。

  • 遺族年金の内縁になりますか?

    以下のケースが遺族年金の失権事由の内縁にあたるかお教えください。 女性が遺族年金を受給中、別の男性の子を出産し、子は認知され、男性の名字を名乗っています。 女性と子供は男性と別居で、女性の入籍はありません。毎月家賃相当分の援助を受けています。 先生方への質問です。 1、この場合、内縁にあたり失権となるのでしょう...

  • 離婚した親の国籍について

    私は母子家庭で母親は純粋な日本人です。 母親は去年日本人の男性と再婚しています。 父は韓国籍で韓国名と日本名を持っていました。 私自身は生まれも日本で日本人として育てられ日本国籍をもっております。 今回の相談は、私が婚約するときについてです。 婚約届を記入する際に、両親の名前を記入するところがありますが、父親...

  • 日本国籍のままでも中国の学校に行くことは可能でしょうか?

    母親が中国人で父が日本人の14歳のハーフの知り合いがいます。 数年前に国籍を日本に移しました。去年、父親が病死したので 中国に帰ろうと思っていますが、日本国籍のままだと中国の学校に行けないという 話を聞きました。本当でしょうか? また国籍を中国に戻すのは大変なのでしょうか?

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

離婚・男女問題の「トラブル体験談」

Aさん(30代女性)

DVを繰り返す夫から自由に - 2人の子どもの親権と養育費を勝ち取ったAさんの体験談

  • DV
  • 親権
  • 養育費
  • 面会交流

結婚11年目のAさんは、パートで働きながら8歳と10歳の子どもを育てる母親でした。会社勤めをしている夫は、家事や育児に協力しないだけでなく...

Bさん(20代女性)

性格の不一致から夫との生活が苦痛に - うつ病を患いながら離婚を成立させたBさんの体験談

  • 性格の不一致による離婚
  • うつ病
  • 新居の処分

結婚1年目のBさんは、夫と共働きの二人暮らし。当時仕事に追われていたBさんは、家庭内での夫の態度に違和感を覚えるようになっていました。B...

Cさん(40代女性)

育児・家事に無関心な夫と離婚 - 3人の子どもの親権・養育費を争ったCさんの体験談

  • 親権
  • 養育費
  • 財産分与
  • 年金分割

Cさんは、3人の子どもを育てる専業主婦でした。公務員の夫は、結婚当初から家庭内のことに無関心でした。「子どもが生まれたら変わるかな」と...

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

認知・親子関係の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

離婚・男女問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。