無効な名義変更について・・・補足

分かりにくくてすみません。


名義変更がされたのは2年前です。当然売買証明書が作られたのも2年前になります。
父親が認知症になったのは10年ほど前です。


認知症になる前には売買はしていない。と言っていて証拠をもってこと言っておりました。

よろしくお願いします
2008年09月28日 18時32分

みんなの回答

弁護士A
ありがとう
古いご質問が残ったままになっているようです。まだ疑問があれば,再投稿した方が良いでしょう。

2011年04月10日 10時27分

この投稿は、2008年09月28日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

父親に認知させる方法や時期と、非嫡出子の権利

未婚の男女の間に子どもができた際に最も重要なのは、認知の手続きをして、子どもと父親を法律上でも父子関係とすることでしょう。しかし、男性にとっ...

DNA鑑定で実子でなかった場合の対処法

不倫相手の子どもを妊娠し、夫の子どもとして育ててしまった、というケースもあるでしょう。DNA鑑定の結果、夫の子ではないことが判明した際には、親子...

離婚直後に別な男性の子を妊娠…法律上の父親は誰?

離婚に向けた別居期間中や離婚直後に、夫(元夫)以外の男性の子どもを妊娠すると、子どもが生まれてくるタイミングによっては、法律上の父親が夫(元...

認知を拒否できる場合や注意点

「あなたとの間に子供ができたから、認知してほしい」― 彼女にこのように言われたとき、その子が自分の子であれば、認知をしなければなりません。この...

父子関係を解消する方法

残念なことに、すべての夫婦が円満とは限りません。実は不倫相手の子どもを育てていた、ということも起こり得るのです。子どもの成長につれて自分の子...

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 離婚・男女問題のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 身に覚えのない保証人③

    今までの質問よりもう少し詳しく質問します。 よろしくお願いします。 前回、前々回は祖父がと話ましたが 実は祖父は保証人になった時にはもうすでに認知症になっていて会話もまともにできず字も自分では書ける状態ではなかったようなのですが 祖父の名前と捺印(実印)があったため受理されてしまったようなのです。 このせいで今...

  • 土地の名義を知らないうちに変更されてました

    先日母親が亡くなった時に知ったのですが父の土地の名義を兄弟に相談なく10年間に渡り贈与税がかからないように弟が勝手に自分名義にしたを聞かされたのですが訴えれますか?父は3年程前に亡くなっております。

  • 死亡した認知症の母の借金について

    78才の母が急に亡くなり、長年お付き合いのお店に150万の借金がありました。認知症と伝えていたにもかかわらず展示会に連れていき、買わせており、毎月5万円お店に支払いを しておりました。借金の請求に対して、認知症の診断書で 無効、返品訴えることは できますか? 商品は 半年くらい前買って、本人が使用していました。お店も認知...

  • 駐車違反について。こういったことを全て書いても無理ですよね?

    はじめまして。 駐車違反を実際にしたのは、私ではないですが、車検証の使用者か所有者になっているようで弁明通知書が届きました。 現在車検証は私は持っておらず、状況確認ができません。 今は当時交際していた男性がおそらく車を所持し、運転しています。 交際当時に私は中古車ローンの連帯保証人となり、更に車の契約に必要と...

  • 手落ちな書き方の遺言書

    知人から財産分与を書いたものを頂いて、知人が10年前に亡くなったのですが、正式な書面ではなくて、手書きで、遺言書とは書いてなくて、証という字で、中も日にちや頂く者の住所等が無かったりと手落ちがあるのですが、有効にはならないでしょうか。頂くものは主に株式何株というものです。 もうすでに遺族によって処分されてると思い...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

離婚・男女問題の「トラブル体験談」

Aさん(30代女性)

DVを繰り返す夫から自由に - 2人の子どもの親権と養育費を勝ち取ったAさんの体験談

  • DV
  • 親権
  • 養育費
  • 面会交流

結婚11年目のAさんは、パートで働きながら8歳と10歳の子どもを育てる母親でした。会社勤めをしている夫は、家事や育児に協力しないだけでなく...

Bさん(20代女性)

性格の不一致から夫との生活が苦痛に - うつ病を患いながら離婚を成立させたBさんの体験談

  • 性格の不一致による離婚
  • うつ病
  • 新居の処分

結婚1年目のBさんは、夫と共働きの二人暮らし。当時仕事に追われていたBさんは、家庭内での夫の態度に違和感を覚えるようになっていました。B...

Cさん(40代女性)

育児・家事に無関心な夫と離婚 - 3人の子どもの親権・養育費を争ったCさんの体験談

  • 親権
  • 養育費
  • 財産分与
  • 年金分割

Cさんは、3人の子どもを育てる専業主婦でした。公務員の夫は、結婚当初から家庭内のことに無関心でした。「子どもが生まれたら変わるかな」と...

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

認知・親子関係の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題のニュース

  1. 愛した独身のカレは「偽名の既婚者」だった!...
  2. 上司と不倫、「離婚する」は結局ウソ!? 「...
  3. 夫が給与明細を偽造、ごまかした金で飲酒、ギ...
  4. 「借金返して、結婚しよう」返済に協力したの...
  5. ホテル密会に不倫相手の夫乱入! 「誠意見せ...
  6. 夫婦間の「性的DV」…寝込みを襲われ、避妊に...
  7. 既婚の中年女性とワンナイト、恐怖の幕開け…...

活躍中の弁護士ランキング

離婚・男女問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。