法定後見人 施設契約

公開日: 相談日:2022年02月16日
  • 2弁護士
  • 2回答

【相談の背景】
認知症の父についての質問です。身体的不自由さから、一時的に老健施設に入所させました。最初は嫌がっていましたが、ここにきて居心地がいいらしく、「このままここで暮らしたい。入所費用は自分の預金から払って良い。」と申しており、正式に契約いたしました。
その後、4親等内の親類から法定後見人を立てる旨の情報があり、どうやら、勝手に施設と契約したことや施設の費用が気になるようです。法定後見が成立した後に、法定後見人は契約を解除できる権限を持っていることを知りました。(家裁からの連絡はまだ来ていません)

【質問1】
現在、父は安定した生活を送っています。今後、法定後見人の動向が気がかりです。

1115430さんの相談

回答タイムライン

  • タッチして回答を見る

    成年後見においては、被後見人本人の意向、施設の良不良、介護サービスの良不良、本人の収入や財産で施設費などを賄えるか否かをみて、特に問題がなければ現状の生活(老健施設での生活)を変更しない方向で考えることが多いと思います。後見人があえて施設との契約を解除して他に移すかは、それらの事情次第だと思います。

  • 弁護士ランキング
    鹿児島県1位
    タッチして回答を見る

    「現在、父は安定した生活を送っています。今後、法定後見人の動向が気がかりです。」

     認知症とご記載ですが、ご記載になっている「身体的不自由さから、一時的に老健施設に入所させました。最初は嫌がっていましたが、ここにきて居心地がいいらしく、「このままここで暮らしたい。入所費用は自分の預金から払って良い。」と申しており、正式に契約いたしました。」からしますと、成年後見開始の要件である「精神上の障害により事理を弁識する能力を欠く常況にある」を充足しない可能性があるようにも思います。認知症なら必ず成年後見人が付されるわけではありません。かりに後見が開始する場合は、将来、被後見人の財産(遺産)をめぐる紛争が予想される場合は、第三者(専門職後見人)を成年後見人に選任するように裁判所に要望されることも可能です。

この投稿は、2022年02月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました