婚姻費用算定表より家賃が高い場合はそれ以上の生活費は貰えないですか?

公開日: 相談日:2020年10月01日
  • 1弁護士
  • 1回答

今現在夫と別居中です。
子供が2人いますが、1人ずつ連れて別居している状態です。
夫の収入は手取り19万。
私の収入は手取り13万。
夫は生活保護のお母さんの所へ住んでいて、私が夫名義の賃貸へ息子と2人で住んでいる状態です。
別居し始めて半年、家賃と光熱費は夫が支払ってくれていました。
ですが「光熱費もそっちで払ってくれ。家賃のみ支払う」と連絡がありました。
家賃、光熱費以外は支払ってもらってないですし現金を貰ったりもないです。
今現在、ギリギリ生活が出来ている状態で光熱費まで支払うとなると生活が出来ません。
家賃は5万ほどですが、家賃を払ってもらっている以上これ以上の請求は難しいのでしょうか?

960608さんの相談

回答タイムライン

  • タッチして回答を見る

     ご記載のご事情からすると、夫が本来負担すべき婚姻費用の額は、家賃額よりも低くなると思われます。
     夫が家賃を負担することは、事実上の婚姻費用支払いであると考えられますので、家賃の負担をもって婚姻費用分担義務が尽くされていると認定されてしまう可能性は高いです。
     そうすると、家賃額以上の支払いを夫に求めることは難しいことになります。

     ただ、別居の理由によっては、例外的な扱いをする余地もあります。
     例えば、夫の有責行為により別居を余儀なくされた場合には、夫は妻に対し、従前と同様の住居環境を維持させる義務を負うと考える余地もあり、標準的な婚姻費用を超えた金額を負担させることが公平であると考えることもできます。

この投稿は、2020年10月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました