合意書の効力はどれくらいあるか

公開日: 相談日:2020年07月27日
  • 2弁護士
  • 2回答

別居中の妻との合意書で監護者は夫とする。
婚姻費用は請求しないという条件で合意しました。(公正証書にはしていません)

離婚裁判になり親権を請求されました。
この場合、合意書の効力はないのでしょうか?

また、婚姻費用は合意書にある以上請求できませんか?

942349さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    神奈川県7位

    大橋 賢也 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    裁判所が,親権者を判断する際に最も重視するのは,現在の子どもの監護状況(従前の監護状況や今後の監護方針も含む)です。おそらく調査官調査を入れてから判断することになるでしょう。合意書の内容や作成経緯は,その際の判断材料にはなるでしょう。
    婚姻費用については,子どもの生活費も含まれていることから,合意書を作成したからといって,請求できないということにはならないのではないかと思います。相手方が調停を申し立ててきたら,対応する必要があると思います。

  • 弁護士ランキング
    岡山県2位

    川崎 政宏 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    1 厳密に言えば、監護権と親権は別なので、別居中の監護権の合意があったとしても、離婚時に親権について争うことはできます。
      ただ、監護実績、監護態勢を含め子の福祉の観点から離婚訴訟のなかで慎重に判断されますから、監護権についての合意も重要な要素となります。

    2 有責配偶者からの婚姻費用分担請求が権利濫用にあたる場合は、分担義務は否定されます。その趣旨での婚姻費用を請求しないという双方の合意だったとすれば、仮に請求されても、合意書をもとに支払義務がないことを反論されたらよいです。
      逆に、上記のような特別な事情がない場合は、双方の収入と世帯構成で、分担額を定めることになります。

この投稿は、2020年07月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから