雇用保険と障害年金は婚姻費用の所得として計算されますか?

公開日: 相談日:2018年03月15日
  • 1弁護士
  • 1回答
ベストアンサー

婚姻費用分担調停についてお伺いしたいのですが

障害年金と雇用保険は所得として計算されますか?
相手に婚姻費用を求めていますが
この度、審判に移行する事になりました

私の昨年の収入は障害年金と雇用保険だけです
今年は雇用保険の期間が少し残っているのと
障害年金だけです
障害年金は今年が更新の年に当たり
更新が可能かどうかわかりません

相手も昨年は離職期間があり
障害年金や雇用保険が所得として計算されると
昨年度は私の方が所得が多い事です
今年は相手の方が多いです

そのため、雇用保険と障害年金が所得として計算されるのであれば
婚姻費用調停の取り下げを行いたいです
でなければ私が逆に払うケースがでてきそうなのです

雇用保険と障害年金は婚姻費用の所得として計算されるでしょうか?
ケースバイケースというのであれば
どういった場合に所得として考慮されるのか教えて頂けないでしょうか?

私は婚姻費用の取り下げを行った方が良いのでしょうか?

642496さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    新潟県1位

    齋藤 裕 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    雇用保険については東京高裁平成28年1月19日決定が婚姻費用算定の基礎になるとしています

    障害年金についての先例はわかりません

    ただし、必ずしも所得保障という制度趣旨ではないようでもあり、婚姻費用算定の基礎にならない可能性があるように思います

この投稿は、2018年03月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました