離婚調停不成立後の行動

別居中です。私が申し立てた離婚調停で相手方は「調停では話し合わない」との事で不成立となりましたので、4年程度の別居後に離婚裁判を起こすつもりでいます。婚姻費用請求も同時に調停申立てしてましたが、まだ判決は出ていません。子供は居ませんので私からの条件は婚姻中に私個人から出したお金の返却だけでした。不成立後、普通郵便で、署名捺印入りの離婚届と「証人はそちらで書いて提出するように」と文書が送られてきました。これは相手方の離婚する意思と捉えて、4年の別居期間を待たずに裁判を起こしても離婚事由を認められますか?裁判を起こした時点で相手方が「気が変わった」と言えば裁判が無駄になる気がするのですが。また、別居中に相手方が不動産を売って海外移住をしたら、未払いの婚姻費用はもう取れる見込みはありませんか?宜しくご回答下さい。
2018年02月26日 17時44分

みんなの回答

齋藤 裕
齋藤 裕 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 新潟県1 離婚・男女問題に注力する弁護士
ありがとう
離婚事由が認められる可能性はあるでしょう

海外移住をして任意の婚姻費用支払いをストップしたら婚姻費用の回収が難しくなる可能性はあります

2018年02月26日 18時05分

高橋 建嗣
高橋 建嗣 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都9 離婚・男女問題に注力する弁護士
ありがとう
1 相手方も離婚するつもりがあるので、既に婚姻関係は破綻しているとして、離婚事由ありと認められる可能性はあると思います(離婚届けを送っておいて、あなたの意思だけで離婚できる状態にしておきながら、気が変わったというのも難しいと思います)。
2 不動産の他に相手方の財産が分かっていないと、婚姻費用を回収するのはなかなか難しいと思います。

2018年02月26日 18時05分

相談者
早速のご回答有難うございました。相手方は会社の代表取締役で給料もあり、既に年金受給者です。数年後に資産整理し海外移住するとしても、年金を押さえる事は難しいですか?

2018年02月26日 18時16分

齋藤 裕
齋藤 裕 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 新潟県1 離婚・男女問題に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
年金の差押えは難しいです

それが入ってくる口座の差押えなら可能かもしれません

2018年02月26日 20時01分

この投稿は、2018年02月26日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

婚姻費用分担請求調停とは|別居中の生活費を配偶者に請求する方法を詳しく解説

別居中の生活費について、配偶者が支払ってくれなかったり、話し合いを拒んだりしているような場合、「婚姻費用分担請求調停」という手続きを通じて支...

別居中の医療費や子どもの学費は婚姻費用とは別に請求できる?

離婚に向けて別居した場合、通常の生活費以外にも医療費や、子どもと一緒に別居した場合は学費などの出費が発生します。では、これらの費用は婚姻費用...

別居中に配偶者に生活費を支払う義務がある場合とは?

離婚に向けて、配偶者と別居することを検討している人もいるでしょう。配偶者に比べて自分の方が収入が多いような場合、別居にあたって、配偶者に生活...

専業主婦の婚姻費用・就職したら減額になるのか

別居中の生活費は、配偶者に請求することができます(婚姻費用)。この記事では、専業主婦が配偶者に対して婚姻費用を請求するケースを想定して、「金...

別居中の生活費を確保するために…「婚姻費用」を支払ってもらう方法

離婚をめぐって夫婦の対立が激しくなった場合、別居して互いに距離を置くと、冷静な話し合いができるケースもあるでしょう。ただ、別居をしようにも収...

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 離婚・男女問題のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 離婚訴訟における移送処置について

    離婚調停、婚姻費用分担調停を行った家庭裁判所へ、私から離婚訴訟を申し立てました。 ちなみに、調停開始までの経緯は、相手方から婚姻費用分担調停の申し立てが、私の管轄の裁判所にあったことから、私が私の管轄の裁判所に離婚調停を申し立てました。 その後、相手方から、移送の申し立てたがなされました。相手方の居住地は隣の...

  • 離婚と婚姻費用の審判内容について

    前回の離婚調停で、不成立となりました。 審判のことで相談いたします。 簡単に説明すると 1.私の方から離婚調停を申し立てました 2.離婚には応じないと夫が言うので、別居期間も半年を過ぎたこともあり、婚姻費用請求を追加で申立てました 3.3度目の調停で、離婚・婚姻費用ともに拒否され、審判に移行することになりました ...

  • 婚姻費用審判と関連事件について

    ①婚姻費用分担審判を自分の住所地に申し立てたら、相手方に移送の申し立てされる事はありませんか? ②また、婚姻費用審判を自分の住所地でしている間に離婚調停も申し立てたら、同一事件として離婚調停も自分の住所地で開いてもらえますか? 婚姻費用審判の中で、同居中の相手方のお金の持ち出しを責めて、それを離婚理由にするつ...

  • 離婚裁判

    離婚調停を申し立てられ離婚には応じられないと調停委員に返答したところ、申立人の離婚の意思は固いとの事で、話し合いの余地はないとされ一回で不成立になりました。これでも調停をおえた事にされて離婚裁判になるのでしょうか。裁判だけはさけたいのですが何か方法はないでしょうか。申立人の理由は、浪費、家事等の協力がえられない...

  • 離婚調停から、和解。そして離婚裁判へ

    先日調停調書が成立しました。やり直しに向けた、日々をやっていた所、 しかし申し立て人が、調停条項に違反し、尚且つ、離婚を宣告してきました。相手方は、やり直しに向けて頑張ってきましたが、申し立て人が、離婚を譲りません。申し立て人が、離婚裁判をするといいます。 相手方もやり直し不可能と判断し、お互い離婚は、承諾し...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

離婚・男女問題の「トラブル体験談」

Aさん(30代女性)

DVを繰り返す夫から自由に - 2人の子どもの親権と養育費を勝ち取ったAさんの体験談

  • DV
  • 親権
  • 養育費
  • 面会交流

結婚11年目のAさんは、パートで働きながら8歳と10歳の子どもを育てる母親でした。会社勤めをしている夫は、家事や育児に協力しないだけでなく...

Bさん(20代女性)

性格の不一致から夫との生活が苦痛に - うつ病を患いながら離婚を成立させたBさんの体験談

  • 性格の不一致による離婚
  • うつ病
  • 新居の処分

結婚1年目のBさんは、夫と共働きの二人暮らし。当時仕事に追われていたBさんは、家庭内での夫の態度に違和感を覚えるようになっていました。B...

Cさん(40代女性)

育児・家事に無関心な夫と離婚 - 3人の子どもの親権・養育費を争ったCさんの体験談

  • 親権
  • 養育費
  • 財産分与
  • 年金分割

Cさんは、3人の子どもを育てる専業主婦でした。公務員の夫は、結婚当初から家庭内のことに無関心でした。「子どもが生まれたら変わるかな」と...

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

婚姻費用の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題のニュース

  1. 10キロ増の妻に「見た目がイヤ」「離婚しない...
  2. 「あまりに理不尽」恩師からのキスで、妻に30...
  3. 単身赴任は別居なの? 不倫し放題の夫「オレ...
  4. 妻に不倫された夫が「もう一度、ホテルへ行っ...
  5. 教員の30代夫が「職場不倫」、相手は「50代女...
  6. 「胸を見せて!」夫がハマったライブチャット...
  7. 交際中の人妻が妊娠、一緒になりたいのに夫が...

活躍中の弁護士ランキング

離婚・男女問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。