審判にて決定した婚姻費用の支払いについて

嫁と子供(1人)と別居中で嫁から婚姻費用分担請求の申立てをされて、審判にて金額が決定しました。
裁判所には平成26年度の確定申告書を提出しておりましたが、平成27年1月からは仕事内容の変更により、平成26年度の収入の約3分の1になる(平成27年1月以降継続しての見込み収入)ことから、それを証明するため平成27年1月以降の毎月の収支計算書を裁判所に提出しました。
結果は、平成27年1月以降の収入が明らかに3分の1程度になっているが、平成26年には〇〇万円の収入があり、同程度の収入を得ることは可能なはずである。しかし実際大幅な収入の減少となっていることも事実であるため、平成27年1月以降は平成26年度の収入の8割を得られるものとして考慮する必要がある。というものでした。
自営ですが仕事内容の変更により収入が減少することに対して、以前の仕事内容での収入を引合いに出されて、その時の収入の〇〇%を稼げという命令のようなかたちで婚姻費用を決められても、赤字となり支払いができません。また逆に婚姻費用を支払うと私が生活できません。

お聞きしたいのは、
①婚姻費用支払いの為に、これまで貯めていた子供手当の分の貯金をおろし、また私名義の子供の学資保険を解約して支払いにあてようと思いますが、嫁にそれを報告しなければならないでしょうか?(すべて名義は私ですが、一応子供のためにためてきているものなので)ちなみに、預貯金はその子供の為にためていたもの以外、他には一切ありません。
②そもそもこの婚姻費用の裁判所の決定自体、違法や違憲として訴えることはできないでしょうか?

※上記に収入と書きましたがすべて算定表で計算される金額のこととして書きました。
2015年11月29日 16時49分

みんなの回答

田中 勇輝
田中 勇輝 弁護士
離婚・男女問題に注力する弁護士
ありがとう
①婚姻費用支払いの為に、これまで貯めていた子供手当の分の貯金をおろし、また私名義の子供の学資保険を解約して支払いにあてようと思いますが、嫁にそれを報告しなければならないでしょうか?(すべて名義は私ですが、一応子供のためにためてきているものなので)ちなみに、預貯金はその子供の為にためていたもの以外、他には一切ありません。
②そもそもこの婚姻費用の裁判所の決定自体、違法や違憲として訴えることはできないでしょうか?

原則的には報告はすべきでしょう。また、それ以前に、財産分与は別居時の財産を基準に行われるため、使ってしまっても、別居時にあった額に基づいて財産分与を請求されることになります。
審判については、高等裁判所に抗告ができます。ただし、抗告期間内に行う必要があります。

2015年11月29日 16時54分

森田 英樹
森田 英樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府4
ベストアンサー
ありがとう
①婚姻費用支払いの為に、これまで貯めていた子供手当の分の貯金をおろし、また私名義の子供の学資保険を解約して支払いにあてようと思いますが、嫁にそれを報告しなければならないでしょうか?(すべて名義は私ですが、一応子供のためにためてきているものなので)ちなみに、預貯金はその子供の為にためていたもの以外、他には一切ありません。

・お子さん名義であっても原則として夫婦共有財産と判断されます。別居時に存在していた分は離婚時には財産分与として折半を求められます。これらを踏まえたうえで預金を解約なさるのであればやむを得ないでしょう。

②そもそもこの婚姻費用の裁判所の決定自体、違法や違憲として訴えることはできないでしょうか?

・収入の推認により同様の判断を下すケースもよくあります。ただ当該事案でそれが妥当かどうかは別論ですので 高等裁判所に即時抗告をなさるのがよいでしょう。即時抗告の判断が出るまでは今回の審判は確定しませんので直ちにその審判で定められた金額を支払う必要はないです。

2015年11月29日 17時07分

相談者
田中先生ありがとうございます。
即時抗告はしましたので、その結果です。

別居前からも別居時にも生活費はすでに赤字で、子供の預金などには手を付けないようにしていたので、私の両親に赤字分の生活費の援助をしてもらっていました。本来ならその時点で親に頼らず、学資保険などを解約して生活費にあてなければならなかったのですが、そのような場合でも別居時を基準に財産分与として嫁にとられてしまうのでしょうか?
本来なら私の両親に借りていた分を返さないといけないのですが。

2015年11月29日 17時15分

相談者
あと、実際の嫁との同居期間はトータルで約10か月程度です。(結婚後に同居してから本格的な別居になるまでに、嫁の精神的な不安定のためしょっちゅう嫁は実家に帰っていましたので)

2015年11月29日 17時26分

田中 勇輝
田中 勇輝 弁護士
離婚・男女問題に注力する弁護士
ありがとう
別居前からも別居時にも生活費はすでに赤字で、子供の預金などには手を付けないようにしていたので、私の両親に赤字分の生活費の援助をしてもらっていました。本来ならその時点で親に頼らず、学資保険などを解約して生活費にあてなければならなかったのですが、そのような場合でも別居時を基準に財産分与として嫁にとられてしまうのでしょうか?
本来なら私の両親に借りていた分を返さないといけないのですが。

援助という解釈の問題になりますが、明確に貸してもらっていたものであれば、それを、財産分与の際に、債務として主張し、別居時のプラスの財産から控除してもらうという主張はありうると思います。

2015年11月29日 17時32分

この投稿は、2015年11月29日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

別居中の生活費を確保するために…「婚姻費用」を支払ってもらう方法

離婚をめぐって夫婦の対立が激しくなった場合、別居して互いに距離を置くと、冷静な話し合いができるケースもあるでしょう。ただ、別居をしようにも収...

専業主婦の婚姻費用・就職したら減額になるのか

別居中の生活費は、配偶者に請求することができます(婚姻費用)。この記事では、専業主婦が配偶者に対して婚姻費用を請求するケースを想定して、「金...

別居中の医療費や子どもの学費は婚姻費用とは別に請求できる?

離婚に向けて別居した場合、通常の生活費以外にも医療費や、子どもと一緒に別居した場合は学費などの出費が発生します。では、これらの費用は婚姻費用...

婚姻費用分担請求調停とは|別居中の生活費を配偶者に請求する方法を詳しく解説

別居中の生活費について、配偶者が支払ってくれなかったり、話し合いを拒んだりしているような場合、「婚姻費用分担請求調停」という手続きを通じて支...

別居中に配偶者に生活費を支払う義務がある場合とは?

離婚に向けて、配偶者と別居することを検討している人もいるでしょう。配偶者に比べて自分の方が収入が多いような場合、別居にあたって、配偶者に生活...

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 離婚・男女問題のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 婚姻費用分担の計算において

    別居している嫁から婚姻費用分担請求申立てをされています。 申し立ての期日が平成26年8月からなのですが、私は裁判所に平成26年分の確定申告書の提示を求められ提出したのですが、平成26年の3月に通常ではありえないほどの収入があったので(この月だけ月額200万円ありました。突発的な収入であり、普段の月額収入は30万円程度です)...

  • 婚姻費用について。夫婦で異なる年の収入で婚姻費用が算定されるのか。

    平成29年3月に妻に婚姻費用分担調停を申し立てられ、先日婚姻費用分担審判の決定が届きました。 私(夫)は平成28年、平成29年の源泉徴収票を提出し、平成29年の年収を採用され(前年より増額)、妻は平成29年分の源泉徴収票を提出しないため、平成28年の年収を採用され婚姻費用が算定されました。妻は平成28年より年収が増加したため...

  • 婚姻費用の未払い金の時効

    この場合婚姻費用の未払い金は支払ってもらえるのでしょうか。 よろしくお願いします。 平成18年1月に婚姻費用分担の調停を申し立てました。 しかし審判へ移行し平成18年10月に審判が出ました。 その後夫が即時抗告して高裁の抗告棄却の判決が平成19年2月に出ました。 それから平成18年1月から9月までの分と平成19年2月分を支払...

  • 婚姻費用分担調停調書(成立)

    裁判所から婚姻費用分担調停調書(成立)と言うものが送られてきました。 調停条項に『1、当事者双方は、平成25年○月から平成26年△月までの間の婚姻費用分担金について、次のとおり合意する。相手方は、申し立て人に対し、婚姻費用の分担金として、平成25年○月から当事者双方が同居又は離婚する日 の属する月までの間、月額■■万円を、...

  • 婚姻費用の算定について

    5月に婚姻費用の審判があります。 別居は昨年の7月から 婚姻費用の申立は、昨年の11月です。 今年の2月中旬から、働き始めました。 それ以前は、専業主婦でした。 先日の調停で不成立になり 5月の審判までに、給料明細のコピーを 送って下さいとのことでした。 3月末に初めて、1カ月分の給料を貰いました。総支給額で15...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

離婚・男女問題の「トラブル体験談」

Aさん(30代女性)

DVを繰り返す夫から自由に - 2人の子どもの親権と養育費を勝ち取ったAさんの体験談

  • DV
  • 親権
  • 養育費
  • 面会交流

結婚11年目のAさんは、パートで働きながら8歳と10歳の子どもを育てる母親でした。会社勤めをしている夫は、家事や育児に協力しないだけでなく...

Bさん(20代女性)

性格の不一致から夫との生活が苦痛に - うつ病を患いながら離婚を成立させたBさんの体験談

  • 性格の不一致による離婚
  • うつ病
  • 新居の処分

結婚1年目のBさんは、夫と共働きの二人暮らし。当時仕事に追われていたBさんは、家庭内での夫の態度に違和感を覚えるようになっていました。B...

Cさん(40代女性)

育児・家事に無関心な夫と離婚 - 3人の子どもの親権・養育費を争ったCさんの体験談

  • 親権
  • 養育費
  • 財産分与
  • 年金分割

Cさんは、3人の子どもを育てる専業主婦でした。公務員の夫は、結婚当初から家庭内のことに無関心でした。「子どもが生まれたら変わるかな」と...

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

婚姻費用の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題のニュース

  1. 小学校の「同級生」と不倫する妻…夫は「夫婦...
  2. 遠距離10年愛の末路、彼女は「他の男と同棲」...
  3. 10キロ増の妻に「見た目がイヤ」「離婚しない...
  4. 既婚者から、無理やりにキスされた…相手の妻...
  5. 単身赴任は別居なの? 不倫し放題の夫「オレ...
  6. 妻に不倫された夫が「もう一度、ホテルへ行っ...
  7. 教員の30代夫が「職場不倫」、相手は「50代女...

活躍中の弁護士ランキング

離婚・男女問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。