弁護士ってこんなものですか?

今日、私がおこした増額調停と夫がおこした減額調停がありました。
夫は以前にも横領で会社を懲戒解雇されましたが、2月にまた違う会社で横領して懲戒解雇になりました。
なので、今、求職中ということでの減額ということです。
しかし、会社を解雇さてから婚姻費用(強制執行)が払われていません。

弁護士がついているなら決まるまで自発的に払うよう促すのが法律家はないでしょうか。

解雇されたから支払いは無いと、相手弁護士が調停委員に告げたようですが、こんなのありですか?

今まは弁護士という崇高な職業と思っていましたが、がっかりしました。



2014年05月09日 14時45分

みんなの回答

古川 穣史
古川 穣史 弁護士
離婚・男女問題に注力する弁護士
ありがとう
解雇されてお金がないために実際に支払うことができないという意味だったのではないでしょうか。
また減額を認めさせるための方便かもしれません。

2014年05月09日 15時16分

荒川 和美
荒川 和美 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 愛知県3
ベストアンサー
ありがとう
解雇されたから支払いは無いと
この意味の可能性としては、
①強制執行は無意味である
②お金がないので払えない
③本人が払いたくない、
④減額が決まるまで払う必要がない。
弁護士としてどうか
①②は事実の説明です。
③説得すべき義務はないが、支払い義務を説明すべき
④通常は言わない。払わない理由にならない。
崇高かどうかわからないですが、弁護士の使命である人権擁護と社会正義の実現
ということを忘れ去っている弁護士はいますが、すべての人がそうではありません。①~④がそういう人と決めつけはできません。
養育費の趣旨から、少なくとも可能な支払いをすべきというのが妥当
依頼者言いなりで、このことを忘れている人はいます。弁護士全体の問題ではなく、その個人の問題です。

2014年05月09日 17時45分

相談者
古川弁護士様ご回答ありがとうございました。

2014年05月09日 21時18分

相談者
荒川弁護士様ご回答ありがとうございました。

かねてから荒川弁護士様の回答には頷ける回答が多いので、いつか裁判をする時、荒川弁護士様のような方に弁護頂きたいです。

申し訳ありませんが、荒川弁護士様に質問です。
弁護士をさがす時、どのような事に注意したらよいでしょうか?

今回のように依頼者の為なら道理を無視した弁護をするような人にはお願いしたくはありません、一度や二度で見極めができるでしょうか。

よろしくお願い致します。

2014年05月09日 21時32分

荒川 和美
荒川 和美 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 愛知県3
ありがとう
事務所のブログで私見を書いていますので、参考にしてください。
2 離婚専門、相続専門、交通事故特化とか謳う事務所は信頼できるか。
実は、有能な弁護士は、オールマイティ。裁判手続に専門はない。法律以外の知識に専門があるに過ぎない。勝てる弁護士は訴訟の進め方の経験的ノウハウが重要。そのうえで、地道な事例研究とノウハウを生かした証拠の収集と活用にある。数年で身につくものではない。しかもこのノウハウは広い分野の訴訟を扱わないと身につかない(これをリーガルマインドという)。
10年以内の弁護士しか在籍してないのに、専門性を謳っているのは、根拠のない自画自賛もいいところで、広告すること自体が信用できない。
3 丁寧、親切などいかにも人が良さそうな写真やトークを宣伝する。
実は、それぐらいしかセールスポイントがないと考えるべき。実績を宣伝できない。実績を宣伝すると弁護士仲間に恥ずかしいからかもしれない。
逆に、素人には判らない専門知識をトップページでひけらかすHPはどうか?
詳細記事ですればよいこと、ケースバイケースの説明が依頼者には必要なのに! なぜ、ひけらかす。ほんとうは実績がないからかもしれない。  
4 本当に役立つ、納得できる弁護士の見分ける裏技
ⅰ 事務員にいろいろ聞いてみる。優秀な事務所の事務員は、回答はしないが、逆に的確に質問してくる。こういう点はどうか、資料はあるかなど。
「わかりません、弁護士に聞いてください」の事務所はNG
  ⅱ 扱った裁判の件数や実績を聞いてみる。誤魔化すようではNG
    逆に負ける場合はどういうときか聞いてみる。
    司法書士、行政書士には、裁判や調停のときの対応を聞いてみる。
ⅲ 専門の研究会に所属しているか聞いてみる。弁護士会でどういう活動をしているか聞いてみる。即答できないようではNG
ⅳ 関心のある社会問題について聞いてみる。話が盛り上がらないようではNG
ⅴ 依頼しても他の弁護士に聞いてもいいか(セカンドオピニオン)聞いてみる。嫌がるようならNG→比較される自信がない。
ⅵ お金がないと言ってみる。精神的に病んでいると言ってみる。
楽して稼ぎたい弁護士は敬遠する。

2014年05月12日 12時23分

相談者
荒川弁護士様、ご丁寧に質問に答えて戴き有難うございました。

ご記載いただきました内容などをもとに、いつか必要な時に、自分にあう弁護士をさがしたいと思います。

また御助言宜しくお願い致します。

2014年05月12日 13時02分

この投稿は、2014年05月09日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

婚姻費用分担請求調停とは|別居中の生活費を配偶者に請求する方法を詳しく解説

別居中の生活費について、配偶者が支払ってくれなかったり、話し合いを拒んだりしているような場合、「婚姻費用分担請求調停」という手続きを通じて支...

専業主婦の婚姻費用・就職したら減額になるのか

別居中の生活費は、配偶者に請求することができます(婚姻費用)。この記事では、専業主婦が配偶者に対して婚姻費用を請求するケースを想定して、「金...

別居中の生活費を確保する方法

離婚に向けて配偶者と別居したいけれど、収入が少なく、別居後の生活について不安に思う人もいるでしょう。別居中の生活費は、配偶者に請求することが...

別居中の医療費や子どもの学費は婚姻費用とは別に請求できる?

離婚に向けて別居した場合、通常の生活費以外にも医療費や、子どもと一緒に別居した場合は学費などの出費が発生します。では、これらの費用は婚姻費用...

別居中の生活費を確保するために…「婚姻費用」を支払ってもらう方法

離婚をめぐって夫婦の対立が激しくなった場合、別居して互いに距離を置くと、冷静な話し合いができるケースもあるでしょう。ただ、別居をしようにも収...

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 離婚・男女問題のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • お願いしている弁護士さんについて

    現在退職届を出して有給消化中です。6月に過去2年分の残業代と退職届出後の有給休暇の確保、就業期間10年の退職金の3つについて代理人(弁護士A)にお願いして、会社に請求をしていただきました。最初は法定労働時間に対しての過剰労働した部分を計算し、とんでもない額の請求予想額を提示されました。会社に対して受任通知を出し会社側の...

  • 労働審判の弁護士報酬について

    先日、2回目の労働審判を終え賠償額が確定しました。給与2ヶ月分(120万円)を企業側から支払ってもらう事になりましたが、弁護士側から着手金と成功報酬の清算があり手もとには殆どお金が残りませんでした。弁護士側の仕事ぶりも私の意見書を清書する程度でした。請求金額の額の大きさや契約での段階で弁護士報酬の提示などもにより支払...

  • 弁護士の苦情について

    子供の監護指定の仮審判が妻に出ており、しかし、引き渡しを子供が頑なに拒むために引き渡せず、妻は間接強制を申し立てて、私の会社に差し押さえの通知がありました。その事は、事実引き渡しをしていないので構わないのですが、その通知には相手方の弁護士の連絡先だけが記載されており、驚いた会社の部長が相手方の弁護士に連絡をした...

  • 交通事故の件を委任したら勝手に弁護士を雇う

    交通事故にあいました。向こうが10。こちらは0。会社の社長が代理人をして下さるとの事で委任状を書きました。その社長が弁護士を通したとの事で、弁護士費用を請求されました。私に一言も無く弁護士を雇いました。これは払わなければならないのでしょうか?

  • 婚姻費用 強制執行 費用

    婚姻費用が調停で決まって毎月入っていましたが、今後入金されなくなった場合は 強制執行で支払って貰えるのでしょうか? また弁護士にその手続きをお願いした場合は、弁護士代や事務手数料は 滞納した夫に払って貰えるのでしょうか? 会社はわかっています。 夫も弁護士をつけているようですが、夫弁護士に直接入金を言うのでしょ...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

離婚・男女問題の「トラブル体験談」

Aさん(30代女性)

DVを繰り返す夫から自由に - 2人の子どもの親権と養育費を勝ち取ったAさんの体験談

  • DV
  • 親権
  • 養育費
  • 面会交流

結婚11年目のAさんは、パートで働きながら8歳と10歳の子どもを育てる母親でした。会社勤めをしている夫は、家事や育児に協力しないだけでなく...

Bさん(20代女性)

性格の不一致から夫との生活が苦痛に - うつ病を患いながら離婚を成立させたBさんの体験談

  • 性格の不一致による離婚
  • うつ病
  • 新居の処分

結婚1年目のBさんは、夫と共働きの二人暮らし。当時仕事に追われていたBさんは、家庭内での夫の態度に違和感を覚えるようになっていました。B...

Cさん(40代女性)

育児・家事に無関心な夫と離婚 - 3人の子どもの親権・養育費を争ったCさんの体験談

  • 親権
  • 養育費
  • 財産分与
  • 年金分割

Cさんは、3人の子どもを育てる専業主婦でした。公務員の夫は、結婚当初から家庭内のことに無関心でした。「子どもが生まれたら変わるかな」と...

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

婚姻費用の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題のニュース

  1. 小学校の「同級生」と不倫する妻…夫は「夫婦...
  2. 遠距離10年愛の末路、彼女は「他の男と同棲」...
  3. 10キロ増の妻に「見た目がイヤ」「離婚しない...
  4. 既婚者から、無理やりにキスされた…相手の妻...
  5. 単身赴任は別居なの? 不倫し放題の夫「オレ...
  6. 妻に不倫された夫が「もう一度、ホテルへ行っ...
  7. 教員の30代夫が「職場不倫」、相手は「50代女...

活躍中の弁護士ランキング

離婚・男女問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。