調停委員の方について

公開日: 相談日:2021年11月19日
  • 2弁護士
  • 2回答

【相談の背景】
婚姻費用分担請求の調停中です。
調停委員の方の対応に不信感があります。話しが夫よりな発言が多く、私が話した内容と夫が聞いている内容に相違点があります。
その点を書記官の方に電話で相談しましたが、言った言わないの話しは証明できないし、人のとり方によっても違うので、どうすることもできません。と言われました。

【質問1】
書記官の方の感じがあまりいい感じではなかったのですが、印象が悪くなって不当な扱いされる心配はありますか。

【質問2】
これからの調停などで、不利になったり、調停委員の態度が悪くなったりする心配はありますか。

1086206さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    宮城県1位
    タッチして回答を見る

    【質問1】
    【質問2】
    調停で有利不利という概念はありません。
    納得がいかない条件であれば、遠慮なく拒絶して審判に移行させればいいのです。

    調停委員や書記官の態度を気にすることはありません。

  • 弁護士ランキング
    岡山県3位

    川崎 政宏 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    1 電話を受けたことをもって、その後に書記官が不当な扱いをすることはありません。
      調停の内容については、調停委員会(調停委員と裁判官)が進行しますので、書記官が話し合いの内容に関与することはありません。
      また、調停委員、書記官ともに公平・中立な立場で動きますので、不当な扱いがなされるようであれば、家庭裁判所にその旨を伝えたらよいです。

    2 1と同様に調停委員は公平・中立なので、態度が悪くなることは通常考えられません。
      ただ、誤解を受けるような言動があって、それに対する苦情が裁判所に入った場合は、次回期日に真摯な対応がなされることもあります。

    3 一般的に、調停は、どちらの側も、相手に有利に話が進んでいるように受け取ることが多いので、全体の流れを客観的に把握するためには、調停の大切な局面で法律相談を利用しつつ、全体の流れをとらえなおすことも大切です。  

この投稿は、2021年11月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す