婚姻費用調停で算定表通りもらう方法

公開日: 相談日:2021年09月14日
  • 1弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

【相談の背景】
婚姻費用の調停を起こして算定表額より下回る可能性はどんな場合ですか?

夫は正社員。私は無職で子ども1人と実家にいます。算定表額が高く驚いています。夫名義の家や車のローンなどもあるため、とても払えるとは思えません。
算定表額通りもらえるなら欲しいです。
しかし、実際に私は実家にいて家賃がかかっていません。算定表通りもらっても貯金に回す形になります。

【質問1】
この状況だと算定表より減額された額に決定する確率の方が高いですか?

【質問2】
婚姻費用調停は弁護士がいるかいないかで、決定額はかなり変わりますか?

1064664さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    三重県1位
    弁護士が同意
    1
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    【質問1】
     いいえ。
    「夫名義の家や車のローン」→資産形成ないし借金返済なので、婚姻費用の義務が優先します。
    「私は実家にいて家賃がかかっていません」→実家に助けてもらっていると言えますが、夫の義務が優先するので、減る理由になりません。よく減らすべきだという主張として出されることがありますが、裁判所では通りません。
     強いて言えば、子どもが小学生以上くらいであれば、あなたも一定は働けるべきということで年100万円くらいの収入があると扱われることはあります。

    【質問2】
     弁護士をつけていないと調停委員にうまく丸め込まれて、不利な合意をしてしまっているケースはしばしば見かけます。その意味で、本来の権利をきちんと実現するためには弁護士をつける方が無難です。弁護士をつけて本来より高くなることは中々ないですが、つけないことで本来より安くなることは少なからずあるということになります。

  • 相談者 1064664さん

    タッチして回答を見る

    詳しくありがとうございます。
    事情説明書に、申立人が実家の援助をいくら受けているか書く欄があったので、気になりました。実際には現金を援助してもらっているわけではなく、食べさせてもらっていたり、光熱費も渡していないのですが、細かく計算して何円と書かないといけないのでしょうか?

この投稿は、2021年09月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す