婚姻費用の審判結果の流れ

公開日: 相談日:2021年09月14日
  • 1弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

【相談の背景】
去年10月から婚姻費用の調停を行い話がまとまらず審判に移行してもらい今年8月4日に婚姻費用審問日一回目が行われました。
半年間の予測収入で
旦那は550万
私は27万2人の子供私がみてます。
婚姻費用で17万と言う金額が出ましたが
相手は払いたくないので私の収入額を信用せず私の職場に調査嘱託がされました。調査嘱託を8月いっぱいまでに返事を裁判所へ返送するように書かれてたみたいで返送したそうです。
毎月3万なら払う。それ以上は払わないと言われました。
次は面会交流で9月22日一回目調停です。
次の婚姻費用の審判日も何も言われないまま面会交流の調停になったので婚姻費用はどうなるのかがまったく分かりません。
もう来月で1年たつのでそろそろ精神的にもきついです。

【質問1】
このようなパターンでは流れ的には自宅に裁判所から手紙がきたりするのでしょうか?
それても22日の面会交流の調停の時に言い渡すのでしょうか?
よろしくお願いします。

1064530さんの相談

回答タイムライン

  • ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    >このようなパターンでは流れ的には自宅に裁判所から手紙がきたりするのでしょうか?

    前回の婚姻費用の審判の際に次回期日の調整をしているはずです。
    審判期日が続行されているのか、それとも次回で審判が出されるのかは不明ですが、次回期日が分からないようであれば裁判所の担当書記官に問い合わせるべきであると考えます。

    >それても22日の面会交流の調停の時に言い渡すのでしょうか?

    婚姻費用の審判と面会交流の調停はまったく別の手続であるため、面会交流の調停の際に婚姻費用の審判が出されるということはあり得ません。面会交流の調停では面会交流の話のみを扱うことになります。

  • 相談者 1064530さん

    タッチして回答を見る

    寺沢先生ご回答ありがとうございます。
    次回の審問日は日にち指定されておらずただ私の収入がはっきり分かればそれで婚姻費用決定しますだけ伝えられました…

  • タッチして回答を見る

    > 次回の審問日は日にち指定されておらずただ私の収入がはっきり分かればそれで婚姻費用決定しますだけ伝えられました…

    そうすると、次回は審問ではなく審判(結論が出る)である可能性が高いですね。
    婚姻費用の審判だと、双方から収入資料が提出されれば淡々と結論を出すことが多いため、あまり審判までに時間がかからない印象です。
    もし、日程が不安なようであれば先ほど申し上げたとおり、裁判所の担当書記官に次回はどうなるのかということを確認されると安心できると思います。

  • 相談者 1064530さん

    タッチして回答を見る

    寺沢先生この時間まで話を聞いて下さりありがとうございます。
    次の面会交流の調停の際に期日を聞いてみます。裁判官も忙しいでしょうし旦那の迷惑行為で中々決まらない事でも迷惑かけてますし…。本当にありがとうございます。
    早く本当に決まって欲しいです。

この投稿は、2021年09月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました