支払っている婚姻費用から、子供の生活費を減額したい

公開日: 相談日:2021年08月26日
  • 2弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

【相談の背景】
現在妻と別居中です。別居は昨年8月からとなります。

子供が3人(長女13歳,次女12歳,三女11歳)おり、私が長女、三女、妻が次女と同居しています。

昨年婚姻費用に関わる調停を起こされ、月額10万円の支払いが決まりました。
ですが、7月末夏休みが開始してすぐに、妻と同居している次女が、あちらとは生活したくない、こちらで生活したい、と荷物をもってやってきました。

それ以来約1ヶ月私と子供3人が同居しています。

次女は今後も私達と暮らしていきたい旨妻にも連絡しています。ランドセルや生活一式をこちらに持ってきました。

このため、婚姻費用から、次女の生活費に相当する金額を減額して欲しい旨連絡したのですが、「次女は一時的にそっちに行っているだけ 生活基盤はこちら それに調停で決まった金額なので婚姻費用はこれまで通り支払え」と回答がありました。

【質問1】
【質問①】
子供の同居の状況が変わっても調停で決定した金額は支払わなければいけないのでしょうか?

【質問2】
【質問②】
次女の生活費分を支払わないようにするにはどのような方法が法的に適切でしょうか?

1058408さんの相談

この相談内容に対して 弁護士への個別相談が必要なケースが多い

と、1人の弁護士が考えています

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    千葉県3位

    倉田 勲 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    【質問①】
    子供の同居の状況が変わっても調停で決定した金額は支払わなければいけないのでしょうか?
    【質問2】
    【質問②】
    次女の生活費分を支払わないようにするにはどのような方法が法的に適切でしょうか?
    →調停で一度金額が決まった以上、未払いがあればあなたの給与や預金に対して強制執行される可能性があります。一度調停で金額が決まってもその後の事情の変更で婚姻費用の減額の調停をすることができます。
    次女が今後もあなたのもとで生活する予定でしたら、婚姻費用減額の調停の申し立てをすることをお勧めします。

  • 弁護士ランキング
    埼玉県8位
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    弁護士の神尾です。

    順番が前後しますが、直ちに減額調停を申し立てることが考えられます(質問②)。
    以下説明します。

    1 調停で決まったものは、合意や調停等がないと変更できない(質問①)

    正式に決まったものですので、変更したい場合には別途合意を取るか、調停等で定める必要があります。
    新しい合意や調停等が成立するまでは、今までの調停が生き続けます。


    2 手段としては調停になりそう

    合意が取れなさそうですので、調停等を起こすことになると思われます。


    3 変更(減額)のタイミングは、申し立てたときが1つの基準になる

    それではいつから減額になるのかというと、状況によっても違うのですが、
     その事情が生じたとき(お子さんが帰ってきたとき)
     調停等が申し立てられたとき(月)
    などの可能性があります。
    審判例等からみると、事情が生じたときが多いのですが、実務的には申立時基準のことも多いです。
    したがいまして、申立てが遅れれば遅れるほど、その分調停が生き続けることになり、余分に出費することになります。

    以上からすると、
    なるべく早く調停等を申し立てる、
    という結論になります。
    なお、争いになると事情変更の有無・必要性等をこちらが「立証」する必要がありますし、審判まで行くことも十分あり得るかと思います。

この投稿は、2021年08月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す