婚姻費用 医療費の加算について

公開日: 相談日:2021年05月04日
  • 1弁護士
  • 1回答
ベストアンサー

【相談の背景】
婚姻費用の調停の申し立てを考えております。
算定表に基づく婚姻費用の中には医療費標準額が含まれているとのことですが私は持病があり毎月通院費と薬代がかかる為医療費の加算を主張したいと思います。
夫の年収450万円
私の収入は0円で就労不可(医師の診断)です。

【質問1】
医療費の加算が認められるのは月額幾らとなりますか。

1023150さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    岡山県1位

    肥田 弘昭 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    医療費の加算が認められるのは月額幾らとなりますか。との点ですがケースbyケースです。
    裁判例ですと、子のケースですが、標準的医療費を超える金額を収入割合により分担させたケースもあります。標準的医療費とは標準的算定方式で想定されていない医療費ですが、本件のような継続的に医療が必要な持病ですと、風邪などその都度受診するようなものではないので、標準的医療費とまではいえないかと思います。私見となりますが、裁判例を参考にしなすと、持病でかかる年額の医療費を年収で分担(本件では10:0)した額の月額を婚姻費用算定表の婚姻費用に上乗せして主張することが考えられます。
    ご参考にしてください。

この投稿は、2021年05月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す