別居中の婚姻費用について

公開日: 相談日:2021年03月23日
  • 1弁護士
  • 3回答
ベストアンサー

【相談の背景】
半年前から妻子と別居状態です。
現在も妻は私の給与が振り込まれる銀行のカードを使っており、妻が使用しているクレジットカード(家族カード)の支払いは私の口座から引き落とされている状態です。
また、私の口座からは光熱費や妻の保険代や車のガソリン代も引き落とされています。
妻子が住んでいる家のローンは私が払っています。

私名義のカードを返却してほしいですが、連絡が取れない状況なのでそれを伝えることもできません。
カード会社に連絡してカードを止めることはできますが、そうすると妻は私の口座からお金を下ろせなくなるため、婚姻費用を払ってないことにならないかということを懸念しています。

妻はパートで働いており、昨年(令和2年)度の年収は60万ほどです。

【質問1】
婚姻費用から光熱費、住居関係費等を差し引くことは可能でしょうか。
私名義のカードを停止しても問題ないでしょうか。

1010622さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    岡山県3位

    川崎 政宏 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    カードが不正使用されるおそれがある場合は、防衛策としてカードの利用停止をすることは問題ありません。

    別居中の婚姻費用分担義務はありますので、もっぱらカード利用で生活用品などをやりくりしているようならば、妻側から婚姻費用分担請求がなされる可能性が高いです。

    その際に光熱費の口座引き落とし分は、婚姻費用の一部支払い済みとして考慮されますし、住宅ローンも全額は難しいですが、一部住居関連費として考慮されます。

    事前に差し引く話を協議する場合は、その額をめぐって紛争になりがちなので、注意を要します。

  • 相談者 1010622さん

    タッチして回答を見る

    回答ありがとうございます。
    今のところ不正使用をされることはないと思っていますが、このままの状態が続くと後で困るかもしれないと思い、今のうちに対処しておきたいという考えです。
    普段の買い物は家族カードで支払いしてますので、カードを止めてしまうと生活に支障が出てしまうと思われます。
    私が払う側になるんですが、婚姻費用の調停を申し立てしたほうがいいんでしょうか。
    当人同士での話し合いができないので、第三者を交えて取り決めをしたほうがいいのかと思っています。

  • 弁護士ランキング
    岡山県3位

    川崎 政宏 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    そうですね。

    払う側から婚姻費用の調停を申し立てることは通常はありませんが、直接の話し合いができない場合に、別居中の問題(婚姻費用や面会交流など)を話し合いたいとして、夫婦関係調整の調停を家庭裁判所に申し立てる方法があります。

    調停委員に間に入ってもらうことで、調整がしやすくなります。

  • 相談者 1010622さん

    タッチして回答を見る

    回答ありがとうございます。
    事前にお伝えしてなくて申し訳ありませんが、面会交流調停は現在実施中で、相手側が出てこない状態です。

    お金の話はちゃんとしておきたいので、夫婦関係調整か婚姻費用の申立も追加でしようと思います。
    追加で質問となってしまい申し訳ありませんが、婚姻費用の話と夫婦関係の話、両方ちゃんと決めたい場合は2つとも申立したほうがいいんでしょうか。

  • 弁護士ランキング
    岡山県3位

    川崎 政宏 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    すでに面会交流について申立てされているのであれば、婚姻費用の分担額を定めてほしいという趣旨で申立てをされたらよいです。同じ家庭裁判所であれば、関連事件として同じ調停期日で取り扱ってもらえます(事件は二つですが、調停は同じ日に)。

    婚姻費用と面会交流の二つの調停を申立てしておけば、あえて夫婦関係調整調停までは不要です(すぐに離婚や円満同居に向けての話し合いがしたい場合は別ですが)。

  • 相談者 1010622さん

    タッチして回答を見る

    相手側の意向が全くわからないのですが、すぐに離婚か元に戻るのかを急いで決める必要はないと思っていますので、まずは婚姻費用の申立を行いたいと思います。
    丁寧な回答ありがとうございました。

この投稿は、2021年03月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す