離婚に向けて別居中。今後のことについて。

公開日: 相談日:2019年09月15日
  • 1弁護士
  • 3回答
ベストアンサー

先月、妻へ内容証明郵便を送りました。今月の初めに配達証明が届きました。配達証明の受取人の氏名欄に妻の名前と破産管財人の弁護士の名前がありました。別居中、連絡を取り合っていなかったので、その配達証明を見るまで知らなかったのですが、妻は自己破産をしたようです。

先日、妻から「会って話がしたい」という内容のメールが届きました。内容証明郵便を送った後の妻からの返事はそのメール1通のみです。話の内容が何なのかはメールに書かれていなかったのでわかりません。こちらからは、まだ返信をしていません。私としては今後のことについての話し合いは今月末の私の離職後にしたいと考えていました。10月以降にしたいと思っていました。

そこで先生方に質問が2つございます。

1.
話し合いを行う場合、夫婦2人で行うのではなく、第三者に同席してもらうべきでしょうか。第三者は弁護士の先生以外でも問題はないですか。
2.
私はメールでやりとりをするのは相応しくないと考えていますが、今回の妻からのメールの返信はメールで返しても良いでしょうか。返信する内容は「話し合いについては来月改めて連絡をします」という内容にする予定です。

よろしくお願いいたします。

847000さんの相談

回答タイムライン

  • 相談者 847000さん

    タッチして回答を見る

    先月投稿した質問の続きとして追加書き込みをしたのですが、先月の質問が一緒に読めないようになっていますね。投稿の仕方を間違えたのでしょうか。後ほど先月の質問の概要を改めて投稿します。失礼しました。

  • 弁護士ランキング
    東京都2位

    高橋 淳 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    1. 話し合いを行う場合、夫婦2人で行うのではなく、第三者に同席してもらうべきでしょうか。第三者は弁護士の先生以外でも問題はないですか。

    → 同席してもらうべきです。法律問題が絡まないなら弁護士以外でも良いでしょう。

    2. 私はメールでやりとりをするのは相応しくないと考えていますが、今回の妻からのメールの返信はメールで返しても良いでしょうか。返信する内容は「話し合いについては来月改めて連絡をします」という内容にする予定です。

    → 内容証明の方が良いでしょう。

  • 相談者 847000さん

    タッチして回答を見る

    以下は先月の質問の内容です。先月の質問は解決済みです。

    当方50代の男性です。2015年春から離婚に向けて別居中。別居開始から4年が経過しました。成人している子どもが1名おります。

    別居中の私の給料(給与が振り込まれる口座)は妻が管理していて、私の生活費等は妻から送金されてくることになっています。4年以上その状態が続いています。

    この度2019年9月30日をもって、私は退職することにしました。会社の都合ではなく、自分の都合で離職します。退職金はありません。

    9月30日以降、給料が振り込まれないことを近日中に妻に伝えたいのですが、別居中、一切連絡をとっていないので、連絡の手段がわかりません。eメールで伝えるだけで良いでしょうか。あるいは内容証明郵便で伝えた方が良いのでしょうか。

    そこで、先生方に質問です。退職するため9月30日以降は給料の振り込みが無くなる旨を妻に伝える手段として、最善の方法を教えて下さい。よろしくお願いいたします。

  • 相談者 847000さん

    タッチして回答を見る

    以下は9/15の質問の追加の書き込みです。

    今週末、妻へ「話し合いについては来月改めて連絡をします」という文面で内容証明郵便を送る予定でした。しかし、こちらが郵送をする前に妻から再びメールが届きました。メールには「忙しいようなので職場に行きます」と書かれていました。私の職場に話をしに来るようです。今回も話の内容については一切書かれていませんでした。

    私は今月末に退社をする関係で現在非常に多用です。私の職場に来られても話をすることはできませんし迷惑です。職場に来るという内容のメールにも返信をしておりません。

    今度の日曜日に妻へ内容証明郵便を送る予定ですが、その前に妻が私の職場に来た場合はどのように対応すべきか分からず困っております。

    そこで先生方に質問がございます。
    1.
    別居中の妻が私の職場に来た場合、口頭で「今月は時間が無いので話し合いはできない。話し合いについては今度の日曜日に書面で知らせるので、その郵便を待ってほしい」と伝えようと考えています。それで問題はありませんか。

    よろしくお願いいたします。

この投稿は、2019年09月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから