監護者指定の申し立て調停は どこまで有効?

公開日: 相談日:2017年01月07日
  • 4弁護士
  • 4回答
ベストアンサー

現在、夫と別居中で子ども2人(5歳と2歳)は私と夫婦共有名義のマンションで暮らしています。

夫から離婚調停を申し立てられており(親権をとりたい)、1回目の調停を控えています。
夫はモラハラで私を訴えると周りに言っているので、調停は不成立、裁判にまで持っていくと思われ、長引きそうです。(離婚することは双方合意)

この程、マンションを出て、子どもを連れ実家に帰る予定です。

これまで、私の心情としては相手の顔も見たくない、子どもも会わせたくない!ところですが、グッと我慢して子どものためにも週一(週末)では子どもと相手は会っています。(相手はマンション近くの自分の実家にいる。)

しかし、週末の私の予定(子どもと一緒)を伝えると『俺に会わせないつもりか』『お前の予定に子どもを付き合わせるな』『子どもにとってはお前の予定よりパパに会うことの方が重要だ』『子どもの気持ちを勝手に決めるな』等々、威圧的なメールをしてきます。

私は子どもの事も考え、相手に全く会わせないつもりはなく、こちらの予定を伝え、予定が合えば会うというスタンスでいます。

毎週末このような、やり取りをするので、週末がイヤでイヤで仕方なく、精神的にも参ってあたるため、実家に引越すのを早めました。

そこで「離婚までの間の子の監護をする者」(監護者)を指定する申し立てをしようかと思います。
これで私が監護者と決まれば、相手にやいのやいのと言わせずに済むのでしょうか?

実家に引越しをすることは相手には告げずに済ますつもりです。(元々3月末には引越す予定であることは相手も承知)

514007さんの相談

回答タイムライン

  • 原田 和幸 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    > これで私が監護者と決まれば、相手にやいのやいのと言わせずに済むのでしょうか?

    今でも特に相手の都合に合わせる必要はないと思います。
    相談者やお子様も都合があると思いますので、お互いの予定が合うところで面会すればよいと思います。
    うまく話し合いができないということであれば、弁護士に入ってもらったり面会交流調停を検討されてください。

  • 今浦 啓 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    > そこで「離婚までの間の子の監護をする者」(監護者)を指定する申し立てをしようかと思います。
    > これで私が監護者と決まれば、相手にやいのやいのと言わせずに済むのでしょうか?

    離婚調停の中で、親権をどうするか、それに併せてどちらが子を監護するかについても当然に話し合いが行われます。
    そのため、すぐに監護者指定の調停をこちらが申し立てる必要性は低いと思われます。
    調停が第1回目で不成立で終了してしまった場合や、第1回目の調停における雰囲気(お子様のことについて話がまとまる気配がないか、調停での交渉を続ければ話がまとまりそうかなど)などを考慮して、監護者指定の調停を申し立てるかどうかを検討して良いと思います。

    また、これまで行っている面会交流についても、調停委員に対して現状を伝えてください。
    そうすれば、調停委員から、相手に対して、相談者様やお子様の都合にも配慮したうえで行うようにと話してくれるはずです。

    毎週末会うことを強制されるようでは、相談者様だけでなくお子様にも負担となり、結局はお子様が、父親に会うことを嫌がることにもなりかねないと思います。

    離婚調停がすぐに不成立になってしまった場合には、これらの話も終了してしまうので、子の監護者指定の調停や面会交流の調停の申し立てを検討された方がよいと思います。

    もっとも、調停を申し立てる家庭裁判所は相手の住所地を管轄するところとなります。近々実家に戻られるとのことですが、この点はご注意ください。

  • 弁護士ランキング
    埼玉県3位
    タッチして回答を見る

    > そこで「離婚までの間の子の監護をする者」(監護者)を指定する申し立てをしようかと思います。
    > これで私が監護者と決まれば、相手にやいのやいのと言わせずに済むのでしょうか?
    1.監護者の指定を受ければ,監護の権限と義務を負担します。
    2.しかし,面会交流については,監護者といえども,非監護者との交流を拒絶はできません。
    3.面会交流調停のなかで取決めをすべき事柄でしょう。

  • 関川 信也 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    あなたが監護者として指定されたからといって、ご主人から面会に関する様々な要求がなされなくなるわけではありません。
    むしろ、面会交流の取り決めができていないことに問題があると思いますので、面会交流調停を申し立てた方がよいと思います。

この投稿は、2017年01月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す