1. 弁護士ドットコム
  2. 離婚・男女問題
  3. 別居
  4. 連帯債務者の免責を知らなかった場合

公開日:

連帯債務者の免責を知らなかった場合

2015年05月27日
ベストアンサー
母と親子連携ローンで購入した住宅を任意売却する手続きを始めたところ、8年前に母が自己破産をし、免責を受けていることが判明しました。
不動産屋さんに言われるまで、免責の事実はまったく知りませんでした。

幸い、住宅はローンの残債を支払ってもいくらか残ることが判明しましたが、彼女は持分の4割をその中から請求するつもりでいるそうです。

以前、この住宅が浸水被害に遭い、わたしの持分6割分に相当する約250万円を彼女に騙し取られ、(駐車場等の工事をした際に支払う金額がわからないから、とりあえず自分の口座に全額入金してくれと言われしたところ、1円も戻すことなく自身の株の投資に使用したと本人から聞きました)今回も免責の事実を知らず、わたしひとりが債務者になっていることをまったく知らなかったので、精神的慰謝料の損害賠償請求権と彼女の持分金額を相殺したいと思っています。

それが可能かどうかと、可能であれば手続きを知りたく、ご教示のほど、お願いいたします。

自己破産をするというのは聞きましたが、連帯債務者であるわたしの元に裁判所や弁護士からの連絡は一切ありませんでした。
銀行からも、免責の事実があるということも一切聞いておりませんでしたので、母も連帯債務の義務を負っていると思っておりました。

参考までに、任意売却までの経緯は、彼女とわたしの間で固定資産税の滞納で揉め、彼女は支払い義務はないから払わないと言い出したので(彼女が筆頭納税者)弁護士さんに相談し、別居してローンの滞納を続けていれば競売になるので、それだったら彼女の同意なく売却せざるを得ないので、そうしたらどうかと言われそうしたところ、ローンと固定資産税の支払いができないので、任意売却したいと彼女から不動産屋さんへ話を持ちかけられたそうです。

免責になっていることは、不動産屋さんも持ち込みの時点では知らず、先日、権利書等の書類を見せてもらった時に、免責の事実を知ったそうです。

よろしくお願いいたします。
相談者(353501)の相談

みんなの回答

荒川 和美
荒川 和美 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 愛知県5
ベストアンサー
ありがとう
自己破産し免責されていること知らせていなかったということでは、慰謝料は請求できません。250万円の預かり金の横領は請求ができます。
売却してローンを支払った後の持分は、母上の権利はありますが、あなたへの250万円の支払いに充当すればよいと思います。

2015年05月27日 13時35分

相談者(353501)
荒川弁護士さま

ご回答のほど、ありがとうございました。
横領の請求権があるということで、その請求権を彼女の持分で相殺で不動産屋さんと話を進めようと思います。

その場合、彼女の同意は必要なのでしょうか。
それとも、なにか記録に残るように手続きを進めたら良いのでしょうか。
重ねての質問で申し訳ありませんが、ご教示いただければ幸いです。

2015年05月27日 13時46分

荒川 和美
荒川 和美 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 愛知県5
ありがとう
相殺は、一方的に意思表示すればよく、通知書でも良いです。合意するなら合意書を作成してください。

2015年05月27日 17時40分

相談者(353501)
荒川弁護士さま

ご回答のほど、ありがとうございました。
相殺通知書は一方的で良いとのことなので、売買契約が成立して、振込みが行われる前に配達証明で出したいと思います。
でないと、売買契約を無効にされてしまう恐れがありますので・・・。

合意はしないと思われるのですが、合意書も一応作成し、返送してもらうようにしようと思います。

250万円には遠く及びませんが、これで母親とは縁を切って金輪際関わらないようにしたいと思います。
実は損害を受けているのはこのことだけではないので・・・。

免責に関しても、持分を保持したままでの手続きに際し、わたしの実印を持ち出して私文書偽造をした疑いも出てきましたので、免責の判決を確認したいと思っております。

どうもありがとうございました。

2015年05月27日 17時59分

相談者(353501)
すみません、追加の相談です。

先ほど不動産屋さんから連絡があり、母が売却後に残った利益を全額自分のものにすると言っていると聞きました。
不動産屋さんも呆れかえっていましたが。

そこで質問1として、彼女には法的な持分は登記簿通り10分の4の利益の分配以上請求する権利はありますか?

不動産屋さんは、あまりに要求がひどすぎる部分もあるので、取引をやめると言うつもりもありますとおっしゃっていました。

そうなると競売になり、残債以下で売れた場合には残った残債はすべてわたしが清算する義務を負いますよね。

質問2として、今から自己破産をして免れ、彼女にも利益が全く出ないという方法は取れますか?

2015年05月28日 11時32分

この投稿は、2015年05月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

離婚に向け別居することのメリットと別居のために準備しておくべきこと

配偶者に暴力を振るわれたり、子どもが虐待を受けているような場合、別居することを最優先に考え、危険から避難したうえで離婚に向けた準備を進めてい...

離婚に向けて配偶者と別居する場合に住民票を別居先の住所に移す必要はあるのか

離婚に向けて配偶者と別居した場合、住民票を別居先の住所に移した方がよいのでしょうか。また、別居した場合に戸籍はどうなるのでしょうか。この記事...

どのくらい別居すれば離婚が認められるか

別居期間は、裁判で離婚が認められるかどうか判断する際の重要なポイントのひとつです。この記事では、どの程度の期間別居していると裁判で離婚が認め...

家庭内別居からの離婚と生活費が払われない場合の対処法

長期間別居をしている場合、婚姻関係が破たんしているとして、裁判で離婚が認められることがあります。では、家庭内別居の場合も、住まいを完全に別に...

同意なき別居や別居後の不貞行為についての慰謝料

配偶者が離婚を望んで一方的に家を出ていった場合、精神的な苦痛を受ける方もいるでしょう。この記事では、「配偶者が同意なく突然別居した場合」「別...

やること診断

今するべきことがわかります 離婚・男女問題のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 任意売却拒否について

    経営する会社の銀行返済ができなくなり、抵当物件(自宅)を任意売却するよう依頼がありました。 個人で近親者に相談したところ、任意売却だと高くなるので競売にしてもらって入札で買うと返事がありました。 そこで質問です。 ①任意売却を私が拒否できるのですか? ②債権者(銀行)サイドで任意売却手続きを債務者の許可無しに...

  • 競売後の残債支払いを債務者優先にする方法

    離婚後元夫名義の建物に対して住宅ローンが約2200万残っており、元夫は土地が私(妻)の父の名義で あるため、話し合いもないままローンを残して出て行きました。 収入は元夫は支払う能力が十分であり、私は派遣社員のため払っていけず、1年あまり実家の援助で支払いましたが、名義をそのままにしたくないため、息子が同居し、親...

  • 住宅ローンの返済が出来なくなった時の対処法

    3年前に新築物件を自分名義で購入しローンを払い続けてきましたが、家庭の事情で収入が減少して払い続ける事が困難な状況になりました。 家を引き払って、小さい賃貸アパートにでも越したいのですが、住宅ローンを払ってると先立つお金が全く貯めることすら出来ません。 どのような対処があるか教えてほしいのですが…。 ・住宅ロー...

  • 亡き連帯保証人の親族からの借用書ありの請求

    父が自己破産する時、建物のローンが残っており銀行と国民金融公庫と2社からそれぞれ借りてました。 その時弁護士さんに頼んで管財人?になってもらって、その建物と土地を手放してその売却したお金を国民金融公庫に全額返済し残りは銀行一部返済、残金は連帯保証人が支払い銀行より返済完了の書面が来てました。 この時連帯保証...

  • 家族に無断でカードを使われた場合の返済義務について

    消費者金融からの借り入れが完済したので、過払い請求を行い本日お金が返還されました。 それを機に自身の信用情報を調べたところ、クレジットカードで心当たりのないショッピング履歴(電気屋)が120万円ありました。 普段使っていないクレジットカードなので心当たりもなく、家族に確認したところ、母が私に無断で使っていた...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

離婚・男女問題の「トラブル体験談」

Aさん(30代女性)

DVを繰り返す夫から自由に - 2人の子どもの親権と養育費を勝ち取ったAさんの体験談

  • DV
  • 親権
  • 養育費
  • 面会交流

結婚11年目のAさんは、パートで働きながら8歳と10歳の子どもを育てる母親でした。会社勤めをしている夫は、家事や育児に協力しないだけでなく...

Bさん(20代女性)

性格の不一致から夫との生活が苦痛に - うつ病を患いながら離婚を成立させたBさんの体験談

  • 性格の不一致による離婚
  • うつ病
  • 新居の処分

結婚1年目のBさんは、夫と共働きの二人暮らし。当時仕事に追われていたBさんは、家庭内での夫の態度に違和感を覚えるようになっていました。B...

Cさん(40代女性)

育児・家事に無関心な夫と離婚 - 3人の子どもの親権・養育費を争ったCさんの体験談

  • 親権
  • 養育費
  • 財産分与
  • 年金分割

Cさんは、3人の子どもを育てる専業主婦でした。公務員の夫は、結婚当初から家庭内のことに無関心でした。「子どもが生まれたら変わるかな」と...

依頼前に知っておきたい弁護士知識

別居に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

別居の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

離婚・男女問題の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。