婚姻費用請求時の別居同意書の必要性について

公開日: 相談日:2022年02月03日
  • 5弁護士
  • 5回答
ベストアンサー

【相談の背景】
準備が整い次第、(今年3、4月~)夫と別居をしようと計画しています。

以前から夫は別居に同意しています。先日は同居を希望すると名前と共に一筆書きました。(正式な書式ではなくただ気持ちを書いた程度ですが)

婚姻費用については詳しくは話していないが拒まれたことがあるので今後は直接言わず調停のつもりです。

【質問1】
別居前に正式な別居同意書がないと婚姻費用請求調停の時に不利になりますか。
またあった方が有利のでしょうか。

1110535さんの相談

この相談内容に対して 弁護士への個別相談が必要なケースが多い

と、2人の弁護士が考えています

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    京都府7位

    新保 英毅 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    別居前に別居同意書がなくても現実に別居している以上、双方の収入額により計算した婚姻費用分担請求は可能です。
    今後の離婚を進める上では双方合意の上別居した証拠は有益ですが、婚姻費用調停の段階では必要性は乏しいでしょう。

  • 弁護士ランキング
    滋賀県1位
    タッチして回答を見る

    お困りのこととお察し致しますので、一般論にはなりますがお答え致します。

    【質問1】
    別居前に正式な別居同意書がないと婚姻費用請求調停の時に不利になりますか。
    またあった方が有利のでしょうか。

    →いいえ、婚姻費用は、別居の原因や別居についての同意の有無に関係なく、夫婦であることから発生するものですので、別居の同意書は必要ありません。
    実際にそのような同意書を書いてもらって別居するケースは稀だと思います。

    別居同意書があるからといって、婚姻費用の額などには特に影響はありません。

    ただ、後日離婚に関して争いとなり、離婚訴訟となったときには、非常に小さな争点ではありますが、「一方的に別居したのか、それとも別居は双方同意していたのか」が争点となることがあります。これによって、離婚が認められるかどうかの判断に微妙に影響が生じることがありえます。
    ですので、もし「別居に同意する」という一筆が容易にもらえるのであれば、もらっておくと後日離婚訴訟になった場合には、もしかしたら有利な証拠として役立つことがあるかもしれません。

    もっとも、その程度にすぎませんし、婚姻費用に関しては特に問題ありませんので、無理してまで同意書をもらわなくてよいと考えます。

  • 弁護士ランキング
    大阪府1位

    吉田 英樹 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    お困りかと思いますので、お答えいたします。
    【質問1】
    別居前に正式な別居同意書がないと婚姻費用請求調停の時に不利になりますか。
    またあった方が有利のでしょうか。
    →このような同意書はないのが一般です。特に不利でもありません。相手方が別居に合意していたと主張できることはありますが,これにこだわると,おそらくなかなか別居できないと思いますね。

    一般的なお答えとなり恐縮ですが、ご参考に頂ければと思います。

  • 堀 晴美 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    通常そのような同意書をとってから別居というケースはほぼないと思います。
    同意書がなくても、婚姻費用分担請求の調停は申し立てることができますし、同意書がないからといって、婚費調停に不利益をもたらすということはありません。
    別居したいのであれば、できるだけ早く別居すればよいと思います。なお、後の離婚調停、離婚裁判に備えて、夫側の財産状況がわかるものについて証拠を確保(たとえば銀行口座について銀行名、支店名、口座番号等、保険であれば、保険証券のコピー)しておいた方がよいと思います。

  • 鈴木 克巳 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    【相談の背景】準備が整い次第、(今年3、4月~)夫と別居をしようと計画しています。以前から夫は別居に同意しています。先日は同居を希望すると名前と共に一筆書きました。(正式な書式ではなくただ気持ちを書いた程度ですが) 婚姻費用については詳しくは話していないが拒まれたことがあるので今後は直接言わず調停のつもりです。
    【質問1】別居前に正式な別居同意書がないと婚姻費用請求調停の時に不利になりますか。またあった方が有利のでしょうか。
    ◆ 同居義務違反を問われるのではないか、あるいは一方的な別居とみなされてしまい婚姻費用の請求は権利の濫用であると評価されてしまうのではないかとのご懸念でしょうか。
      不貞行為の相手方と一緒に暮らすために別居を開始するというような別居する方に一方的な有責性がある場合には、同居義務違反を問われ、また、婚姻費用のうちお子さんの養育費部分を除く別居する配偶者の生活費部分の請求は権利の濫用として認められませんが、貴殿の場合は、上記の如き事情で別居する訳ではありません。
      したがって、別居同意書がなくても、別居に同意したことが明らかとなるような確たる証拠がなくても、婚姻費用分担請求は認められますし、貴殿にとって不利になるというものでもありませんので、ご安心下さい。
      なお、別居同意書を書いて貰った上で別居するに至る、というような夫婦は1% もいないと思います。
    ◆ 婚姻費用については、上記で述べたとおりですが、離婚事由の有無の争いになったときは、別居同意書があった方が夫婦関係が破綻していたことの証拠となりますので、有利といえば有利です。
      ただし、これもあくまで一つの間接的な証拠に過ぎず、離婚事由の決め手になるようなものではありませんので、あまり拘る必要はありません。
    ◆ 同居している間に準備しておくべき事項、同居していなければ調査できない事項、別居してしまったらなかなか困難になってしまう事項、諸々ありますので、弁護士を立てないにしても、弁護士のアドバイスは受けた方がいいように思います。

この投稿は、2022年02月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました