自宅の鍵を返して貰えない場合

公開日: 相談日:2021年02月19日
  • 3弁護士
  • 3回答
ベストアンサー

妻が子供を連れて家を出て代理人を立ててきました。
別居することに反対はしませんが、子供が今まで通り友達と学校に行けない環境になることは子供の負担になると思い、私が家を出ることを提案しました。
妻に鍵を渡して、しばらく経っても家に帰る様子はなく、家に帰らないなら鍵を返して欲しいと要求しました。
しかし、荷物を取ったり、たまに帰ったりするからと鍵を返してくれません。
私も自分の荷物を取りたいのはもちろんですが、寝泊まりする場所も確保しないとお金が掛かって仕方ないので大変困っています。
家は半々の夫婦共有名義です。
そこで質問ですが、
①この場合、鍵の110番とかで鍵を壊して貰って強引に家に入る行為は違法でしょうか?
②返してくれないなら壊して入ると最後通告はするつもりですがそれは必要でしょうか?
ご回答のほど、宜しくお願いします。

1000082さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    大阪府5位
    弁護士が同意
    1
    タッチして回答を見る

    > ①この場合、鍵の110番とかで鍵を壊して貰って強引に家に入る行為は違法でしょうか?

    適法です。
    >
    > ②返してくれないなら壊して入ると最後通告はするつもりですがそれは必要でしょうか?

    奥さんが居住し奥さんの家になっているなら最後通告は必要ですが、そうではないなら必要ありません。

  • 相談者 1000082さん

    タッチして回答を見る

    西田先生
    早朝からご回答頂きまして、誠にありがとうございます。
    もう一点だけ宜しいでしょうか。
    鍵を壊して入ると鍵が変わってしまいます。
    その場合、共有の建物なので、妻側から鍵を要求された場合は応じるべきでしょうか。
    宜しくお願いします。

  • 弁護士ランキング
    大阪府1位

    吉田 英樹 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    お困りかと思いますので、お答えいたします。
    > ①この場合、鍵の110番とかで鍵を壊して貰って強引に家に入る行為は違法でしょうか?
    > ②返してくれないなら壊して入ると最後通告はするつもりですがそれは必要でしょうか?
    その場合、共有の建物なので、妻側から鍵を要求された場合は応じるべきでしょうか。
    宜しくお願いします。
    →とりあえず、スペアキーを作ってもらうことも考えられますね。その後の不動産の使用方法は、鍵の問題も含め、奥様と協議しながら、すすめていくことが考えられると思います。

    一般的なお答えとなり恐縮ですが、ご参考に頂ければと思います。

  • 相談者 1000082さん

    タッチして回答を見る

    吉田先生
    ご回答ありがとうございます。
    吉田先生も①②に関して西田先生と同意見でしょうか。
    妻は有責配偶者ですが、今のままだと親権も取られてしまうことになり子供との面会交流を増やしてもらうためにはあまり手荒なことはしたくないところです。

  • 相談者 1000082さん

    タッチして回答を見る

    ちなみにスペアキーはディンプルタイプなので作れないようです。
    なので開けるためには壊すしかないとのことです。

  • 弁護士ランキング
    東京都1位

    齋藤 健博 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    ①この場合、鍵の110番とかで鍵を壊して貰って強引に家に入る行為は違法でしょうか?

    居住実態が貴殿にも残っているなら、住居侵入罪には該当しないと思われます。
    名義が誰かよりも、誰がその家の管理権を有しているかがポイントになります。

    ②返してくれないなら壊して入ると最後通告はするつもりですがそれは必要でしょうか?

    奥様に居住実態がなければ、法的には不要かもしれませんが、事を荒立てたくないなら、連絡を入れるのが人としての筋だと思います。

    その場合、共有の建物なので、妻側から鍵を要求された場合は応じるべきでしょうか。

    要求された場合には、応じられる必要はあると思います。
    ただ、相手方と交渉すべき事項があるなら、このタイミングでされると譲歩等を引き出しやすいと思います。


    ご参考までに

  • 相談者 1000082さん

    タッチして回答を見る

    齋藤先生
    ご回答ありがとうございます。
    よく理解できました。

この投稿は、2021年02月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

もっとお悩みに近い相談を探す

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから