元恋人からの光熱費請求について

公開日: 相談日:2019年10月09日
  • 2弁護士
  • 2回答

約6年程同棲していた元恋人から当時借りていた賃貸の家賃と光熱費の請求をされています。
最初の取り決めでは、私が家賃、相手が光熱費を払うという事で暮らしていたんですが、不甲斐ない事に一時期私の方が職をなくして2年程相手に家賃、光熱費を任せている様な状態になっていました。
その時は「気にしなくてもいい」と言われ私もその言葉に甘えきっていました。
私の方で支払いが出来ない状況がしばらく続いてから相手の浮気が発覚し、まるで夜逃げする様に相手が出て行ったので話し合いもする事なく同棲は解消になりました。
同棲を解消してから約6年後たまたま私の職場近くで再会しました。
昔の事には触れず、その場では軽く雑談だけをして別れたのですが
しばらくして元恋人と母親が私の職場に来て「お金を返せ!全部で130万円!」と凄い剣幕で怒鳴り込んできました。
職場に迷惑をかけたくなかったのでその場では払うと言って帰ってもらいました。

そこで先生方に2点質問です。

この場合、私は相手側が提示した金額を全額支払わないといけないのでしょうか?

もし、支払わなくていい場合今後職場に来た時はどのように対処すればいいでしょうか?

よろしくお願いします。

855873さんの相談

回答タイムライン

  • 原田 和幸 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    > この場合、私は相手側が提示した金額を全額支払わないといけないのでしょうか?

    そもそも相手が厚意で支払ってくれていた(返還義務がない)ものであれば、支払う必要はないと思います。
    ただ、相談者が支払うと言っていますので、支払義務が発生する場合もなくはありません。
    ただ、その場での交渉のレベルであるとか、相手から脅された状況であれば、支払わなくてよい場合もあるとは思います。

    > もし、支払わなくていい場合今後職場に来た時はどのように対処すればいいでしょうか?

    支払わなくてよいかどうかは断言できませんが、迷惑でしょうからお帰り頂けばよいと思います。
    万一、その場に居座るようであれば、警察に通報することも考えられますね。

  • 弁護士ランキング
    東京都7位

    堀 晴美 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    相手方が任意でしはらってくれたものであれば、返還義務はないと思います。
    ただ、質問者様が支払うと言ってしまったのであれば、支払い義務が発生する可能性はないわけではありません。ただ、まだ交渉の段階であるとか、相手方から脅迫されたというのであれば支払う必要はないと思います。
    今後職場に来たときは帰ってもらうことになると思います。居座るのであれば、不退去罪で警察に通報すればよいと思います。また、あらかじめ職場へな来ないよう、弁護士に依頼して警告の内容証明郵便を送ってもらうということも可能かと思います。

この投稿は、2019年10月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました