【傷害事件】判決の妥当性について

同棲していた交際相手から継続的に暴力をふるわれており、昨年8月にも殴る蹴る等をされ大怪我(全治2ヶ月)しました。
その際に相手は逮捕され、その後は20日間の拘留→正式起訴→保釈→初公判となり、昨年11月に、検察官の求刑した懲役2年 執行猶予3年の即日判決が出ました。なお、拘留中に同棲解消し、保護命令も出ています。(その後の交流は一切なし)

先日、知人と話していた際に、被告人への判決は妥当だったのか?被告人の弁護士の弁護活動は意味のあるものだったのか?などの話になり、今更ながら色々な疑問が浮かんできたので質問させてください。

①被告人の保釈後、初公判前に示談が成立し多額の示談金(サラリーマンの平均年収を超える金額)を受け取りました。示談の有無や示談金額が量刑に影響すると聞いたのですが、被告人がそれだけの金額を支払ったにも関わらず、検察官の求刑どおりの判決がでることは通常よくあることなのでしょうか?

②被告人は保釈後に弁護人の勧めでDV治療のため精神科に通院していたようです。また被告人は公判時に涙ながらに反省の言葉を述べており、情状証人として出廷した被告人の父親も涙ながらに息子の監督を約束したそうです。精神科への通院や反省の態度等が考慮され、検察官の求刑よりも判決が軽くなることもあると聞きましたが、この事件ではそれらが一切考慮されなかったということなのでしょうか?それは何故なのでしょうか?

③検察官の求刑は、他の傷害事件(DVにより全治2ヶ月など似たような事件)と比較して重いですか?軽いですか?

④被告人は私選弁護人をつけていました。弁護人が示談の取付などの弁護活動をしたにも関わらず、検察官の求刑どおりの判決になることはよくあることなのでしょうか?

⑤これらを踏まえて、初犯で懲役2年 執行猶予3年という判決は、妥当なのでしょうか?

長文となってしまいましたが、ご回答お願いします。
2015年01月21日 02時50分

みんなの回答

西田 広一
西田 広一 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府4 離婚・男女問題に注力する弁護士
ありがとう
①被告人の保釈後、初公判前に示談が成立し多額の示談金(サラリーマンの平均年収を超える金額)を受け取りました。示談の有無や示談金額が量刑に影響すると聞いたのですが、被告人がそれだけの金額を支払ったにも関わらず、検察官の求刑どおりの判決がでることは通常よくあることなのでしょうか?

 執行猶予の場合、求刑通りの判決になることが多くあります。

②被告人は保釈後に弁護人の勧めでDV治療のため精神科に通院していたようです。また被告人は公判時に涙ながらに反省の言葉を述べており、情状証人として出廷した被告人の父親も涙ながらに息子の監督を約束したそうです。精神科への通院や反省の態度等が考慮され、検察官の求刑よりも判決が軽くなることもあると聞きましたが、この事件ではそれらが一切考慮されなかったということなのでしょうか?それは何故なのでしょうか?

 いいえ考慮され、執行猶予3年の判決となったということです(執行猶予期間は、1年乃至5年ありますが、実際には1,2年はなく、3年は軽いものです)。

③検察官の求刑は、他の傷害事件(DVにより全治2ヶ月など似たような事件)と比較して重いですか?軽いですか?

 おそらく通常の範囲内と思われます。

④被告人は私選弁護人をつけていました。弁護人が示談の取付などの弁護活動をしたにも関わらず、検察官の求刑どおりの判決になることはよくあることなのでしょうか?

 執行猶予3年を取れたのは、意味のあることであり、よくあることです。

⑤これらを踏まえて、初犯で懲役2年 執行猶予3年という判決は、妥当なのでしょうか?

 妥当であったと思います。

2015年01月21日 06時14分

黒岩 英一
黒岩 英一 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 長崎県1
弁護士が同意1
ベストアンサー
ありがとう
①被告人の保釈後、初公判前に示談が成立し多額の示談金(サラリーマンの平均年収を超える金額)を受け取りました。示談の有無や示談金額が量刑に影響すると聞いたのですが、被告人がそれだけの金額を支払ったにも関わらず、検察官の求刑どおりの判決がでることは通常よくあることなのでしょうか?

通常、検察官の求刑には執行猶予まで含まれていません。
このため、求刑通りではなく、執行猶予が付いている、ということになります。

②被告人は保釈後に弁護人の勧めでDV治療のため精神科に通院していたようです。また被告人は公判時に涙ながらに反省の言葉を述べており、情状証人として出廷した被告人の父親も涙ながらに息子の監督を約束したそうです。精神科への通院や反省の態度等が考慮され、検察官の求刑よりも判決が軽くなることもあると聞きましたが、この事件ではそれらが一切考慮されなかったということなのでしょうか?それは何故なのでしょうか?

執行猶予が付いていることが、被告人に有利な事情を考慮された、ということになります。

③検察官の求刑は、他の傷害事件(DVにより全治2ヶ月など似たような事件)と比較して重いですか?軽いですか?

重い方だと思います。

④被告人は私選弁護人をつけていました。弁護人が示談の取付などの弁護活動をしたにも関わらず、検察官の求刑どおりの判決になることはよくあることなのでしょうか?

同じことを書きますが、求刑通りではありません。
求刑通りなら、実刑でしょう。

⑤これらを踏まえて、初犯で懲役2年 執行猶予3年という判決は、妥当なのでしょうか?

多少重いとは感じますが、不当とまでは思いません。

2015年01月21日 06時17分

大村 真司
大村 真司 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 広島県2
ありがとう
執行猶予付きの判決では、量刑その物は求刑通りになるのがむしろ普通です。状況からして、結論的にはごく普通だと思います。

他の事件と比べても、私の感覚ではごく普通に思われます。通常の範囲の中では重めよりかもしれませんが。

2015年01月21日 08時46分

この投稿は、2015年01月21日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

別れた後の生活費・家賃請求やDV・モラハラなど、同棲トラブルへの対処法

彼氏・彼女との関係が深まり、より仲を深めようと始めた同棲生活…お金のことで揉めたり、些細なことで喧嘩をしたりと、必ずしも良いことばかりではあり...

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 離婚・男女問題のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 求刑の言い回しについて

    以前にも相談させて頂きましたが、未成年の息子が傷害事件の被害者となり、後頭部骨折、前頭葉壊死によるてんかん発作、味覚、嗅覚傷害、進行性健忘等の高次脳機能障害の後遺症を負う被害者となりました。 被疑者は起訴され、本日公判が行われました。 私達は弁護士の先生にお願いし、被害者参加制度を利用しました。 被告人は前科の...

  • 公務執行妨害による勾留後の流れについて

    質問です。  妻への暴行と公務執行妨害で逮捕されました。妻とは和解し被害届は出ていません。公務執行妨害については警察より被害届が出ている状況です。  警察署に身柄が拘束され、翌々日に検察庁の取り調べ後、裁判官より10日間の勾留が言い渡されました。その際、私選弁護人を依頼していたため、翌日、弁護士と面会し、その日の...

  • 窃盗(必要的弁護事件)

    窃盗(万引き)で、今回を合わせますと警察に3回の逮捕暦があります。1回目は注意、2回目は検察庁での取り調べ処罰なしでした。重複しますが検察庁に呼び出されたのは2回目です。1回目は処罰なしでした。今回は、検察庁での取り調べの後、先日、簡易裁判所から告訴状が届きました。 必要的弁護事件(在宅)と書かれており、弁護人を選ぶよ...

  • 簡易裁判の判決について

    質問させて頂きます。 私、刑事事件で起訴となり簡易裁判所にての公判が1週間前にあった者です。 訴状の詳細 本件 住居侵入、窃盗未遂 前科 3年ほど前に同罪で罰金刑の刑事罰処分あり。 余罪があったがそちらは立件に至らず。 前回も今回も出頭による在宅事件として処理。 被害者は引っ越しているが弁済は出来ておらず。 国...

  • 裁判での量刑はどのくらい?

    建造物侵入・窃盗・窃盗未遂の裁判がありました。犯行態様や犯行動機が悪質である事が重点でした。会社の物を盗み、数ヶ月後もう一度盗もうとしたところ見つかりました。会社に被害届を出すつもりだと言われその前に警察に自首し、一度目の被害金額35万円になりますが弁済しました。会社は被害金額弁済で事件は解決したとし、示談はでき...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

離婚・男女問題の「トラブル体験談」

Aさん(30代女性)

DVを繰り返す夫から自由に - 2人の子どもの親権と養育費を勝ち取ったAさんの体験談

  • DV
  • 親権
  • 養育費
  • 面会交流

結婚11年目のAさんは、パートで働きながら8歳と10歳の子どもを育てる母親でした。会社勤めをしている夫は、家事や育児に協力しないだけでなく...

Bさん(20代女性)

性格の不一致から夫との生活が苦痛に - うつ病を患いながら離婚を成立させたBさんの体験談

  • 性格の不一致による離婚
  • うつ病
  • 新居の処分

結婚1年目のBさんは、夫と共働きの二人暮らし。当時仕事に追われていたBさんは、家庭内での夫の態度に違和感を覚えるようになっていました。B...

Cさん(40代女性)

育児・家事に無関心な夫と離婚 - 3人の子どもの親権・養育費を争ったCさんの体験談

  • 親権
  • 養育費
  • 財産分与
  • 年金分割

Cさんは、3人の子どもを育てる専業主婦でした。公務員の夫は、結婚当初から家庭内のことに無関心でした。「子どもが生まれたら変わるかな」と...

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

同棲の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題のニュース

  1. 上司と不倫、「離婚する」は結局ウソ!? 「...
  2. 夫が給与明細を偽造、ごまかした金で飲酒、ギ...
  3. 「借金返して、結婚しよう」返済に協力したの...
  4. ホテル密会に不倫相手の夫乱入! 「誠意見せ...
  5. 夫婦間の「性的DV」…寝込みを襲われ、避妊に...
  6. 既婚の中年女性とワンナイト、恐怖の幕開け…...
  7. AV出演は「自己決定」なのか 「サインがあれ...

活躍中の弁護士ランキング

離婚・男女問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。