国際離婚と、結婚前の財産取り戻しについて 夫:中国人、中国在住 自分:日本人、日本在住

公開日: 相談日:2013年10月11日
  • 1弁護士
  • 1回答

交際して約3年だった中国人男性と今年3月に結婚手続きを行い、4月上旬に夫のみ中国へ帰国しましした。

夫の現地での仕事が安定してから私を呼び寄せるという理由と、
2~3年私に日本で働いて貯金をしてほしいという二つの理由での別居でした。

途中で、やっぱり寂しいので一緒に住めないかと私から何回か打診していましたが、断られていました。

その後連絡は取っていましたが、
結婚前から続く暴言や人格を否定するような発言、
実家を出たいのに貯金のために実家にいるように夫に言われていたこと、
「月に~円貯金しろと言ったろう」等というような発言に私が耐えられなくなり、相手がはずみでもう離婚すると言ったことに応えて離婚を決意しました。

ところがいざ離婚届を送付すると書いてもらえず、いつまでも待たされています。
日本で手続きを行ったものの、まだ中国での手続きをしていなかったので、いつまでも離婚しなくてもあちらにとって何の不都合もないせいかと思いますが…。

また、夫が帰国時に「将来のための積立にする」と持って行った私の結婚前の貯金160万円があるはずなので返して欲しいのですが、これも返す気がないようです。
(送金などではなく、旅行鞄の中に隠して持って行ったようです。百万以上のお金を手で持ち込むのは違法だと思うのですが)

私達は結婚前に1年半ほど同棲しており、その時の家賃は夫の口座から引き落としだったため、それを考慮すれば160万円は自分がもらってもいいはず、というのが夫の主張ですが、それも5万円ほどの家賃×1年半なので納得がいきません。

協議離婚が難しそうなのでこのまま裁判を起こそうと思っているのですが、以下のことを伺いたいのです。

・この場合離婚の理由は十分にあるでしょうか。
また、訴状に書く事由はどういうものになるのでしょうか

・私の結婚前の貯金160万はどのような名目で返却を求めることができるのでしょうか
 (家賃を払ったのは自分だからという夫の言い分ももっともなので、半分でもいいと思ってるのですが)

・仮に判決が下ったところで、外国の、それも銀行口座に入っていない可能性がある現金を返してもらえるような強制力があるのでしょうか

・日本のビザを持っていない相手は、訴訟に対して何らかの行動を取れるのでしょうか。

長文で失礼しますが、ご回答いただければ助かります。

206827さんの相談

回答タイムライン

  • 大貫 憲介 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    1 離婚理由
      離婚理由としては、婚姻関係の破綻を述べることになるでしょう。訴状には、婚姻関係が破綻し、修復が不可能であること、及び、なぜそのように言えるのかを時系列に従って記載するのが良いでしょう。
    2 160万円の返還
      法律上、返還請求権があるかどうか難しい問題です。また、離婚訴訟にて付帯的に申し立てられる請求かどうかも問題があります。この点については、面談による法律相談を受けることをお勧めします。
    3 外国判決による強制執行
      一般的に、先進国間では、外国の判決による強制執行を認めています。中国での強制執行の可否、方法は、中国の弁護士にご相談下さい。
    4 応訴の可能性
      経験的に、国際離婚訴訟では、相手方が応訴する可能性はとても低いと思います。応訴する場合、相手方が専門家の選択を間違わなければ、ビザを取って来日することが可能です。

この投稿は、2013年10月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

「同棲」に関する情報をわかりやすく解説した法律ガイド

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから