親権・監護権について。どうお考えですか?

どうお考えですか?

まず、当たり前ですが裁判所について客観的事実と法的見解が前提の場。
監護権の法的解釈は子の福祉を最重要項目。

にも関わらず、10歳未満は母親優先。理由は様々、子といる期間の長さ、母性。抽象的。裁判官、調査官の結語は決まってる。

民法どこ探しても記載されてませんでした。

もちろん様々な要因はあるかと思います。

ただし、抗告は法的違反がなければく原則棄却。高裁以降は調査機関なし。
そこで、2点

現行フローに違和感あるか?

皆様の息子が争った際、息子が現行フローで納得させる自信があるか?

今回は人としての客観的な事実を知りたいです。当事者は当事者同士の恨みあいは覚悟の上です。
結果ありきは恨みしか買いません。

裁判官に対して不信感を抱くこと自体ないほうがいいですよね。
相談者(46812)からの相談
2011年03月04日 01時56分

みんなの回答

弁護士A
ありがとう
親権の争いは裁判所としてもできれば当事者で合意で決めてもらえたらと思うことは多いくらい、裁判所としても大変な事件です。
そうはいっても決めないといけないという場面ではどうしてもこれまでいた時間などを重視するということになってしまうのだと思います。
どちらかにしか親権を与えられない以上、どちらかは必ずうらむ結果になることは、制度として仕方のない面はあるかとおもいます。

面接交渉について、もう少し実質的な交渉権が認められると、よいのではないかと思います。ただ、DVなどではそれを利用する方もいるので、難しい問題ではあります。

2011年03月06日 11時35分

この投稿は、2011年03月04日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

親権を放棄したい場合の対処法

親権を取得したものの、海外出張や重い病気を患ってしまい、子どもを満足に育てることができない場合もあるでしょう。通常は親権の放棄は認められてい...

親権を認めてもらうためのポイントと手続き

「親権はどちらがもつのか」。未成年の子をもつ夫婦が離婚する際、親権者が誰になるのかは、離婚に関する様々な条件の中で、最も重要なポイントといえ...

収入がない専業主婦に親権が認められるケース

未成年の子どもがいる夫婦が離婚する場合、どちらが子どもの親権者になるかを決める必要があります。その際、自分の収入がない専業主婦(夫)の方の中...

離婚の裁判で親権者を決めるときのポイント

未成年の子どもがいる場合、離婚するときに、夫婦のどちらが親権者になるのか決める必要があります。しかし、どちらも親権者になることを望み、話し合...

親権者の変更が認められるケースと手続きの流れ

離婚するときは、親権者が誰かは夫婦で話し合って決めることができますが、離婚した後は、勝手に変更することはできません。裁判所の関与のもとで、一...

やること診断

今するべきことがわかります 離婚・男女問題のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 裁判所の違憲審査権に限界が有るとされるのはなぜなのか?

     統治行為論等、裁判所の違憲審査権に限界が有るとされるのはなぜなのでしょう?  その場合、条文の「一切の」の語をどのように解釈すればよいのでしょうか? 第八十一条  最高裁判所は、一切の法律、命令、規則又は処分が憲法に適合するかしないかを決定する権限を有する終審裁判所である。

  • 面会交流審判結果でました

    弁護士の皆さま ご回答ありがとうございました。 児童精神科医の意見書、お願いした弁護士さん、梶村太市の著書の裁判例からみた面会交流調停・審判の実務(297ページの面会交流チェックシートの記載)などもおかげもあり、子供たちに影響のない範囲でのスカイプでの面会となりました。 このサイトでも、調停員に、審判になると月...

  • 秘密法の今後

    与党の強行採決で秘密保護法が、知る権利をめぐっての法廷抗争に発展していくことが予想されますが。 そもそも選挙が違憲状態や無効の判決がある状態での強行採決は正当な法律と言えるのでしょうか、その部分は争点となるのでしょうか。 同じ問題が改憲と言う流れにも言えると思います。 違憲状態の選挙で選ばれた議員達には立法す...

  • 特別抗告が出来ない理由

    一審に勝って上告敗訴したのですが、 内容は、養育費減額調停を起こされ、審判になり、一審算定表通りで変更されず抗告され、高裁でこちらが扶養控除を受けているので、扶養を考慮して算定表以下に減額という結果です。 しかし、実際には、扶養は元夫が給与から扶養手当を受けており、こちらは無収入で何の利益もありません。 健...

  • 最高裁判例と改正民訴法の優位性

    最高裁判例と、改正民訴法の上告理由限定は、どちらに優位性があるのでしょうか? 例えば、最高裁判例違反(経験則違背)には該当するが、改正後の民訴法によれば、絶対的上告理由に該当しない場合などです。 そこで、上告受理申立制度が設けられたのかと考えますが、上記の場合、改正民訴法の上告理由に関する条文自体が、矛盾し...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

離婚・男女問題の「トラブル体験談」

Aさん(30代女性)

DVを繰り返す夫から自由に - 2人の子どもの親権と養育費を勝ち取ったAさんの体験談

  • DV
  • 親権
  • 養育費
  • 面会交流

結婚11年目のAさんは、パートで働きながら8歳と10歳の子どもを育てる母親でした。会社勤めをしている夫は、家事や育児に協力しないだけでなく...

Bさん(20代女性)

性格の不一致から夫との生活が苦痛に - うつ病を患いながら離婚を成立させたBさんの体験談

  • 性格の不一致による離婚
  • うつ病
  • 新居の処分

結婚1年目のBさんは、夫と共働きの二人暮らし。当時仕事に追われていたBさんは、家庭内での夫の態度に違和感を覚えるようになっていました。B...

Cさん(40代女性)

育児・家事に無関心な夫と離婚 - 3人の子どもの親権・養育費を争ったCさんの体験談

  • 親権
  • 養育費
  • 財産分与
  • 年金分割

Cさんは、3人の子どもを育てる専業主婦でした。公務員の夫は、結婚当初から家庭内のことに無関心でした。「子どもが生まれたら変わるかな」と...

依頼前に知っておきたい弁護士知識

親権に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

親権の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

離婚・男女問題の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。