日本の裁判は中国で認定できますが

夫婦二人とも中国人ですので、日本で裁判離婚したい、二人の子供の親権を裁判するあと、もし一人は中国に帰る、もう一度中国の裁判所を親権変更することを出す、これはどうしよう?
2016年07月08日 11時10分

みんなの回答

高橋 淳
高橋 淳 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都7 離婚・男女問題に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
> 夫婦二人とも中国人ですので、日本で裁判離婚したい、二人の子供の親権を裁判するあと、もし一人は中国に帰る、もう一度中国の裁判所を親権変更することを出す、これはどうしよう?

あり得ますが、中国の国際私法に委ねられます。

2016年07月08日 13時19分

この投稿は、2016年07月08日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

離婚の裁判で親権者を決めるときのポイント

未成年の子どもがいる場合、離婚するときに、夫婦のどちらが親権者になるのか決める必要があります。しかし、どちらも親権者になることを望み、話し合...

収入がない専業主婦に親権が認められるケース

未成年の子どもがいる夫婦が離婚する場合、どちらが子どもの親権者になるかを決める必要があります。その際、自分の収入がない専業主婦(夫)の方の中...

親権者の変更が認められるケースと手続の流れ

いったん親権者を誰にするか決めた後は、親の都合で勝手に変更することはできません。しかし、親権者が適任ではなく、子どもの成長に悪影響があるなど...

親権者の変更が認められるケースと手続きの流れ

離婚するときは、親権者が誰かは夫婦で話し合って決めることができますが、離婚した後は、勝手に変更することはできません。裁判所の関与のもとで、一...

親権者変更が認められるケースと手続きの流れ

子どもがいる場合、離婚する際には親権者を決める必要があります。離婚後、何らかの事情で親権者が子どもと暮らせなくなった場合、親権者を変更するこ...

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 離婚・男女問題のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 親権は裁判の判決無視することができますが

    夫婦二人とも中国人、中国に結婚しました、結婚後すぐ日本に来ました、子供二人生まれた。もし今中国で離婚して、親権は中国の裁判して、一人一人、でも私は無視して、子供を連れて、日本にずっと住んでる、旦那さんは裁判の判決を持て、日本に来て、子供を強制連行することができますが?

  • 親権裁判

    離婚後 元夫から親権変更の裁判を起こされています。 裁判中に子供(小学生)を連れて海外に移住することは できるのでしょうか?

  • 親権者変更の裁判とは、何度でも行えるのか?

    友達の相談なんですが、離婚した母親が父親に親権を奪われました。 親権者変更の審判で不当な決定がされたらしく、控訴したのですが、高裁でも駄目でした。 質問は、今後、親権を取り戻すために再度、家裁に親権者変更を申し立てられるのか?あるいは、通常裁判になるのか?こういう審判や裁判というのは、何度でも行えるのか? 宜し...

  • 裁判中に復縁について

    以前にもお伝えした通り、今子供の事で裁判中です。 その裁判中に復縁するというのはよくあることですか?

  • 中国で起きた事件について

    中国で、ある日本人女性が、ある日本人男性(両方とも国籍は日本)から強姦被害を受けたと訴えられ、中国国内での判決は男性側が無罪になりました。 しかし、その後に日本国内で、同様の事件を裁判所に訴え出ることはできるのでしょうか。訴えた後、判決が覆るということがあるのでしょうか。

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

離婚・男女問題の「トラブル体験談」

Aさん(30代女性)

DVを繰り返す夫から自由に - 2人の子どもの親権と養育費を勝ち取ったAさんの体験談

  • DV
  • 親権
  • 養育費
  • 面会交流

結婚11年目のAさんは、パートで働きながら8歳と10歳の子どもを育てる母親でした。会社勤めをしている夫は、家事や育児に協力しないだけでなく...

Bさん(20代女性)

性格の不一致から夫との生活が苦痛に - うつ病を患いながら離婚を成立させたBさんの体験談

  • 性格の不一致による離婚
  • うつ病
  • 新居の処分

結婚1年目のBさんは、夫と共働きの二人暮らし。当時仕事に追われていたBさんは、家庭内での夫の態度に違和感を覚えるようになっていました。B...

Cさん(40代女性)

育児・家事に無関心な夫と離婚 - 3人の子どもの親権・養育費を争ったCさんの体験談

  • 親権
  • 養育費
  • 財産分与
  • 年金分割

Cさんは、3人の子どもを育てる専業主婦でした。公務員の夫は、結婚当初から家庭内のことに無関心でした。「子どもが生まれたら変わるかな」と...

依頼前に知っておきたい弁護士知識

親権に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

親権の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題のニュース

  1. 教員の30代夫が「職場不倫」、相手は「50代女...
  2. 「胸を見せて!」夫がハマったライブチャット...
  3. 交際中の人妻が妊娠、一緒になりたいのに夫が...
  4. 既婚の彼と結婚したい!「駆け落ちしちゃえば...
  5. 既婚男、出会い系で知り合ったシンママを妊娠...
  6. 「離婚調停に協力して」頼んできたのは、不倫...
  7. 愛した独身のカレは「偽名の既婚者」だった!...

活躍中の弁護士ランキング

離婚・男女問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。