離婚後、親権者に何かあった場合次の親権者は誰になる?

公開日: 相談日:2022年01月04日
  • 1弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

【相談の背景】
外国人夫のDVにより離婚をし、日本で子供を育てているのですが、万が一私に何かあった場合次の養育者は元夫になってしまうのでしょうか?
(夫は子供との関わりははありません)

暴力的な人なので絶対に養育者にはなって欲しくない。

【質問1】
未成年後見人を指定すればいいのか?

ほかに方法があるのか?

1100231さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    岡山県3位

    川崎 政宏 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    離婚後は単独親権ですから、万が一のときは、親権を行う者がいなくなりますから、未成年後見人をたてる必要があります。

    元夫に親権が変更されるものではありません。

    ただ、何もしないでいると後見人は決まらないので、ご親族が家庭裁判所に後見開始の審判申し立てをして未成年後見人を選任してもらう必要があります。

    元夫側も家庭裁判所に親権変更審判申立てをすることは実務上みとめられているので、二つの申立てがぶつかることもたまにあります。

    こうした家庭裁判所での手続きを避けて確実に後見人を指定しておくには、遺言で、信頼できるご親族等を未成年後見人に指定しておくことです(公正証書遺言であれば、自筆証書遺言のような検認手続きは不要です)。

    万が一の場合は、ご親族が遺言に基づき役場に後見届を提出すればすぐに後見人として動くことができます。

  • 相談者 1100231さん

    タッチして回答を見る

    ご回答ありがとうございます。

    公正遺言書の作成はどちらで出来るのでしょうか?

この投稿は、2022年01月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す