監護者指定の調査官報告書の解釈

公開日: 相談日:2021年04月14日
  • 3弁護士
  • 3回答
ベストアンサー

【相談の背景】
1年ほど前、夫の離婚要求やモラハラで平穏な暮らしが出来なくなり中、高生の姉妹を連れ家を出ました。しかし数日後、次女を夫が説得し連れ帰ってしまいました。
調停は不調に終わり別居継続、現在、監護者指定、引渡しを申し立て、審判中で、まだ姉妹が1人ずつ私側と夫側に住んでいます。

調査官報告書が出ました。夫のもとにいる次女についての調査官意向は「父は、子の年齢にそった適切な監護ができていたかは疑問」「さらに子らを引き離すことへの影響を考慮した判断を要す」とありました。

【質問1】
結論は書かれていませんが、夫の監護に「疑問」とあり、私は有利なのでしょうか。疑問とされた理由は、面会交流の制限、同居中の次女へのやや過剰なスキンシップ、長女に過去行っていた過剰なスキンシップです。

1017530さんの相談

この相談内容に対して 弁護士への個別相談が必要なケースが多い

と、1人の弁護士が考えています

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    千葉県1位

    石井 康晶 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    弁護士が同意
    1
    タッチして回答を見る

    有利と思われます。
    子らを引き離すことの影響を考慮とあるように、離れた生活を望ましくないとみています。

  • 弁護士ランキング
    新潟県1位

    齋藤 裕 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    > 結論は書かれていませんが、夫の監護に「疑問」とあり、私は有利なのでしょうか。疑問とされた理由は、面会交流の制限、同居中の次女へのやや過剰なスキンシップ、長女に過去行っていた過剰なスキンシップです。

    あなたの側がどう評価されているかを見ないとあなたが有利となっているのかどうかはなんとも言えません

  • 相談者 1017530さん

    タッチして回答を見る

    斎藤先生、私側には特にマイナスになるような事は書いてありませんでした。長女が夫から受けていた過剰なスキンシップや厳しい躾から解放され、母親と安心して暮らしていると有りました。次女の方にも「ママは優しくて好き」「家族皆で住みたい、ママと住むことになっても不安はない」と話したと記載がありました。

  • 弁護士ランキング
    東京都5位

    高橋 淳 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    > 【質問1】
    >
    > 結論は書かれていませんが、夫の監護に「疑問」とあり、私は有利なのでしょうか。疑問とされた理由は、面会交流の制限、同居中の次女へのやや過剰なスキンシップ、長女に過去行っていた過剰なスキンシップです。

    有利ですが、結論が書いていない以上、最終的には裁判官の裁量的判断になります。

この投稿は、2021年04月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

もっとお悩みに近い相談を探す

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから