弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

バナーの画像、書かれている内容は「あなたの体験を記事にしませんか?体験談募集」」

都合が悪くなると逃げる「元夫」 どうやって滞納する「養育費」を支払わせられますか?

38歳のみほといいます。小6と小2の子どもがいます。夫とは、1年前に離婚しました。離婚協議書を交わして、毎月養育費として12万円をもらってきたのですが、この2ヶ月間、振り込みがありません。 先月、元夫にメールで連絡したら「ちょっと遅れているけど、払うから」と。 でも、1ヶ月経っても振り込みはありません。結婚している時から、都合が悪くなると逃げるんですよね・・・。養育費をもらわないと生活は厳しいんです。どうしたら元夫に支払わせることができますか。

みほ(38歳)からの相談

A. 強制的に支払わせるには「差し押さえ」をしましょう

調停離婚をしている場合、裁判所にお願いすると、裁判所から元夫に、養育費をきちんと支払いなさいという意味合いの「履行勧告」をしてくれます。

家庭裁判所から元夫に対して、「養育費をちゃんと払いなさいよ」といった趣旨の書面を送ってくれるのです。

しかし、これには罰則がないので、元夫が履行勧告を無視するなら、「差し押さえ」の手続きをしないと強制的に支払わせることは出来ません

差し押さえをするためには、調停が成立した際に裁判所が作成してくれる調停調書か、公証役場でつくる公正証書が必要となります。

また、専門的な手続きですので、行政書士や弁護士など、専門家に相談することをオススメします。

なお、例えば給料の差し押さえをするには、元夫の住所や勤務先を知っておかなければなりません

元夫が転居や転職をしていないかなど、近況をおさえる必要があります。

別れた相手と接点をもつのは、誰にとってもイヤなことだと思いますが、面会を定期的にすることで、相手の生活の変化がわかりますから、いざという時に役立つこともあります。

また、面会を定期的に行なっている場合には、比較的、養育費をきちんと払ってくれているという場合が多いようです。

取材協力弁護士 原口 未緒 (はらぐち みお)弁護士
東京護士会所属。ココロもケアする離婚弁護士。離婚は次の新しい人生で幸せになるための第一歩。離婚はそのプロセス次第でたくさんのことを教えてくれる。そしてたくさんの新たなシアワセを運んでくれる。「シアワセな道に歩む第一歩を私と共に歩みましょう!」
未緒法律事務所

バナーの画像、書かれている内容は「あなたの体験を記事にしませんか?体験談募集」」
弁護士ドットコム 編集スタッフ、協力ライター募集中!募集要項はこちら

この記事へのコメントを投稿する

コメント内容を確認する
バナーの画像、書かれている内容は「あなたの体験を記事にしませんか?体験談募集」」