ベストアンサー

離婚後、数年してからの、公正証書にない金銭の請求

数年前に離婚した元夫(子供3人の親権を持っています)から、先日いきなり子供の養育費(過去に遡って全て)、学費(これからの進学にかかる費用全額)等を請求したいから話し合いをと連絡ありました。
親権は元夫となったので私は一人で家を出たのですが、離婚時に公正証書で、財産分与はなし、その代わり養育費は請求しないと言う内容で公正証書を取り交わしています。
離婚後も子供たちとは面会もしており、状況は把握しています。
やむ得ない理由で養育費を請求されているなら考えますが、自分のための浪費で貯蓄をしておらず、奨学金も収入は十分にあるので不採用になり、私のところへ養育費の請求がきたようです。

払う気はないのですが、どのように対処するのが良いのでしょうか?
二人で合って話をするつもりはありません。なんなら調停でも起こしてくれればとも思いますが、相手にするのも疲れます。
対処法や逆にこう返してはいけないというような注意点を教えていただければ幸いです。
相談者(882832)からの相談
2020年01月10日 20時51分

みんなの回答

岡部 将吾
岡部 将吾 弁護士
離婚・男女問題に注力する弁護士
ありがとう
離婚時の公正証書で養育費の支払い義務がないことを確認されているのであれば、支払わなくても問題ありません。
相手方に対しては、支払い義務がないので話し合いに応じるつもりはない、どうしても支払って欲しいのなら養育費請求調停を申し立てて欲しい、とだけ伝えれば良いと思います。

2020年01月10日 21時06分

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都2 離婚・男女問題に注力する弁護士
ありがとう
> 払う気はないのですが、どのように対処するのが良いのでしょうか?

遡っては支払う必要はありませんが、請求された後(基本的に調停申立て月以降)は支払う必要があると思います。
養育費請求権は放棄できない性質のものと考えられていますので。
二人で話し合いができないと思われれば、相手から調停を申し立ててもらってもよいと思います。

2020年01月11日 05時33分

堀 晴美
堀 晴美 弁護士
離婚・男女問題に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
養育費はお子様の権利でもあるので、親が一方的に放棄することはできません。
したがって、公正証書で養育費の支払いなしとしても、あとから養育費を請求されることはあり得ます。ただし遡ってではなく、請求時からになります。
当事者間で話し合いがつかなければ、養育費支払いの請求の調停を相手方に申し立ててもらって算定表にしたがって養育費を定めることになると思います。

2020年01月11日 07時28分

相談者(882832)
公正証書に記載があっても養育費が子供の権利で放棄できないというのは理解できますし、子供の為にという気持ちもあるのですが、納得いかないのが、離婚協議に相手側から、養育費は要求しないかわりに財産分与もなし、という条件で提示してきた経緯があります。今回は養育費に加えて進学費用を都度50万円程度支払うよう要求してきており、自分は全く支払うつもりがなく、離婚当時の条件を全く無視し、今後の学費負担もこちらに要求してくるという事が全く納得できません。
相手はやむ得ない理由で収入がないのではなく、十分な収入があるにも関わらず貯蓄等をせず、今後も節約したくないという理由でこちらに負担を要求して来ているのでが、相手の要求でおる養育費、学費について、妥当な折り合いのつけどころが分からないので参考に教えて頂けると助かります。養育費を払いたくないのではなく、相手のやり方が卑怯で許せないのです。

2020年01月11日 18時03分

この投稿は、2020年01月10日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

離婚時に養育費について決めなかった場合の対処法

離婚をするときに養育費について決めなかった場合でも、離婚後に、金額や支払い方法を決め、元配偶者に請求することができます。この記事では、離婚後...

養育費を増やしたいときの対処法

離婚をするときに養育費について取り決めたとしても、離婚後に事情が変わり「金額を増やしてほしい」と思っている人もいるでしょう。一度決めた養育費...

再婚後の養育費について、減額についてなど

離婚する際に取り決めた養育費は、再婚後も引き続き支払ってもらうことができるのでしょうか。再婚したことを理由に減額になる可能性はあるのでしょう...

養育費を払ってもらえない場合の対処法

離婚をするとき取り決めたにもかかわらず、元配偶者からその通りに養育費が支払われない場合は、家庭裁判所に履行勧告などを申し立てることによって、...

自己破産した元配偶者から養育費を支払ってもらえる?

元配偶者から「自己破産をしたので養育費が支払えない」と言われた場合、どうすればよいのでしょうか。これまでの滞納分や将来の養育費は請求できなく...

やること診断

今するべきことがわかります 離婚・男女問題のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 養育費と奨学金の関係

    過去の離婚訴訟で、長女の養育費は22歳になるまで、元夫が支払うとの判決が出ていました。 現在、元夫が申し立てた養育費減額審判中です。 私が養育している長女は、現在大学生で奨学金の貸与を受けています。 そこで質問ですが 1.算定表から算出された金額から、奨学金の金額が差し引かれることになるのでしょうか? 2.養育...

  • 養育費、一時費用、奨学金、調書(成立)無視

    調停で 当事者らは、第1項(3人)の子らが 進学のために借り入れる奨学金の 返済を半額ずつ負担する事を互いに約束する。 また、奨学金で賄うことのできない 進学に係る一時費用については、 双方で負担について協議する。 と調書(成立)しました。 1・もし、元旦那が奨学金の半分を払わなければ 取り立て起訴を出来るのでし...

  • 養育費大学授業料 奨学金を受けた場合の支払い義務は?

    離婚時に公正証書作成し子供の 大学の授業料の半分と入学金全額を支払う旨明記しました。前期分を支払った後に授業料相当額給付の奨学金を受けられる事がわかり実質授業料免除となり全額戻ってきたとのこと。 その場合にはこちらに返金すると約束していたのに催促しても返しません。こんな場合は法律的にはどうなるのでしょうか。授業...

  • 養育費の金額を決める際に、奨学金の返済は考慮するべきなのでしょうか?

    現在、離婚協議中です。 養育費の事でなかなか話がまとまりません。 2歳の子供が1人います。旦那の年収は約515万円、私は専業主婦で収入はありません。 離婚後は扶養手当(月々17000円)がなくなるのでそれは年収から差し引いて考えた方がいいと以前質問させていただいた時に教えていただきましたが、旦那が自分の生活が困るから奨学金...

  • 夫の前妻さんとのお子さんの奨学金返済について

    宜しくお願いいたします。 夫の前妻さんとの間の子供さんが、夫になんの相談もなく奨学金を借りていたようです。 万が一返済をお子さんが出来なかった場合、実の親である夫に返済義務があるのでしょうか? 夫は取り決めた養育費以外にも金銭は連絡があれば援助していました。 私と夫は前妻と離婚後に知りあい再婚しましたが、万が...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

離婚・男女問題の「トラブル体験談」

Aさん(30代女性)

DVを繰り返す夫から自由に - 2人の子どもの親権と養育費を勝ち取ったAさんの体験談

  • DV
  • 親権
  • 養育費
  • 面会交流

結婚11年目のAさんは、パートで働きながら8歳と10歳の子どもを育てる母親でした。会社勤めをしている夫は、家事や育児に協力しないだけでなく...

Bさん(20代女性)

性格の不一致から夫との生活が苦痛に - うつ病を患いながら離婚を成立させたBさんの体験談

  • 性格の不一致による離婚
  • うつ病
  • 新居の処分

結婚1年目のBさんは、夫と共働きの二人暮らし。当時仕事に追われていたBさんは、家庭内での夫の態度に違和感を覚えるようになっていました。B...

Cさん(40代女性)

育児・家事に無関心な夫と離婚 - 3人の子どもの親権・養育費を争ったCさんの体験談

  • 親権
  • 養育費
  • 財産分与
  • 年金分割

Cさんは、3人の子どもを育てる専業主婦でした。公務員の夫は、結婚当初から家庭内のことに無関心でした。「子どもが生まれたら変わるかな」と...

依頼前に知っておきたい弁護士知識

養育費に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

養育費の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

離婚・男女問題の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。