公正証書の有効性。再婚に関して。

現在、離婚協議中です。
私達は、お互いにそれぞれ原因があり10年以上前から夫婦関係は破綻していました。
今回離婚をするにあたり、親権を相手が貰うので養育費の仕送りをする事で話を進めています。
それについては公正証書を作成予定です。

そこで質問ですが、もし、公正証書を作成して離婚をした後にお互いのどちらかが再婚をした場合、養育費の減額は可能でしょうか?
また、親権を持たない養育費を支払う側が再婚をし、扶養家族(嫁、子供)が出来た場合でも養育費減額の申請は可能でしょうか?

公正証書を作成する時点では、お互い再婚は考えておらず、今後生きていく中でのお互いの生活環境の変化(再婚して扶養家族が出来る、もしくはどちらかの収入アップ)により公正証書の内容を変更できますか?

相談者(785962)からの相談
2019年04月11日 23時58分

みんなの回答

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都3 離婚・男女問題に注力する弁護士
ありがとう
> そこで質問ですが、もし、公正証書を作成して離婚をした後にお互いのどちらかが再婚をした場合、養育費の減額は可能でしょうか?
> また、親権を持たない養育費を支払う側が再婚をし、扶養家族(嫁、子供)が出来た場合でも養育費減額の申請は可能でしょうか?


再婚というだけでは弱いと思いますが、再婚されて新たなお子様ができれば、減額の可能性はあると思います。

> 公正証書を作成する時点では、お互い再婚は考えておらず、今後生きていく中でのお互いの生活環境の変化(再婚して扶養家族が出来る、もしくはどちらかの収入アップ)により公正証書の内容を変更できますか?

公正証書はお互いの協力がなければ、作成(変更)できません。
ただ、収入の変化により、養育費が増減できる場合はあります。

2019年04月12日 03時10分

吉田 英樹
吉田 英樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府1 離婚・男女問題に注力する弁護士
ありがとう
お困りかと思いますので、お答えいたします。
> 私達は、お互いにそれぞれ原因があり10年以上前から夫婦関係は破綻していました。
> 今回離婚をするにあたり、親権を相手が貰うので養育費の仕送りをする事で話を進めています。それについては公正証書を作成予定です。
→お互いに離婚に合意したのですね。

> そこで質問ですが、もし、公正証書を作成して離婚をした後にお互いのどちらかが再婚をした場合、養育費の減額は可能でしょうか?
→直ちには難しいこともありますが、事案にもよりますね。もっとも、相手方が再婚し、再婚相手が養子縁組をした場合には減免の可能性があります。

> また、親権を持たない養育費を支払う側が再婚をし、扶養家族(嫁、子供)が出来た場合でも養育費減額の申請は可能でしょうか?
→お子様が生まれるなどの事情があれば、養育費減額調停を申し立てることが考えられます。

> 公正証書を作成する時点では、お互い再婚は考えておらず、今後生きていく中でのお互いの生活環境の変化(再婚して扶養家族が出来る、もしくはどちらかの収入アップ)により公正証書の内容を変更できますか?
→相手方が合意すれば変更できると思います。そもそも養育費については、公正証書で金額が決まっていても、収入の変化などの事情の変更により、養育費減額調停などを申し立てることができます。また例えば、再婚時には再協議するなどという条項も考えられなくもありませんが、このあたりは公証人と相談することになりますね。

一般的なお答えとなり恐縮ですが、ご参考に頂ければと思います。

2019年04月12日 07時30分

この投稿は、2019年04月11日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

再婚後の養育費について、減額についてなど

離婚する際に取り決めた養育費は、再婚後も引き続き支払ってもらうことができるのでしょうか。再婚したことを理由に減額になる可能性はあるのでしょう...

養育費の減額を求めることができるケースとは

離婚の際に養育費について取り決めたとしても、収入が低下したことなどを理由に「金額を減らしてほしい」と悩んでいる方もいるでしょう。一定の事情が...

養育費を減らしたいときの対処法

離婚をするときに養育費について取り決めたとしても、離婚後に事情が変わり「金額を減らしてほしい」と思う人もいるでしょう。一度決めた養育費の額は...

「彼女できた」「収入減った」…養育費減額の要求に応じる必要はある?

離婚後、養育費を支払っている元配偶者に収入に変化などが生じ、「今まで通りの金額を支払えない」と言われた場合、養育費の減額に応じる必要があるの...

養育費の相場と支払ってもらうための手続きの流れ

未成年の子どもがいる夫婦が離婚するとき、子どもの親権者となった親は、親権者ではない親に対して「養育費」を請求できます。養育費とは、未成年の子...

やること診断

今するべきことがわかります 離婚・男女問題のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 公正証書。お互い再婚していると、養育費は貰えないのでしょうか?

    前夫と9年前に離婚をしました。 離婚の際に公正証書を作りました。 前夫も再婚し、私も再婚しています。 私の方が再婚が先でしたが、再婚してからは養育費をくれません。 彼の言い分は、『養ってくれる奴がいるんだから、そいつに養って貰えよ!』と言い…連絡がつかない状況です。 私としては、親の責任を果たして頂きたい...

  • 養育費増額は、可能ですか?公正証書作成済み 再婚により減額になりますか?

    養育費が相場より安いと思ったけど、公正証書に額を定めました。 5歳と2歳の子供二人で額は25000円です。 公正証書を作成したのは、去年の11月です。 元夫側の仕事は、何をしてるか知りませんが、収入は、たぶんあると思うので、もっと養育費を増額したいですが、 調停で増額は、可能ですか? 元妻側は、次の再婚相手がおり...

  • 再婚して扶養家族ができた場合に養育費減額できますか?

    離婚時に公正証書を作成し養育費20万を払うと約束した後、再婚し扶養家族が増えた場合、再婚したタイミングで養育費算定表に従い養育費を減額できますか?

  • 公正証書作成後養育費の減額はできますか?

    去年私の浮気が原因で離婚しました。 今年再婚しました。妊娠しており、もうすぐ出産予定です。 公正証書作成後養育費は減額できますか?

  • 公正証書を作成していても養育費減額できますか

    離婚した元妻に養育費を支払っていますが、公正証書を作成した段階よりも年収が大幅に下がり、税金も滞納している状態です。 公正証書を作成した際、その時点での年収入に応じての額ではなく、一番収入が多かった頃の額で養育費を算出され公正証書を作成しました。 その時点での実際の収入は多かった頃の半分程の収入てした。 そ...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

離婚・男女問題の「トラブル体験談」

Aさん(30代女性)

DVを繰り返す夫から自由に - 2人の子どもの親権と養育費を勝ち取ったAさんの体験談

  • DV
  • 親権
  • 養育費
  • 面会交流

結婚11年目のAさんは、パートで働きながら8歳と10歳の子どもを育てる母親でした。会社勤めをしている夫は、家事や育児に協力しないだけでなく...

Bさん(20代女性)

性格の不一致から夫との生活が苦痛に - うつ病を患いながら離婚を成立させたBさんの体験談

  • 性格の不一致による離婚
  • うつ病
  • 新居の処分

結婚1年目のBさんは、夫と共働きの二人暮らし。当時仕事に追われていたBさんは、家庭内での夫の態度に違和感を覚えるようになっていました。B...

Cさん(40代女性)

育児・家事に無関心な夫と離婚 - 3人の子どもの親権・養育費を争ったCさんの体験談

  • 親権
  • 養育費
  • 財産分与
  • 年金分割

Cさんは、3人の子どもを育てる専業主婦でした。公務員の夫は、結婚当初から家庭内のことに無関心でした。「子どもが生まれたら変わるかな」と...

依頼前に知っておきたい弁護士知識

養育費に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

養育費の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

離婚・男女問題の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。