財産分与調停について質問します。

公開日: 相談日:2019年01月28日
  • 1弁護士
  • 1回答

財産分与調停について質問致します。

主人が前の奥様、お子さん2人が住む家の住宅ローンと太陽光ローンを慰謝料代わりに毎月支払っています。名義は主人で支払い額は約11万円です。
上のお子さんが17才であと3年で成人するので養育費の支払いは一般的には終わると思うのですが、元の奥様の言い分は子供達が成人した後もローンを払い続け最終的には家と土地を渡せと言っています。
毎月のローン支払いと家賃の支払いで生活が大変厳しい為、元の奥様に住宅を売却し、養育費を算定表で出た額を支払いたいと提案したいと思っています。
元の奥様は話し合いに一切応じないので、財産分与調停を起こすつもりです。主人(有責者)が家を飛び出す形で別居し、その後離婚した為、慰謝料は支払っていないそうです。
そこで質問ですが
①太陽光ローンが残り約300万円ある為、そのローンを慰謝料と相殺して主人が支払う。住宅を売却して出たアンダーローンは折半して払ってもらう。養育費は算定表で出た額をお子さんが成人(20才)まで支払う。

以上の内容を財産分与調停で主張したいと思っていますが、矛盾点や弁護士先生から見て無理だと思う点はございますでしょうか?

また万が一、以上の内容が通った場合、養育費と住宅ローン残債と太陽光ローンの3つの支払いでやはり生活が成り立たない為、任意整理をしたいと思っていますが、このような場合、任意整理は可能でしょうか? 
また弁護士さんに任意整理をお願いした場合、相場はいくらくらいの費用がかかるのでしょうか?

色々お聞きして申し訳ありませんが、ご回答宜しくお願い致します。

756134さんの相談

回答タイムライン

  • 平川 麻紀 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    養育費は支払っていないが元妻と子の居住する家のローンを支払っている(太陽光パネルはこの家に付属しているのでしょうか)、ということですね。

    住宅の名義が全部夫であれば、夫がローンを支払っている家に離婚後も元妻が家賃を払わずに居住しつつけているのは、養育費と家賃を相殺していると考えられます。
    ここから、子が成人した後は養育費の負担がなくなるので、家賃を請求するという方法を取りうるかと思います。
    ただしこの主張をするならば具体的な養育費の相当額と家賃相当額が釣り合っているかという検討は必要でしょう。

    慰謝料については、離婚の原因・事情によるので、そもそも慰謝料が発生するのかどうかという問題がありますのでここでは回答できません。

    いずれも具体的な手段については、法律相談をうけることをおすすめします。

この投稿は、2019年01月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました