離婚後の不動産(建物)登記の変更について

15年ほど前に相手側の理由で協議離婚をしました。
その時に、慰謝料と子供が成人するまでの養育費を支払ってもらえたら、私の名義を譲渡する手続きに協力すると書面で交わしました。
(相手側両親の土地の上に、建物は自分達夫婦共有名義の登記)

無事、支払ってもらえたのですが、登記簿が私の手元にある為か、「完済したので名義変更を早くそっちで手続きしてくれ」と連絡がありました。

手続き方法もよくわからないですし、自宅から先方までは片道2時間以上かかる場所です。
私自身必要ない名義ですし渡すことは構わないのですが、このことに労力を割くことが気持ちの上でとても負担に感じています。
また、電話口でも怒鳴られると萎縮してしまって何をどう話したらいいかわからなくなるので、なるべくなら直接会いたくないです。

このような場合、
登記簿を先方に送り「必要な書類は送ってもらえばサイン等をし返送をするので、そちらで手続きしてください」としてはいけないものでしょうか。
(私の方で手続きをしなくてはいけないのでしょうか。)

どのようにするのが良いか、アドバイスをいただけないでしょうか。
よろしくお願い致します。
2019年01月24日 01時54分

みんなの回答

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1 離婚・男女問題に注力する弁護士
ありがとう
> どのようにするのが良いか、アドバイスをいただけないでしょうか。

登記の名義移転については、双方の協力が必要になると思います。
司法書士に相談してみてください。



2019年01月24日 03時11分

齋藤 健博
齋藤 健博 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都2 離婚・男女問題に注力する弁護士
ありがとう
> どのようにするのが良いか、アドバイスをいただけないでしょうか。

本件登記は共同申請なので,片方が勝手に進めることはできません。
双方の協力が必要となります。

具体的に必要な書類は,

・登記原因証明情報(司法書士が作成)
・登記識別情報(権利証のことです)
・貴殿の印鑑証明書
・相手方の住民票
・司法書士への委任状
・固定資産評価証明書

が主に考えられます。

司法書士が間に入らないと無理な案件なので,以下,司法書士に依頼することを前提に話を進めます。

本来は,貴殿が相手方に,手元にある権利証(登記識別情報)と,貴殿の印鑑証明書を相手方に送り,その後,司法書士が作成する書面(登記原因証明情報)に署名・捺印すれば,所有権は移転できます。

本来はこういうケースでは,新たな名義人側がイニシアティブをとって話を進めるのが通常です。
貴殿としても,印鑑証明書も司法書士に直接送れば,相手方の手元に残る可能性もないと思いますので,リスクもそうないと思います。

ただ,相手方がいやがるなら,貴殿が司法書士を探して,話を進める必要があります。
というか,司法書士への報酬や登記費用の負担を嫌がっているのではないでしょうか。
今回の負担分は少なくとも折半にする必要があるように思われます。
なので,見積が出た段階で,半分は支払うよう相手方に請求するこどか考えられます。

また,これが気になるのですが,登記を移転するには,登記原因が必要です。
これを何にするかで,税金が大きく左右されます。
ここは,税理士に相談をする必要があると思います。

なので,司法書士と税理士にそれぞれ相談をしながら話を進める必要があると思います。
税理士は,通常司法書士の知り合いが多いてですので,まずは税理士に相談をして,司法書士を紹介してもらうといいと思います。

ご参考までに。

2019年01月24日 08時14分

相談者
ご回答ありがとうございます。

相手方には、建物のローンを安い金利に掛け替えようとしたところ、
「新規ローンの為に名義を本人のみにしてください」と銀行で言われた為、
手続きを早くするよう言われましたが、そう簡単ではなく、
登記の手続きは司法書士の方が必要とわかりました。


追加で質問があります。

頂いたご回答内に「新たな名義人側がイニシアティブを…」とありましたが、
出来ればそのように相手方主導で進めてもらいたいと考えています。

その場合、
まずは権利書を相手方に郵送し、相手方が司法書士を介して連絡してきた時に、
印鑑証明を渡し、書類に署名捺印をすれば…と漠然と考えていますが間違えでしょうか。


また再度調書の条項を確認したところ(申立人=私)
----- 一部抜粋 -----------
「申立人は慰謝料の一部を建物の代金(300万円)とし売り、相手方はこれを買い受ける」

「本件建物についての共有持分全部移転登記するときは、申立人は、相手方に対し、本件建物の共有持分全部移転登記手続に協力することを確認する。」
------------------------------
と明記してありました。

・売ったことになると思われますが(約150カ月の分割)税金はかかりますか。
・条項の「協力」とは手続きや費用も私側でということになりますか。
・相手方に印鑑証明を渡し残った場合、不利益はありますか。


追加が多くてすみませんが、教えていただけると幸いです。
どうぞよろしくお願い致します。

2019年01月24日 10時56分

岡村 茂樹
岡村 茂樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 埼玉県1 離婚・男女問題に注力する弁護士
ありがとう
> まずは権利書を相手方に郵送し、相手方が司法書士を介して連絡してきた時に、
> 印鑑証明を渡し、書類に署名捺印をすれば…と漠然と考えていますが間違えでしょうか。
・よろしいと思います。

2019年01月24日 11時21分

齋藤 健博
齋藤 健博 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都2 離婚・男女問題に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
> まずは権利書を相手方に郵送し、相手方が司法書士を介して連絡してきた時に、
> 印鑑証明を渡し、書類に署名捺印をすれば…と漠然と考えていますが間違えでしょうか。

それでも大丈夫です。
ただ、本来は相手方が最初に司法書士に依頼し、その司法書士に権利証と印鑑証明書を預けるのが好ましいです。
弁護士と一緒で、司法書士は専門家として信頼できますので、書類はなるべく直接専門家に渡すに越したことはないからです。


> ・売ったことになると思われますが(約150カ月の分割)税金はかかりますか。

登記の原因は売買になると思われます。
なので、登記申請の際の登録免許税は若干高いかもしません。

ただ、慰謝料の一部として支払われているとすると、税金関係については微妙だと思います。
本来、慰謝料に税金はかかりませんので。
正確なところは申し訳ございませんが、税理士にご相談ください。

> ・条項の「協力」とは手続きや費用も私側でということになりますか。

協力というのは「お互いに」と考えるのが素直ですので、費用は折半と考えられるのではないでいしょうか。

> ・相手方に印鑑証明を渡し残った場合、不利益はありますか。

おそらくは、印鑑証明だけしか手元になく、実印がこちらにあるのなら、悪用は難しいとは思います。
悪用すれば、犯罪にもなりかねませんので、一般の方ならそこまではしないように思われます。
ただ、心理的にはモヤモヤが残ってしまうので、好ましいことではないと思います。

2019年01月24日 11時45分

相談者
どうもありがとうございました。

ご回答を参考にさせていただき、揉めずに進められるよう心がけたいと思います。

いろいろなご意見、本当にありがとうございます。

2019年01月24日 13時34分

この投稿は、2019年01月24日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

養育費を増やしたいときの対処法

離婚をするときに養育費について取り決めたとしても、離婚後に事情が変わり「金額を増やしてほしい」と思っている人もいるでしょう。一度決めた養育費...

養育費を減らしたいときの対処法

離婚をするときに養育費について取り決めたとしても、離婚後に事情が変わり「金額を減らしてほしい」と思う人もいるでしょう。一度決めた養育費の額は...

養育費をもれなく支払ってもらうための手続き

未成年の子どもがいる夫婦が離婚するとき、子どもの親権者となった親は、親権者ではない親に対して「養育費」を請求できます。養育費とは、未成年の子...

離婚時に養育費について決めなかった場合の対処法

離婚をするときに養育費について決めなかった場合でも、離婚後に、金額や支払い方法を決め、元配偶者に請求することができます。この記事では、離婚後...

養育費を増額できるケースと必要な手続き

「これまで働いていたが失業して経済的に苦しくなった」「子どもが病気をして継続的に医療費がかかるようになった」ーー。離婚の際に養育費について取...

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 離婚・男女問題のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 養育費の減額請求の際、経営している会社の登記簿謄本の提出義務はあるのでしょうか?

    現在、一度も会ったこともない非摘出子に対して毎月多額の養育費を支払っています。 私は会社を経営しておりますが、会社の経営のための借金、経営不振により報酬が減り、多額の養育費を支払うことが困難になりましたので、養育費の減額請求の申し込みをしたところ、 裁判官から会社の登記簿謄本の提出を求められました。 相手方も会...

  • 差し押さえに必要な登記簿謄本について

    養育費不払いの時に審判書があれば裁判の判決と同じ効力があると聞きました。相手が支払わない場合は差し押さえが可能と聞き、登記簿謄本が必要と知りました。 私は相手の勤務先の名称しか知り得ていない状態です。ネットで検索したら恐らくここかな?と思う程度の情報しか知らない状況です。 ここで教えていただきたいのは登記簿謄...

  • 公正証書あり、登記簿謄本なしでも給料は差押えできますか?

    公正証書を作り、離婚しました。 前夫から、養育費の支払いはあるものの、相談もなく勝手に減額して振込まれるのですが、期限も守らないです。 公正証書には、期限も書いてあり、守らない時は一括返済するとも記載されてます。 給料の差押えしたいのですが、個人経営者に雇われてる為、登記簿謄本がなく、法務局行っても無駄足でした...

  • 離婚後の養育費などの手続き

    学校などの手続きの加減で離婚届を早く出したいのですが、養育費などの話がまとまりません。 先に離婚届を出してしまうと後からの話し合いとかは難しくなりますか? 届けを出してしまったあとはどのような手続きをすればいいでしょうか?

  • 未払いを完済後の将来分の養育費について

    未払い分を一括で支払い完済した場合、将来分の養育費はずっと差し押さえ可能なのでしょうか? 元妻に将来分の養育費の差し押さえは続くと言われたのですが、どうにもならないですか?

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

離婚・男女問題の「トラブル体験談」

Aさん(30代女性)

DVを繰り返す夫から自由に - 2人の子どもの親権と養育費を勝ち取ったAさんの体験談

  • DV
  • 親権
  • 養育費
  • 面会交流

結婚11年目のAさんは、パートで働きながら8歳と10歳の子どもを育てる母親でした。会社勤めをしている夫は、家事や育児に協力しないだけでなく...

Bさん(20代女性)

性格の不一致から夫との生活が苦痛に - うつ病を患いながら離婚を成立させたBさんの体験談

  • 性格の不一致による離婚
  • うつ病
  • 新居の処分

結婚1年目のBさんは、夫と共働きの二人暮らし。当時仕事に追われていたBさんは、家庭内での夫の態度に違和感を覚えるようになっていました。B...

Cさん(40代女性)

育児・家事に無関心な夫と離婚 - 3人の子どもの親権・養育費を争ったCさんの体験談

  • 親権
  • 養育費
  • 財産分与
  • 年金分割

Cさんは、3人の子どもを育てる専業主婦でした。公務員の夫は、結婚当初から家庭内のことに無関心でした。「子どもが生まれたら変わるかな」と...

依頼前に知っておきたい弁護士知識

養育費に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

養育費の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題のニュース

  1. 小学校の「同級生」と不倫する妻…夫は「夫婦...
  2. 遠距離10年愛の末路、彼女は「他の男と同棲」...
  3. 10キロ増の妻に「見た目がイヤ」「離婚しない...
  4. 「あまりに理不尽」恩師からのキスで、妻に30...
  5. 単身赴任は別居なの? 不倫し放題の夫「オレ...
  6. 妻に不倫された夫が「もう一度、ホテルへ行っ...
  7. 教員の30代夫が「職場不倫」、相手は「50代女...

活躍中の弁護士ランキング

離婚・男女問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。