1. 弁護士ドットコム
  2. 離婚・男女問題
  3. 養育費
  4. 養育費の減額、強制執行、不動産

公開日:

養育費の減額、強制執行、不動産

2018年12月11日
改めてまとめて質問させていただきます。
前妻子ども2人、親権。
こちら、子ども1人。
公正証書あり。
今まで、1度も養育費の振込は欠かしていません。再婚後、子どもが産まれた時も減額はしていませんでした。
しかし、このたび、養育費を払っている夫が失業して、収入がなくなりましたので、減額をお願いしようと思っています。

新しい仕事(起業)の準備はしています。収入ができ次第、減額した金額は戻そうと思っていますので、期間限定で、減額をしてもらいたいのです。

まずは前妻に養育費の減額を依頼しようと考えてますが、相手がそれに応じないと思います。

提案した減額した金額が振り込まれた場合には、強制執行をすると言われています。

預貯金はほとんどなく、差押えられるとしたら、不動産となります。

強制執行され、不動産を差押えられた場合、家を売却しなければなりませんか?

売却した場合、今まで通り、毎月払うのでしょうか?それとも、将来の分まで一括でまとめて払え、と言われることもあるのでしょうか?

それとは別に、こちらに子どもが産まれたことによる減額はしてもらいたいのですが、その場合の算定書は子どもが3人いる場合のものに当てはめて、3分の2を払うという事であっていますか?
相談者(739997)の相談

みんなの回答

相談者(739997)
どなたか、回答をお願いします。

2018年12月12日 10時17分

内藤 政信
内藤 政信 弁護士
離婚・男女問題に注力する弁護士
ありがとう
家裁に減額申請あるいは免除申請の申立てを
急ぎしたほうがいいでしょう。
家裁で決まるまでは、減額または免除で対処
するといいでしょう。
適正な算定額はあなたの考えとは違ってくると
思います。
双方の家族構成や収入資料が必要になるので、
また再婚の場合は少し複雑な計算方式になるの
で、調停で試算してもらうことになるでしょう。
強制執行はまだまだ先です
また本件の場合、停止させる方途もあるので、弁
護士に相談するといいでしょう。

2018年12月12日 11時32分

相談者(739997)
ご回答、ありがとうございます。
公正証書に、まずは協議、と書かれているので、いきなり家裁にしてはいけないのかと思うのですが、、、。逆上されて、強制執行の手続きをされそうです。
家裁で決まるまでは免除、減額、とは、どうやるのでしょうか?
停止させる方途とは、なんのことでしょうか?

わからないことばかりですみませんが、回答お願いいたします。

2018年12月12日 11時50分

岡村 茂樹
岡村 茂樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 埼玉県1 離婚・男女問題に注力する弁護士
ありがとう
> 1度も養育費の振込は欠かしていません。再婚後、子どもが産まれた時も減額はしていませんでした。
1.減額調停の申立ができましたね。

> まずは前妻に養育費の減額を依頼しようと考えてますが、相手がそれに応じないと思います。
1.早急に養育費減額の調停・審判の申立しかないでしょう。

> 不動産を差押えられた場合、家を売却しなければなりませんか?
1.競売ですね。

> 将来の分まで一括でまとめて払え、と言われることもあるのでしょうか?
1.将来分は不要です。

2018年12月12日 16時45分

この投稿は、2018年12月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

養育費の減額を求めることができるケースとは

離婚の際に養育費について取り決めたとしても、収入が低下したことなどを理由に「金額を減らしてほしい」と悩んでいる方もいるでしょう。一定の事情が...

再婚後の養育費について、減額についてなど

離婚する際に取り決めた養育費は、再婚後も引き続き支払ってもらうことができるのでしょうか。再婚したことを理由に減額になる可能性はあるのでしょう...

養育費の未払いで給料を差押えられたらどうなるか

養育費の支払いを怠ると、相手から給料を差し押さえられる可能性があります。では、給料を差し押さえられたら、具体的にどうなってしまうのでしょうか...

「彼女できた」「収入減った」…養育費減額の要求に応じる必要はある?

離婚後、養育費を支払っている元配偶者に収入に変化などが生じ、「今まで通りの金額を支払えない」と言われた場合、養育費の減額に応じる必要があるの...

養育費を減らしたいときの対処法

離婚をするときに養育費について取り決めたとしても、離婚後に事情が変わり「金額を減らしてほしい」と思う人もいるでしょう。一度決めた養育費の額は...

やること診断

今するべきことがわかります 離婚・男女問題のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 養育費の減額請求について

    養育費について質問させていただきます。 現状 離婚当時、私の年収が550万、無職の元妻。14歳以下の子供が3人。親権は元妻です。 毎月10.5万の養育費を払っています。 離婚後元妻は仕事をはじめ、年収150万ほどあるそうです。 離婚の際、住宅ローンの負債の負担として借金して200万一括で払いました。住宅には元妻と子供が継続して...

  • 生活費と財産分与について

    前回、妹の離婚について質問させていただきました。その後調停の一回目が終わり次回が2回目の予定です。 次回は財産分与に関して、お互いが持っている預金と保険を全て解約してその分を財産分与としますと言われたそうですが、そこで質問があります。 今回の離婚問題で、妹は実家を出て自立するために引っ越しを考えています。 そ...

  • 強制執行、差し押さえ、養育費と面会交流権について質問させて頂きます。

    離婚時に調停にて養育費と最初の面会交流の月を決めて合意に至りました。 面会交流に関しては相手方の弁護士が必ず責任を持って該当月に交流させますと言っていたのですが、 該当月の日が近づいても連絡がなく、こちらから弁護士事務所と相手方に連絡をしましたがどちらからも無視されている状態です。 しかしその中でも養育費は毎月...

  • 離婚による財産分与及び離婚後支払っていく費用について

    初めて投稿させていただきます。現在妻と離婚協議中ですが、離婚後のことが分からないまま話を進めることに不安を感じていることから、何卒先生方のお知恵を拝借いたしたく相談させていただいた次第です。 現在の状況 私(夫)・・20代 妻・・・・20代 子供・・・4才、2才 二人 収入・・・私 約550万円(離婚後扶養手当等が外...

  • 夫婦の結婚契約書と遺留分減殺について

    初めて質問させていただきます。 再婚に当たり、夫婦の結婚契約書を公正証書で 作成することを検討しています。 公正証書には、再婚相手の相続財産の金額を 具体的に記載しようと思っています。 息子に事業を承継させる予定であり、事業経営に支障が出るような、 相続は避ける必要があるためです。 次の場合、私に相続が...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

離婚・男女問題の「トラブル体験談」

Aさん(30代女性)

DVを繰り返す夫から自由に - 2人の子どもの親権と養育費を勝ち取ったAさんの体験談

  • DV
  • 親権
  • 養育費
  • 面会交流

結婚11年目のAさんは、パートで働きながら8歳と10歳の子どもを育てる母親でした。会社勤めをしている夫は、家事や育児に協力しないだけでなく...

Bさん(20代女性)

性格の不一致から夫との生活が苦痛に - うつ病を患いながら離婚を成立させたBさんの体験談

  • 性格の不一致による離婚
  • うつ病
  • 新居の処分

結婚1年目のBさんは、夫と共働きの二人暮らし。当時仕事に追われていたBさんは、家庭内での夫の態度に違和感を覚えるようになっていました。B...

Cさん(40代女性)

育児・家事に無関心な夫と離婚 - 3人の子どもの親権・養育費を争ったCさんの体験談

  • 親権
  • 養育費
  • 財産分与
  • 年金分割

Cさんは、3人の子どもを育てる専業主婦でした。公務員の夫は、結婚当初から家庭内のことに無関心でした。「子どもが生まれたら変わるかな」と...

依頼前に知っておきたい弁護士知識

養育費に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

養育費の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

離婚・男女問題の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。