1. 弁護士ドットコム
  2. 離婚・男女問題
  3. 養育費
  4. やはり、泣き寝入り?やはり、今からでは難しいのでしょうか?

公開日:

やはり、泣き寝入り?やはり、今からでは難しいのでしょうか?

2011年07月21日
ベストアンサー
私は、調停にて3年程前に離婚を致しました。
子供は、1人います。

原因は夫の不貞行為です。慰謝料と養育費を支払うということで合意しました。しばらくは両方支払われていましたが、慰謝料が未納になり、すぐに養育費までもが支払われなくなりました。現在、未払い金が100万円程になります。

弁護士に相談し、履行勧告を行いましたが効き目がほとんどありません。強制執行したところで回収出来る金額は少なく、経費の方が多くなってしまうので私のメリットがない可能性が大きい!と、もう少し様子を見ましょう!との弁護士の回答。
元夫は、自営業なのでそれなりのお金が回収できないと弁護士さんは判断されたのだと思います。
結局、自営業の元夫からの回収が難しいと言われてしまったので、不貞相手に慰謝料を請求できないかと弁護士さんに聞いたところ、無理と言われました。やはり、今からでは難しいのでしょうか?

現在、不貞相手とは、婚姻している可能性があり2人の収入があるので経済的にも余裕があると思います。
相手の女性は会社員なので、差し押さえが出来ると思うのですが、やはり難しいのでしょうか?
調停の際に、依頼していた弁護士さんにも聞きましたが、不貞相手に賠償を求めても いいところ100万円程でしょうということでした。ので、相手女性には調停の際も現在も請求を一切していません。
証拠として、探偵の調査書とビデオ映像・自宅への帰宅頻度などのメモ・不貞相手の電話で話した内容を証拠として持っています。

今のところ、相手の思うツボのような気がしてなりません!
やはり、私は泣き寝入りでどうにもならないのでしょうか?
日本の法律が 変わらないと難しいのでしょうかね?
養育費など調停にて決まっても 支払わない人が多いと聞きます。こんなことが通るなら調停裁判をする意味があるのかとつくづく思います!こんなことが許されないように法律があって欲しいと思います。そしたら、事件も減るのでは・・・・と思います。
どなたか、何か良い方法をご存知でしたら教えていただけませんか?
相談者(68595)の相談

みんなの回答

弁護士A
ベストアンサー
ありがとう
この度は、大変辛い思いをされたと思います。あなたの考えは正当なものです。日本の法律・制度が大変不便になっているので、少なくない女性が泣き寝入りを強いられています。このような制度を変えていかなければなりません。

2011年07月21日 00時10分

相談者(68595)
弁護士A様

早速の回答、ありがとうございます!
やはり、泣き寝入りですか・・・。
ヒドイですね。責任を果たしているものが、かなりの負担をしいられる事になるのですね。ま、離婚をしないで円満な家庭生活を出来ていればこんな状態にもならなかったのでしょうが・・・。無責任な相手を選んだ自分の責任ということでしょうね。
日本の法律は、今のところ逃げたもの勝ち!なのですね。
納得できないですが、法律には勝てません。
泣き寝入りですね・・・・。

ありがとうございました。
でも、子供がいますので頑張って育てていきます。
しかし弁護士Aさん、何か良い方法が見つかりましたら 教えてください。
宜しくお願いします。

2011年07月21日 00時38分

この投稿は、2011年07月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

口座を差し押さえて養育費の未払いに対処する

養育費の支払いが滞っている場合、回収する方法として、相手の財産を差し押さえることが考えられます。ここでは、相手の銀行口座を差し押さえて養育費...

未払い養育費回収のため「強制執行」をする際のポイント

未払いの養育費を回収する方法として、強制執行によって養育費を支払う元配偶者の財産を差し押えるという方法があります。ここでは「[みんなの法律相談...

養育費の不払いへの対処法

厚労省のデータによると、母子家庭の8割が養育費の未払いを経験したことがあり、そのうち半数以上は1度も受け取れていません。中には、離婚時に相手と...

養育費の相場と支払ってもらうための手続きの流れ

未成年の子どもがいる夫婦が離婚するとき、子どもの親権者となった親は、親権者ではない親に対して「養育費」を請求できます。養育費とは、未成年の子...

養育費を増やしたいときの対処法

離婚をするときに養育費について取り決めたとしても、離婚後に事情が変わり「金額を増やしてほしい」と思っている人もいるでしょう。一度決めた養育費...

やること診断

今するべきことがわかります 離婚・男女問題のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 不倫相手から慰謝料の請求がきました。減額はできるものでしょうか?

    慰謝料について 結婚している事を言わずに2年弱、お付き合いしていた女性から弁護士を介し慰謝料の請求もしくは裁判の通達がきました。内容証明が弁護士から通知が会社に届いたので、一度その弁護士の元へ出向き話をしました。弁護士からその女性は詐欺で訴えがっている事を聞かされましたが、裁判にする事も考えて良いが慰謝料として1...

  • W不倫後離婚し、減額交渉したい

    W不倫をして離婚しました。不倫相手とは結婚する予定で、相手は離婚協議中。 ・私の結婚期間は4年半で子どもなし ・不貞行為は約半年 ・その後別居し、不倫相手と同棲 ・半年後に離婚成立 ・元夫から不倫相手に慰謝料300万円請求がきました。 元夫の弁護士に電話をしたところ、いくらなら払えるか、その金額を言いなさいと言われ...

  • 夫の不倫で調停離婚後、慰謝料未払い。不倫相手に慰謝料を払ってもらえるか

    昨年、元夫の不倫で離婚調停を行い慰謝料150万養育費月3万で離婚が成立しました。 元夫は最後まで不倫を認めませんでしたが、不倫相手の女は元夫との不倫関係を認めておりました。 女性側には慰謝料請求等は行わず、元夫が慰謝料を一括では払えないとのことで分割で毎月6万+養育費月3万の毎月9万支払う決まりとなりました。 昨年末...

  • 慰謝料について納得できません

    夫の不倫相手に訴訟を起こし、一年半の裁判の末、不倫相手に80万の慰謝料支払い命令が下りました。裁判では証拠が弱く、不貞行為があったとは認められなかったのですが、不倫相手が妻子のある既婚者と知っていたことや自宅アパートに夫を宿泊させたこと、このことで私たち夫婦が別居に至ったことなどが考慮され、私の精神的苦痛に対して...

  • 不倫相手への慰謝料請求を保留にしています。

    旦那の1年半の社内不倫 旦那、私29歳 不倫相手の女性25歳 子供が生まれてからすぐの浮気で証拠などはあります。 去年の11月に発覚し、浮気相手の女性に慰謝料請求をしました(弁護士は使わずに)。すると、相手女性が弁護士を雇い旦那には妻とは離婚すると言われ付き合ったので自分も騙されて被害者だから50万までしか払えないと回...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

離婚・男女問題の「トラブル体験談」

Aさん(30代女性)

DVを繰り返す夫から自由に - 2人の子どもの親権と養育費を勝ち取ったAさんの体験談

  • DV
  • 親権
  • 養育費
  • 面会交流

結婚11年目のAさんは、パートで働きながら8歳と10歳の子どもを育てる母親でした。会社勤めをしている夫は、家事や育児に協力しないだけでなく...

Bさん(20代女性)

性格の不一致から夫との生活が苦痛に - うつ病を患いながら離婚を成立させたBさんの体験談

  • 性格の不一致による離婚
  • うつ病
  • 新居の処分

結婚1年目のBさんは、夫と共働きの二人暮らし。当時仕事に追われていたBさんは、家庭内での夫の態度に違和感を覚えるようになっていました。B...

Cさん(40代女性)

育児・家事に無関心な夫と離婚 - 3人の子どもの親権・養育費を争ったCさんの体験談

  • 親権
  • 養育費
  • 財産分与
  • 年金分割

Cさんは、3人の子どもを育てる専業主婦でした。公務員の夫は、結婚当初から家庭内のことに無関心でした。「子どもが生まれたら変わるかな」と...

依頼前に知っておきたい弁護士知識

養育費に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

養育費の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

離婚・男女問題の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。