養育費算定表について

養育費算定表で出している養育費の金額って、なぜあんなに安いんでしょうか?
年収からみれば、もっと非養育者の負担額を増やしても十分に非養育者の生活は成り立つと思うのですが。
算定表の設定金額では養育者の負担額が非養育者の負担額の何倍にもなってしまい、あまりにも養育者にとって不利だと感じます。
進学などの状況に応じて養育費の増額にきちんと応じてくれるような誠実な人には良いかもしれませんが、そうでない人には都合の良い算定表になっているような気がします。
私の夫は公務員で十分な収入があるのに、「子供の生活より自分の生活が潤えば良い」みたいな人なので、算定表のような低い金額に決まってしまったら面白くないです。「2人分(4歳双子)で月3万が精一杯です」と調停で宣言した男です。別居前は夫の給料だけで家族4人が生活していたのに、、、。残りの25万以上を1人でどんな使い方するのか疑問です。
算定表より少しでも多くもらう方法はないでしょうか?
子供が双子なので、洋服やおもちゃなどもお下がりというシステムは使えないですし、ほとんど全てのものが同時に2つずつ必要になるので本当にお金がかかるのです。
夫の言う月3万の養育費では、子供1人高校も卒業できません。学費以外にも生活費が必要なのに。全て私が負担しなくてはならないのでしょうか?
2011年07月05日 07時16分

みんなの回答

比護 望
比護 望 弁護士
離婚・男女問題に注力する弁護士
ありがとう
よほど特別な事情がないと調停がまとまらずに訴訟になった場合(又は離婚が先行していて審判になった場合)には、算定表の水準で認定されてしまうことになると思います。

2011年07月05日 07時19分

弁護士A
ありがとう
養育費算定表だと、3万円よりもう少し高くなると思いますよ。

疑問はおありでしょうが、実務はこれで動いていますので、大きく外れた金額が出ることはありません。
双子であることを考慮して算定表の上の方で決めるべきだという主張をしていくことが減じ的であると考えます。
また、一時金がかかる際には、個別に調停で請求することも可能です。

2011年07月05日 07時20分

相談者
比護先生・弁護士A先生、アドバイスありがとうございます。
続けてお聞きしたいのですが…。
今現在の私の収入(育児短時間勤務)で算定表を見ると6〜8万の6万ですが、フルタイムに戻ると4〜6万に下がってしまいます。双子ということもあるので、最低8万で交渉してみようと思いますがどうでしょうか?
ただ、夫には持病(てんかんではありませんが場合によっては意識消失→最悪死に至ります)があるので、子供が大学卒業するまで無事かどうかわかりません。持病が原因で自動車事故を起こしたのに「運転する」と言い張っているし、主治医に入院を勧められたのに拒否したりと親としてとうより人として無責任過ぎますよね。
そのため、子供への責任として子供が22歳になるまで夫の生命保険の受け取りを子供にしておいてもらいたいのですが、裁判で請求したとして認められるものでしょうか?
また、大学の学費までは無理でも、せめて高校卒業までの予想金額を今からの年数で平均を出して請求できないでしょうか?
後になってまとまった金額を請求しても子供より自分の生活優先の夫は払えないでしょうし、持病のことを考えても先に確保しておきたいのが本音なのですが。

2011年07月06日 08時24分

弁護士A
ありがとう
>4〜6万に下がってしまいます。双子ということもあるので、最低8万で交渉してみようと思いますがどうでしょうか?
構いません。
減額しかないでしょうから、最初は10万円程度請求しても良いくらいです。

>夫の生命保険の受け取りを子供にしておいてもらいたいのですが、裁判で請求したとして認められるものでしょうか?
これは夫の意思次第ですので、法律で強制することはできません。

>大学までの学費の予想金額の月割り
理屈は分かりますが、大学に行くことが決まっているわけでもなく、公立私立等、いろいろ条件が異なってきます。
提案することは構いませんが、裁判所はまずその主張を受け入れることはありません。

2011年07月07日 07時48分

相談者
弁護士A先生、ありがとうございます。確かに大学は行くか行かないかも決まっていないですし、公立か私立かにもよって必要額は全然違ってきますね。次回の調停ではひとまず公立高校まで行った場合の教育費+基本的養育費を計算して、月割計算して養育費の提示をしてみたいと思います。大学進学が決まったら改めて請求すれば良いのですよね。
だた、フルタイムになって私の収入が増えた場合、やはり養育費は減額されてしまうのでしょうか?
夫も十分な収入ですし子供にお金がかかるのは確かなのだから、子供一人が高校卒業するのに困らない金額は夫が支払って当然だと思うのですが。子供を育てるほうがお金も沢山負担していては自分の勝手で別居した夫がラクしているようで許せないです。減額になっても十分に高校卒業できる金額なら良いですが。
高校卒業もしくは成人するまで10万定額で請求しても認められないものでしょうか?
アドバイスお願いします。

2011年07月07日 10時21分

弁護士A
ありがとう
>大学進学が決まったら改めて請求すれば良いのですよね。
そうです。

>だた、フルタイムになって私の収入が増えた場合、やはり養育費は減額されてしまうのでしょうか?
減額請求がされない限り減額されることはありません。

>高校卒業もしくは成人するまで10万定額で請求しても認められないものでしょうか?
今の年収を元にしますので、認められる可能性は低いです。

2011年07月11日 07時51分

相談者
弁護士A先生、ありがとうございます。
ネットでは多くのサイトで「子供を育て上げるには2500万〜3000万かかる」ようなことが書かれていますので、その金額を18年(子供が4歳なので22歳までの予定で)÷14ヶ月(12ヶ月+ボーナス月は2倍)で計算してみました。最低8万〜10万はもらわないと子供が困ることになります。
夫の収入は月に手取りで25〜27万くらいなので、養育費を払っても夫の生活費には十分な金額が残ります。算定表が基準になるのは承知しています。ただ、夫は「財産は全て折半したい。学資保険の今までの掛け金も。」と言っていましたので今後子供にかかる費用もキッチリ半分出してもらおうと思います。学資保険は子供のために加入したのだから「とんでもない」と拒否するつもりです。
やはり子供のためのお金は譲れないです。

2011年07月11日 08時24分

比護 望
比護 望 弁護士
離婚・男女問題に注力する弁護士
ありがとう
大学の進学率も高くなっており、子供の教育の考え方、親が大学を出ているなどの事情から養育費を20歳まででなく22歳まで認める判断も出て来ていますので、請求する際には私立の学費を前提にした請求までは無理だとしても、大学には行かせる前提で請求をすればよいと思います。

2011年07月31日 03時58分

この投稿は、2011年07月05日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

養育費を増額できるケースと必要な手続き

「これまで働いていたが失業して経済的に苦しくなった」「子どもが病気をして継続的に医療費がかかるようになった」ーー。離婚の際に養育費について取...

養育費の増額要求に応じる必要はあるか

離婚時に取り決めた養育費を支払っていても、離婚後の事情の変化などによって元配偶者から「養育費を増額してほしい」と求められることがあります。応...

養育費を増やしたいときの対処法

離婚をするときに養育費について取り決めたとしても、離婚後に事情が変わり「金額を増やしてほしい」と思っている人もいるでしょう。一度決めた養育費...

養育費をもれなく支払ってもらうための手続き

未成年の子どもがいる夫婦が離婚するとき、子どもの親権者となった親は、親権者ではない親に対して「養育費」を請求できます。養育費とは、未成年の子...

離婚時に養育費について決めなかった場合の対処法

離婚をするときに養育費について決めなかった場合でも、離婚後に、金額や支払い方法を決め、元配偶者に請求することができます。この記事では、離婚後...

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 離婚・男女問題のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 養育費

    毎月養育費(生活費込)をもらっているのですが、養育費は収入源となり確定申告の対象になるのでしょうか??

  • 養育費

    給料が20万くらいだと算定表だと、養育費はいくらくらいなのでしょうか?

  • 養育費算定の基準は?

    10年前に離婚し、3年前に再婚しました。 子供2人に対し養育費を支払ってますが、新しい家族にも子供ができました。 養育費も基準より多く支払っていて、生活が苦しくなってきたので養育費減額調停を考えています。 養育費算定基準表の見方を教えていただきたいのですが、当方の収入は 私の年収だけで考えるのでしょうか。 それ...

  • 養育費の計算について

    1年前に離婚して相手方が子どもをひきとりました。 養育費を渡していますが、勤め先の経営が悪化し 収入が減ってしまったため、このままでは生活が苦しく、 養育費の減額をお願いしようと考えています。 養育費算定表の金額を一つの目安にして 金額の調整を交渉しようと考えているのですが 相手方の収入として 児童扶養手当や...

  • 養育費。離婚して、子供二人分養育費10万、児童扶養手当て全額 ってもらえるんでしょうか?

    離婚して、子供二人分養育費10万、児童扶養手当て全額 ってもらえるんでしょうか? 因みに仕事してるので当たり前にお給料もらってます。 もし不正受給してるなら市役所にお返ししなきゃならないのですか?

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

離婚・男女問題の「トラブル体験談」

Aさん(30代女性)

DVを繰り返す夫から自由に - 2人の子どもの親権と養育費を勝ち取ったAさんの体験談

  • DV
  • 親権
  • 養育費
  • 面会交流

結婚11年目のAさんは、パートで働きながら8歳と10歳の子どもを育てる母親でした。会社勤めをしている夫は、家事や育児に協力しないだけでなく...

Bさん(20代女性)

性格の不一致から夫との生活が苦痛に - うつ病を患いながら離婚を成立させたBさんの体験談

  • 性格の不一致による離婚
  • うつ病
  • 新居の処分

結婚1年目のBさんは、夫と共働きの二人暮らし。当時仕事に追われていたBさんは、家庭内での夫の態度に違和感を覚えるようになっていました。B...

Cさん(40代女性)

育児・家事に無関心な夫と離婚 - 3人の子どもの親権・養育費を争ったCさんの体験談

  • 親権
  • 養育費
  • 財産分与
  • 年金分割

Cさんは、3人の子どもを育てる専業主婦でした。公務員の夫は、結婚当初から家庭内のことに無関心でした。「子どもが生まれたら変わるかな」と...

依頼前に知っておきたい弁護士知識

養育費に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

養育費の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題のニュース

  1. 遠距離10年愛の末路、彼女は「他の男と同棲」...
  2. 10キロ増の妻に「見た目がイヤ」「離婚しない...
  3. 「あまりに理不尽」恩師からのキスで、妻に30...
  4. 単身赴任は別居なの? 不倫し放題の夫「オレ...
  5. 妻に不倫された夫が「もう一度、ホテルへ行っ...
  6. 教員の30代夫が「職場不倫」、相手は「50代女...
  7. 「胸を見せて!」夫がハマったライブチャット...

活躍中の弁護士ランキング

離婚・男女問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。