離婚、財産分与、養育費について

今月始めに協議離婚しました。理由は度重なる夫の転職です。それと、転職の度に私に対する態度です。イライラしているのか辞表を出す前半年は毎回私の話しかけには全く返事をしなくなり、子供に八つ当たりします。私の留守の時子供に高い声で、怒鳴ったり殴るぞって子供にいったりされました
今回は又そろそろ辞めたくなってきてるって、態度でわかるくらいなので、今年一月に別れたいとつたえました。

今日相談したいのは、共有財産の家の件と養育費の事です。
今住んでる返済済の住居が、共有財産になっております。中古住宅で購入、私が独身時に貯めたお金を頭金として支払金額の半分以上を支払いました。そのため二人で支払ったとされる金額は700万円です。その為、子供二人13サイ15サイを私が育てる事から私に財産分与と言う話になったんですが、書類が出来上がった途端に、不服ということになりました。法律的には半分と言うのはわかりますが、やはり売って半分とするしかないのでしょうか?職もないから、養育費も人並みに払えないといわれてます。離婚したいと私が伝えたのが1月で、2月末に辞表、3月始めに協議離婚です。
養育費については、支払いたくないから計画的に辞めたのではないかと、私のかんがえですが、
その場合も養育費は支払ってはもらえないのでしょうか?
2018年03月19日 15時07分

みんなの回答

岡村 茂樹
岡村 茂樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 埼玉県1 離婚・男女問題に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
> 中古住宅で購入、私が独身時に貯めたお金を頭金として支払金額の半分以上を支払いました。そのため二人で支払ったとされる金額は700万円です。
1.住宅の現時点の時価額を1000万円とします。
2.購入代金が2800万円とすると,二人で支払ったローン額700万円の購入代金に対する割合が25%となります。
4.時価額1000万円の24%,250万円が財産分与対象となります。
5.相談者が住宅を取得するとして,相手に支払う財産分与における代償金額は,125万円です。

> 養育費については、支払いたくないから計画的に辞めたのではないかと、私のかんがえですが、
> その場合も養育費は支払ってはもらえないのでしょうか?
1.就労可能であるにもかかわらず敢えて無職になった場合,従前の収入額が得られるはずとして,これを基準に算定される可能性があります。

2018年03月19日 15時50分

相談者
捕捉です。
自宅は1700万円で、購入し、1000万円私が支払いました。建物が古く価値が土地代だけなので、売ったら1300万円くらいだそうです。

2018年03月19日 16時02分

この投稿は、2018年03月19日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

離婚時に養育費について決めなかった場合の対処法

離婚をするときに養育費について決めなかった場合でも、離婚後に、金額や支払い方法を決め、元配偶者に請求することができます。この記事では、離婚後...

離婚時に養育費のことを決めなかった場合の対処法

「養育費について何も話し合わずに離婚してしまったけれど、やはりキチンと養育費を支払ってほしい」「養育費は払ってもらっているけど、金額を増やし...

養育費をもれなく支払ってもらうための手続き

未成年の子どもがいる夫婦が離婚するとき、子どもの親権者となった親は、親権者ではない親に対して「養育費」を請求できます。養育費とは、未成年の子...

「彼女できた」「収入減った」…養育費減額の要求に応じる必要はある?

離婚後、養育費を支払っている元配偶者に収入に変化などが生じ、「今まで通りの金額を支払えない」と言われた場合、養育費の減額に応じる必要があるの...

自己破産した元配偶者から養育費を支払ってもらえる?

元配偶者から「自己破産をしたので養育費が支払えない」と言われた場合、どうすればよいのでしょうか。これまでの滞納分や将来の養育費は請求できなく...

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 離婚・男女問題のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 養育費の減額について

    3年ほど前に離婚をした前妻の間に12歳の子供が一人いてます。協議離婚をし、話し合いで毎月11万を支払う約束で公正証書を作成されました。私の年収は大体650万です。今まで支払が滞る事無く支払ってきましたが、昨年再婚をし、今年の11月に子供が産まれます。再婚をしてからも妻が働いて、家計を助けてくれてましたのでどうにか生活して...

  • 養育費の強制執行について

    昨年9月に調停離婚が成立し、養育費を元夫が支払っています。子供は三人。私が親権を持ち、扶養しています。 子供の保険はまだ元夫の会社のままです。もうすぐ手続きしてもらうことになってました。 先ほど元夫から今月末で会社を辞めるとメールがきました。 今後は養育費を払うつもりはないとも言われました。 今月、支払いがなけ...

  • 養育費

    養育費の支払いを求める相手が無職(収入、貯金、共にゼロ)の場合、支払い能力がないと判断され、月々の養育費は0円になってしまうのでしょうか? 私は5歳の子の母で、毎月3万円の養育費を、元夫からもらっていました。再婚はしていません。私の収入は月12万前後です。元夫は再婚しており、2人の子がいます。現在、元夫からの養育費減額...

  • 離婚後の養育費について

    10年前に、2人で同意の上で離婚しています。子供は1人で養育費は5万円、成人になるまで支払うと取り決めして、自分で作った文章にて約束をしました。その中で、養育費の増減はおのおのの生活状態により、御互いの同意の上で変更できるとしました。 その後、7年が経ち自分が結婚をして子供も一人産まれました。養育費の減額を申し出、3...

  • 養育費の金額の変更と、変更前の未払いはどうなるのか

    親権者は私(父)です。 離婚時に元妻と2人で養育費の額を決めました。 お互いに納得していたのですが 元妻が離婚後、仕事を一度辞め 半年ほど、養育費の支払いが無くなりました。 元妻から新しい仕事が始まったと聞いたので 養育費の支払いの再開を求めました。 そうしたら、額をもう少し下げてほしい、との事でした。...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

離婚・男女問題の「トラブル体験談」

Aさん(30代女性)

DVを繰り返す夫から自由に - 2人の子どもの親権と養育費を勝ち取ったAさんの体験談

  • DV
  • 親権
  • 養育費
  • 面会交流

結婚11年目のAさんは、パートで働きながら8歳と10歳の子どもを育てる母親でした。会社勤めをしている夫は、家事や育児に協力しないだけでなく...

Bさん(20代女性)

性格の不一致から夫との生活が苦痛に - うつ病を患いながら離婚を成立させたBさんの体験談

  • 性格の不一致による離婚
  • うつ病
  • 新居の処分

結婚1年目のBさんは、夫と共働きの二人暮らし。当時仕事に追われていたBさんは、家庭内での夫の態度に違和感を覚えるようになっていました。B...

Cさん(40代女性)

育児・家事に無関心な夫と離婚 - 3人の子どもの親権・養育費を争ったCさんの体験談

  • 親権
  • 養育費
  • 財産分与
  • 年金分割

Cさんは、3人の子どもを育てる専業主婦でした。公務員の夫は、結婚当初から家庭内のことに無関心でした。「子どもが生まれたら変わるかな」と...

依頼前に知っておきたい弁護士知識

養育費に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

養育費の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題のニュース

  1. 教員の30代夫が「職場不倫」、相手は「50代女...
  2. 「胸を見せて!」夫がハマったライブチャット...
  3. 交際中の人妻が妊娠、一緒になりたいのに夫が...
  4. 既婚の彼と結婚したい!「駆け落ちしちゃえば...
  5. 既婚男、出会い系で知り合ったシンママを妊娠...
  6. 「離婚調停に協力して」頼んできたのは、不倫...
  7. 愛した独身のカレは「偽名の既婚者」だった!...

活躍中の弁護士ランキング

離婚・男女問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。