ベストアンサー

扶養請求調停の申し立てについて。主張書面の内容と母の就労状況。

離婚調停が成立し、今度は子供の名前で扶養請求調停をする予定です。

離婚調停時にも主張書面を作成し、裁判所に提出しているのですが
新たな申し立てなので、改めて主張書面でこれまでの経緯(DV・生活費を渡さない等)
を盛り込む方がよいのでしょうか?

元夫は給与が手渡しの職人の為、公的にはきちんと税申告などしていません。
が、数年前の手書きの領収書は入手できました。

また、離婚前に貰えなかった養育費3年間分も請求したいのですが可能でしょうか?
より多く養育費が貰えるよう、日弁連の「新」養育費算定表より養育費を算出したいと
考えています。

そして、前回の調停中に私が会社より解雇され現在無職なのですが、そのことは調停では
話すことなく離婚成立となりました。
無職であることを扶養請求調停で元夫に知られても、親権を取り戻されたりはしないものでしょうか?
現在、求職活動中です。

色々と伺いますが、ご教示宜しくお願い致します。
相談者(509358)からの相談
2016年12月15日 18時40分

みんなの回答

石井 康晶
石井 康晶 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 千葉県3 離婚・男女問題に注力する弁護士
ありがとう
> 離婚調停時にも主張書面を作成し、裁判所に提出しているのですが
> 新たな申し立てなので、改めて主張書面でこれまでの経緯(DV・生活費を渡さない等)
> を盛り込む方がよいのでしょうか?
:別件なので事情説明は別途した方が良いですが,他方,養育費の請求ですので婚姻中の細かな話は不要かと思います。

> 元夫は給与が手渡しの職人の為、公的にはきちんと税申告などしていません。
> が、数年前の手書きの領収書は入手できました。
> また、離婚前に貰えなかった養育費3年間分も請求したいのですが可能でしょうか?
> より多く養育費が貰えるよう、日弁連の「新」養育費算定表より養育費を算出したいと
> 考えています。
:遡っての請求は厳しいでしょう。その当時合意していたのなら別論ですが。新たな算定表案を提案することは自由になしえるでしょう。しかし,合意が必要だと思われます。

> そして、前回の調停中に私が会社より解雇され現在無職なのですが、そのことは調停では
> 話すことなく離婚成立となりました。
> 無職であることを扶養請求調停で元夫に知られても、親権を取り戻されたりはしないものでしょうか?
> 現在、求職活動中です。
:その程度では親権者の変更は認められないでしょう。

2016年12月15日 18時47分

中井 陽一
中井 陽一 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 滋賀県1
ベストアンサー
ありがとう
> 改めて主張書面でこれまでの経緯(DV・生活費を渡さない等)
> を盛り込む方がよいのでしょうか?

→主張したい概要は提出してもよいと思いますが、離婚自体の話とは異なりますので、簡潔な内容でよいと思います。

> また、離婚前に貰えなかった養育費3年間分も請求したいのですが可能でしょうか?

→離婚前の未払いの養育費(婚姻費用)は、財産分与として解決すべきであり、後に扶養料や養育費として請求するものではないと一般的には考えられています。
 したがって、離婚前の未払いの養育費の請求は、認められない可能性が高いと考えます。

> 無職であることを扶養請求調停で元夫に知られても、親権を取り戻されたりはしないものでしょうか?

→子どもの養育状況に問題が無ければ、親権を取り戻される可能性は極めて低いと考えます。

2016年12月16日 08時15分

この投稿は、2016年12月15日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

養育費の金額と支払い期間はどのように決まるのか|裁判所の算定表をもとに解説

離婚にあたって、子どもの親権者となった親は、親権者とならなかった親に養育費の支払いを求めることができます。養育費とは、未成年の子どもが成長す...

再婚後の養育費について、減額についてなど

離婚する際に取り決めた養育費は、再婚後も引き続き支払ってもらうことができるのでしょうか。再婚したことを理由に減額になる可能性はあるのでしょう...

養育費の減額を求めることができるケースとは

離婚の際に養育費について取り決めたとしても、収入が低下したことなどを理由に「金額を減らしてほしい」と悩んでいる方もいるでしょう。一定の事情が...

養育費請求調停とは|離婚した後に養育費を請求するときに利用する手続きを解説

離婚したになって養育費の支払いを別れた配偶者に求めたいと考えたときや、養育費を増額したいと考えた場合、「養育費請求調停」という手続きを利用す...

子どもの年齢に応じて養育費を変更する取決めはできるか

離婚調停で話し合うことの1つに養育費の問題があります。ここでは、養育費を請求できるタイミングや、養育費の金額を決めるときのポイントについて、「...

やること診断

今するべきことがわかります 離婚・男女問題のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 養育費の減額請求

    5年前に調停離婚。息子一人を私が引き取りました。離婚前の別居寸前に協議離婚と養育費について公正証書を作成。なぜか別居直後に養育費減額の調停になりました。もともと守る気のない内容で公正証書の作成をしたようです。最初の調停では調停離婚を成立させ養育費は公正証書の内容のまま。しばらくはメールにて再三の減額請求があり非...

  • 養育費の調停申立ての取消、回収方法について

    お世話になります。 養育費についてご相談です。 よろしくお願い致します。 ①前の夫に養育費の調停を申立てましたが、現在の夫(離婚裁判中)と離婚してからするべきと助言されました。現在の夫と離婚後に、また前の旦那に養育費の調停を申立てる場合、一度、取下書を提出し、また新たに調停の申立ての書類一式を提出しなければな...

  • 離婚調停成立後の養育費の請求

    約1年前に離婚調停にて離婚成立し離婚しました。 この調停の時に子供の親権を相手に渡すことの条件として 相手よりわたしへ養育費を請求しないこと、 養育費を支払わないので財産分与はしないという形で離婚が成立しました。 ですが調停調書には 親権・財産分与・面会交渉については書かれていますが 養育費については一切書...

  • 養育費減額請求。調停中?

    教えて下さい! 現在、養育費額の変更を申立られています。 協議書で決めたものではなく、算定表に基づいたものとの内容にて調停中です。 養育費の減額請求は、どの時点で申立ればよいでしょうか。 調停中?調停後?審判中?審判後?それとも抗告した際でしょうか。 よろしくお願いいたします。

  • 調停について

    離婚後、養育費と面会について協議中ですが、法に基づいた話し合いができません。理由としては、元妻側が、養育費算定表での算定額を越える額の養育費の要求、養育費額が要求より少ない場合は面会を減らすまたは一生面会させないと主張するからです。 元妻側は要求や主張が通ると自信を持っており、調停や裁判をしてでも要求する養育費...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

離婚・男女問題の「トラブル体験談」

Aさん(30代女性)

DVを繰り返す夫から自由に - 2人の子どもの親権と養育費を勝ち取ったAさんの体験談

  • DV
  • 親権
  • 養育費
  • 面会交流

結婚11年目のAさんは、パートで働きながら8歳と10歳の子どもを育てる母親でした。会社勤めをしている夫は、家事や育児に協力しないだけでなく...

Bさん(20代女性)

性格の不一致から夫との生活が苦痛に - うつ病を患いながら離婚を成立させたBさんの体験談

  • 性格の不一致による離婚
  • うつ病
  • 新居の処分

結婚1年目のBさんは、夫と共働きの二人暮らし。当時仕事に追われていたBさんは、家庭内での夫の態度に違和感を覚えるようになっていました。B...

Cさん(40代女性)

育児・家事に無関心な夫と離婚 - 3人の子どもの親権・養育費を争ったCさんの体験談

  • 親権
  • 養育費
  • 財産分与
  • 年金分割

Cさんは、3人の子どもを育てる専業主婦でした。公務員の夫は、結婚当初から家庭内のことに無関心でした。「子どもが生まれたら変わるかな」と...

依頼前に知っておきたい弁護士知識

養育費に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

養育費の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

離婚・男女問題の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。