養育費の減額について

公開日: 相談日:2016年05月10日
  • 1弁護士
  • 1回答
ベストアンサー

妻と別居中で離婚協議中です。

妻は身重の状態で、来月出産予定です。
出産費用は通常よりも高額な病院で、約130万ほどかかるとのことであり、この費用は私が拠出する予定です。
(妻は専業主婦であり、費用負担できないため。)

病院選定は同居中に妻が望み、また、子供の無事な出産を考慮して、決定しました。

妻は私が契約者である賃貸マンションに住んでおり、家賃、光熱費は私が支払っています。

さらに、家賃、光熱費とは別に婚姻費用算定表にて算出した金額を婚姻費用として支払っています。
(家賃等と婚姻費用の金額を合算すると、婚姻費用算定表から算出される約2倍近くの金額を支払っていることになります。)

また、賃貸マンションにあった生活用品、家具等のうち、婚姻前に私が購入した冷蔵庫、電子レンジ、食器類等の妻が生活する上で必要なものについては譲渡しました。

私としては、今妻が身重であることを最大限配慮し、譲渡しているつもりなので、子供が生まれた後の養育費については、養育費算定表から算出した額よりも低くできればと思っています。

そこでご質問があるのですが、

① 子供の無事な出産を考慮し、通常よりも高額な医療機関での出産費用の支払い
② 家賃、光熱費とは別に婚姻費用を支払っている
③ 生活に必要な資産の譲渡

①~③の事項は、養育費減額の根拠(理由付け)となりますでしょうか?

以上宜しくお願いします。

450033さんの相談

回答タイムライン

  • 原田 和幸 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    ①~③の事項は、養育費減額の根拠(理由付け)となりますでしょうか?

    ならないと思います。
    なお、相場の金額を支払うなら、離婚後は特にそれ以外の日常の費用を出す必要はないと思います。お子様について特別の費用が発生すれば別途協議することになると思います。

この投稿は、2016年05月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました