離婚時の財産分与と養育費について

離婚することになりましたが、妻側からの請求が正しいのか相談させてください。

妻は専業主婦
5歳の子が一人

財産分与
貯金の半額と戸建てを売却した金額の半額を請求されています。
貯金の半額については納得しています。
結婚してから2年ほど前に建売戸建てをローンで買いました。その戸建てを売却し、その金額の半分を請求されています。
戸建ての名義は夫である私です。現在ローンが2千万ほど残っていますが、そのローンは関係なく売却した時の金額半分を請求されています。
たしかに夫婦の共有財産だということは解るのですが、その場合売却した金額からローンを引いた金額(おそらくマイナスになると思いますが)になりませんか?
もしくは現在までに払ったローンの金額の半額とか。。。現在の家の半額を取られ負債(ローン)は半分にならず全額を夫が負担しなければならないのでしょうか。
養育費
月に6万ほど請求されています。私の年収から計算するとそうなるようです。
養育費を払うのに異議は無いのですが、上記の住宅ローンを払いながら、6万は正直生活が立ち行かなくなるので厳しいです。

最後に離婚理由ですが(これについて争っているわけではありませんので読み飛ばして頂いて結構です)
●夫である私の言い分
専業主婦である妻の家事への不参加
妻のヒステリックな暴言及び暴力(女性の力なので暴力はそれほど大したものではありませんが、一度そこそこ大きな怪我をしました、その診断書あり、ですが被害届を出さない書類にサインしているようです。このへん記憶が曖昧です。)
●妻の言い分
家事育児への不参加(仕事から帰ってやっていましたむしろ家事に関しては私のが比重は多かったです。)
夫からのDV(誓ってやっていません。ヒステリックになり私に暴力を振るう時、私が押さえつけたときにたんこぶが出来たと主張してます)
2016年04月05日 23時23分

みんなの回答

好川 久治
好川 久治 弁護士
離婚・男女問題に注力する弁護士
弁護士が同意1
ベストアンサー
ありがとう
財産分与は、別居時点の夫婦で築いた財産をプラスとマイナスを全体として清算をして残額を半分ずつ分け合うことが基本です。結婚後に築いた預金を半分にすることは理解できます。不動産については売却するならば売却後にローンを精算した後の残額を分け合います。マイナスとなる場合は預金とも精算をします。結果プラスになればその半分を取得できるように精算します。マイナスになる場合も半分の負担を求めるのが公平ですが、裁判になっても負債を強制的に分割する決定はされません。養育費については、夫の額面年収と妻の収入(専業主婦でも働く能力があればその能力に応じて65万円~130万円程度のみなし収入があるものとして計算します)、それにお子さんの人数と年齢に応じて算定表に基づき算出します。

2016年04月05日 23時37分

この投稿は、2016年04月05日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

離婚時に養育費のことを決めなかった場合の対処法

「養育費について何も話し合わずに離婚してしまったけれど、やはりキチンと養育費を支払ってほしい」「養育費は払ってもらっているけど、金額を増やし...

離婚時に養育費について決めなかった場合の対処法

離婚をするときに養育費について決めなかった場合でも、離婚後に、金額や支払い方法を決め、元配偶者に請求することができます。この記事では、離婚後...

養育費をもれなく支払ってもらうための手続き

未成年の子どもがいる夫婦が離婚するとき、子どもの親権者となった親は、親権者ではない親に対して「養育費」を請求できます。養育費とは、未成年の子...

養育費が支払われず強制執行する場合に必要な手続き

調停や裁判を経ず、夫婦の話合いだけで離婚し、養育費の未払いが発生した場合、強制執行の手続きをしてお金を回収することができるのでしょうか。「[み...

自己破産した元配偶者から養育費を支払ってもらえる?

元配偶者から「自己破産をしたので養育費が支払えない」と言われた場合、どうすればよいのでしょうか。これまでの滞納分や将来の養育費は請求できなく...

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 離婚・男女問題のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 離婚後の財産分与について

    昨年10月に別居し、今年6月に離婚が成立しました。 今月、元夫が財産分与を申し立て、住んでいるマン ションを売却するので、別居した10月の見積額 からローン残高を引いた負の財産の半分を請求して きています。 なお、マンションは元夫が住んでおり、ローンは そのまま元夫が払っています。 負の財産であっても半分は支払う...

  • 住宅ローンの離婚時の財産分与の方法

    住宅ローンの残りについて、離婚時に、残りの住宅ローンの半額を更に建物評価額の半額で引いた金額が自分の払う分で、残りは私が払う分だと旦那に言われました。 そんな計算方法が、財産分与であるんでしょうか? そんな計算方法認められるのでしょうか?

  • 財産分与について。請求できるとしたら、いくらくらいでしょうか?

    夫と離婚します。 財産分与で、もめています。 1年半前に新築した住宅は夫がローンを払い、住み続けます。 オーバーローンなので、夫婦の貯金を全て(80万円ほどです)よこせと言われました。 他に分ける財産も借金もありません。 私は1円ももらえずに離婚しなければいけないのですか? 財産分与には扶養的財産分与というもの...

  • 財産分与について

    家出中の夫が、婚姻費用の差押えや、住んでもいない家のローンを払いたくないとの理由から、退職するそうです。 今、夫が退職すると退職金は一千万円ほどです。 夫単独名義の住宅ローンがあり、売却しても700万円のオーバーローンです。 他に資産はありません。 離婚した場合、財産分与して私が受け取れる金額はいくらですか?

  • 財産分与について。2何か良い方法はあるのでしょうか?

    現在、離婚に向けてお互いに話し合っている現状です。その中で嫁名義の住宅ローンが1500万残っています。オーバーローンなので売却しても借金が残りますが嫁自身が売却後残ったローンを支払いたいと考えています。私は、家を出て一人暮らしを考えてます。 1その際、売却後のローンは夫婦分担になるのでしょうか? 2何か良い方法はある...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

離婚・男女問題の「トラブル体験談」

Aさん(30代女性)

DVを繰り返す夫から自由に - 2人の子どもの親権と養育費を勝ち取ったAさんの体験談

  • DV
  • 親権
  • 養育費
  • 面会交流

結婚11年目のAさんは、パートで働きながら8歳と10歳の子どもを育てる母親でした。会社勤めをしている夫は、家事や育児に協力しないだけでなく...

Bさん(20代女性)

性格の不一致から夫との生活が苦痛に - うつ病を患いながら離婚を成立させたBさんの体験談

  • 性格の不一致による離婚
  • うつ病
  • 新居の処分

結婚1年目のBさんは、夫と共働きの二人暮らし。当時仕事に追われていたBさんは、家庭内での夫の態度に違和感を覚えるようになっていました。B...

Cさん(40代女性)

育児・家事に無関心な夫と離婚 - 3人の子どもの親権・養育費を争ったCさんの体験談

  • 親権
  • 養育費
  • 財産分与
  • 年金分割

Cさんは、3人の子どもを育てる専業主婦でした。公務員の夫は、結婚当初から家庭内のことに無関心でした。「子どもが生まれたら変わるかな」と...

依頼前に知っておきたい弁護士知識

養育費に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

養育費の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題のニュース

  1. 教員の30代夫が「職場不倫」、相手は「50代女...
  2. 「胸を見せて!」夫がハマったライブチャット...
  3. 交際中の人妻が妊娠、一緒になりたいのに夫が...
  4. 既婚の彼と結婚したい!「駆け落ちしちゃえば...
  5. 既婚男、出会い系で知り合ったシンママを妊娠...
  6. 「離婚調停に協力して」頼んできたのは、不倫...
  7. 愛した独身のカレは「偽名の既婚者」だった!...

活躍中の弁護士ランキング

離婚・男女問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。