調停による養育費申し立てについて

昨年11月に相手のお金・恫喝・暴力があり妊娠中に離婚しました。養育費の話し合いは行わず協議離婚しています。市役所のミスがあり子供の戸籍が今年の6月に完成し先日家庭裁判所へ養育費の申し立てに行ってきました。家庭裁判所より家計収支表が送られてきたのですが、私は現在実家暮らしをさせていただいています。実家暮らしをしていることで養育費がもらえなくなるようなことがあるのかどのような影響が出てくるのか不安になり収支表が記入出来ずにいます。
現在育児休業中であり、子供を保育園へ預けて来年3月に復帰予定です。子供は現在7カ月です。
貯蓄などの記入欄もあるのですが、どう書いて良いか不安でこちらへ相談させていただきました。
2015年08月11日 15時12分

みんなの回答

今井 俊裕
今井 俊裕 弁護士
ありがとう
基本はあなた個人の年収状況です。ご実家暮らしか否かは極めて付随的な事情であり,年収基準がスタンダードです。

2015年08月11日 15時15分

池田 毅
池田 毅 弁護士
離婚・男女問題に注力する弁護士
ありがとう
原則として、双方の収入を比較して養育費を決めますので、具体的に何にどの程度使用しているかということは、直接は反映しません。
しかし、住居費がかからないことや、例えば食費等の援助があるというような事情は、具体的に決める際には、減額の要素になることは考えられます。
そうはいっても、虚偽の主張をするわけにはいきませんから、現在の生活状況を収支表に記載すべきでしょう。
あなたの収入はゼロなので、生活費は、全て援助してもらっていると記載するのでかまいません。
あなたの子どもに対して、扶養する責任があるのは、母と父、すなわちあなたと元夫であって、あなたの両親ではありません。ですから、現状両親が生活費を負担していても、元夫は養育費の支払いがなくなるわけではありません。

2015年08月11日 15時17分

土佐 一仁
土佐 一仁 弁護士
離婚・男女問題に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
実家暮らしをしていることだけを理由として養育費がもらえないということは,通常ないと思います。

養育費の一般的な算定基準は,双方の収入状況を資料として決められるのが通常です。

職場復帰の予定もあるようですが,さしあたり現時点での収支や資産状況に基づいて裁判所に求められている資料を作成したらよいかと思います。

なお,補足的に説明したいことがある場合などは,必ずしも裁判所の書式にとらわれる必要はありません。自由な書式でかまいませんので,説明したいことを一緒に裁判所に送付しておくとよいと思います(たとえば,今後の職場復帰予定などについて)。

不安であれば,事前資料は出せる範囲のものだけでもよいと思います。

2015年08月11日 15時18分

相談者
ありがとうございます。貯蓄額等も正確に記入しなくてはいけないんでしょうか?相手に見られるのがすごく嫌です。心配で仕方ありません。実家には毎月4万円支払わせていただいてます。ほかにかかる出費があれば自分で支払うようにしているのですが、事細かく書く必要はありますか?度々質問してすみません。

2015年08月11日 15時23分

池田 毅
池田 毅 弁護士
離婚・男女問題に注力する弁護士
ありがとう
養育費をいくらにするかという問題は、貯蓄額とは原則としては無関係です。ですから、その点は記載しないという方法もあると思います。
調停で提出した資料は、相手方が謄写する可能性がありますので、その点は、調停委員に口頭で説明するというのでもよいと思います。

2015年08月11日 15時26分

相談者
ありがとうございます。お金のことで色々と相手に苦しめられたので収支表を作成する事に戸惑ってしまいました。わかりやすいご説明ありがとうございます。わかる範囲で記入して、口頭で説明出来るように準備していきたいと思います。

2015年08月11日 15時31分

この投稿は、2015年08月11日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

離婚時に養育費のことを決めなかった場合の対処法

「養育費について何も話し合わずに離婚してしまったけれど、やはりキチンと養育費を支払ってほしい」「養育費は払ってもらっているけど、金額を増やし...

離婚時に養育費について決めなかった場合の対処法

離婚をするときに養育費について決めなかった場合でも、離婚後に、金額や支払い方法を決め、元配偶者に請求することができます。この記事では、離婚後...

再婚後の養育費について、減額についてなど

離婚する際に取り決めた養育費は、再婚後も引き続き支払ってもらうことができるのでしょうか。再婚したことを理由に減額になる可能性はあるのでしょう...

子どもの年齢に応じて養育費を変更する取決めはできるか

離婚調停で話し合うことの1つに養育費の問題があります。ここでは、養育費を請求できるタイミングや、養育費の金額を決めるときのポイントについて、「...

養育費をもれなく支払ってもらうための手続き

未成年の子どもがいる夫婦が離婚するとき、子どもの親権者となった親は、親権者ではない親に対して「養育費」を請求できます。養育費とは、未成年の子...

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 離婚・男女問題のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 養育費。もしくは、何ヶ月目とかありますか?

    離婚して約4年 元妻側に子供がいて、養育費を払っています 現在、結婚して妻には、妊娠7ヶ月目 養育費の家庭裁判所申し立ては、出産後ですか? もしくは、何ヶ月目とかありますか? 申し立てをして期間は、どのくらいかかりますか? 教えてください

  • 養育費の件

    私の兄が8年ほど前に離婚し、18歳と16歳の子に養育費を18万払っています。前妻は心療内科に通って働いておらず、養育費の加算を家庭裁判所に申し立てているようで、兄は再婚し子供も生まれて経済的にこれ以上出せないと言います。養育費の相場をしりませんがまだ加算されることもあるのでしょうか? 離婚は協議離婚でした。

  • 養育費

    4年程前に妻と離婚し親権は手にしましたが、 離婚成立後半年程で家庭裁判所で親権を元妻に移しました。 養育費は月2万円払ってるのですが、 もうかれこれ2年程子供に会わせてくれません。家庭裁判所前では会いたい時に会わせると決めたのにです。 会わせてくれないのであれば養育費も払いたくないのですが、払わないといけない...

  • 養育費について。この現状に対しての打開策などないのでしょうか?

    現在、10年近く別れた元妻に1人3万円の養育費を2人分払い続けてますが、養育費を受け取ってる元妻が 養育すべき子達を養育して無い現状が発覚しました。私は、この元妻に対して養育費を払わなければならない義務があるのでしょうか?また、1人の子は、現在19歳で、嫁、子を持ち社会人として自立しています。 社会人として自立している...

  • 養育費調停不成立で審判になりました。

    養育費調停不成立により審判手続きになったので、期日へ裁判所へ来るように家庭裁判所から通知が届きました。 結婚は去年の7月きちゃった婚です。 元妻が結婚当初から家事をせず、お金の管理も任せましたが全部使い、遊びに出かけては家を2.3日空ける状況でした。 1ヶ月位で離婚の決意をし、別居になりました。 子供が産まれるま...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

離婚・男女問題の「トラブル体験談」

Aさん(30代女性)

DVを繰り返す夫から自由に - 2人の子どもの親権と養育費を勝ち取ったAさんの体験談

  • DV
  • 親権
  • 養育費
  • 面会交流

結婚11年目のAさんは、パートで働きながら8歳と10歳の子どもを育てる母親でした。会社勤めをしている夫は、家事や育児に協力しないだけでなく...

Bさん(20代女性)

性格の不一致から夫との生活が苦痛に - うつ病を患いながら離婚を成立させたBさんの体験談

  • 性格の不一致による離婚
  • うつ病
  • 新居の処分

結婚1年目のBさんは、夫と共働きの二人暮らし。当時仕事に追われていたBさんは、家庭内での夫の態度に違和感を覚えるようになっていました。B...

Cさん(40代女性)

育児・家事に無関心な夫と離婚 - 3人の子どもの親権・養育費を争ったCさんの体験談

  • 親権
  • 養育費
  • 財産分与
  • 年金分割

Cさんは、3人の子どもを育てる専業主婦でした。公務員の夫は、結婚当初から家庭内のことに無関心でした。「子どもが生まれたら変わるかな」と...

依頼前に知っておきたい弁護士知識

養育費に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

養育費の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題のニュース

  1. 教員の30代夫が「職場不倫」、相手は「50代女...
  2. 「胸を見せて!」夫がハマったライブチャット...
  3. 交際中の人妻が妊娠、一緒になりたいのに夫が...
  4. 既婚の彼と結婚したい!「駆け落ちしちゃえば...
  5. 既婚男、出会い系で知り合ったシンママを妊娠...
  6. 「離婚調停に協力して」頼んできたのは、不倫...
  7. 愛した独身のカレは「偽名の既婚者」だった!...

活躍中の弁護士ランキング

離婚・男女問題の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。