公正証書の時効について

公開日: 相談日:2015年07月17日
  • 2弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

養育費の時効について。

公正証書の場合、時効が5年だと聞いたのですが、これは過去五年間分は請求出来るという事でしょうか?

また、借金の場合、請求された時点で時効が止まる様なのですが公正証書の場合は請求をかけ続けたとしても時効は止まることはないのでしょうか?宜しくお願い致します。

368217さんの相談

回答タイムライン

  • 舘山 史明 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    弁護士が同意
    1
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    こんにちは。
    養育費について,金額を決めて,公正証書にしているということですね?
    公正証書にしているか否かは時効とは関係なく,「養育費」という性質上,
    定期給付債権ということで,おっしゃるとおり5年で消滅時効にかかると考えられています。
    これは,過去5年分のうち,支払いがない金額については時効にかかっていないということです。
    より厳密にいうと,5年より過去のものでも,請求自体はできます。
    ただ,その請求に対し,相手が「時効だ!」などと言って「消滅時効を援用」した場合には,5年より過去の部分については,相手方は支払う義務がなくなるというものです。

    なお,よく誤解されるのですが,口頭で請求するとか,請求書を送り続けるとかし続けていれば時効が止まるということはありません。
    それは借金であっても,公正証書であっても同様です。
    裁判を起こせば,(そして勝訴すれば)そこから10年伸びますが・・・

  • 弁護士ランキング
    東京都2位

    原田 和幸 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    公正証書の場合、時効が5年だと聞いたのですが、これは過去五年間分は請求出来るという事でしょうか?

    支払われてなければそうなります。

    また、借金の場合、請求された時点で時効が止まる様なのですが公正証書の場合は請求をかけ続けたとしても時効は止まることはないのでしょうか?

    口頭や書面での請求だけでは止まりません。
    公正証書にしていますから、相手の財産に差押をかければ、時効は中断します。
    あとは相手が債務を認めた場合も中断します。

  • 相談者 368217さん

    タッチして回答を見る

    館山弁護士、原田弁護士、詳しくありがとうございました!

    よくわかりました!

    ありがとうございます!

この投稿は、2015年07月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す