離婚における解決金について

公開日: 相談日:2015年06月26日
  • 3弁護士
  • 3回答
ベストアンサー

身内の話です。
先日の調停で、解決金の支払いを要求されました。和解金のような意味合いがあることを知ったのですか、そもそも解決金は、一方しか請求出来ないのでしょうか。

離婚原因に関しては、相手はでっち上げのDVを主な理由にあげています。
離婚調停を起こしたのは、妻の方ですが、家庭不和の原因は、妻の不定行為も関係していると思っています。どちらかが一方的に悪く、どちらかが完全な被害者ではないと思っているので、あたかもこちらだけに非があるように解決金の請求をしてくるのは納得いきません。

離婚そのものにはお互い合意していますが、親権と養育費で折り合いがつきません。

こちらからも解決金の請求は可能なのでしょうか?

宜しくお願いします。

362858さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士 A

    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    相手方も不貞行為をしているので、貴方も解決金を請求しても良いと思います。
    もっとも、話合いをまとめるという観点からは、請求しないというのも一つの方法です。

  • 高橋 建嗣 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    相手方に離婚原因があれば何らかの金銭の請求は可能と思われます。
    実際には互いに支払いあうのでは意味がないので、相殺のような処理がされ、より大きな離婚原因がある方が支払うことになると思います。

  • 弁護士が同意
    1
    タッチして回答を見る

    質問内容を検討いたしますと,相手方は「解決金」という名目で,「財産分与」と「慰謝料」を請求しているものと考えられます。
     
    離婚時の慰謝料は,離婚原因を作った者が,反対配偶者の精神的損害に対して支払う損害賠償です。
    そのため,慰謝料を請求するには,相手方に離婚原因(DVなど)があったことを主張立証する必要があります。
     
    「解決金」の内容は,法律上はっきりと定まっていません。
    「慰謝料」という名目で請求すると,「どちらが悪かったか」という議論に直結してしまうため,これをぼやかすために使われることが多いです。

    相手方は,解決金という名前で,実質的にこちらが離婚原因を作ったと主張していると考えられます。
    すると,こちらも解決金を請求するのではなく,「こちらは解決金を支払う必要がない。」「離婚原因を作ったのはこちらではない。」と主張されるのが正しいかと思います。

    ただし,その場合も「財産分与」は支払う必要があるかもしれません。

  • 相談者 362858さん

    タッチして回答を見る

    弁護士A先生

    回答ありがとうございました。こちらにも請求権があると知り、安心しました。ただ、長期化して精神的ダメージを受けるのも辛いので、今後の対応をよく考えたいと思います。

  • 相談者 362858さん

    タッチして回答を見る

    高橋先生

    回答ありがとうございました。
    調停では、どちらが有責配偶者か特定されていない状態で、このような請求を受け 戸惑いと腹ただしさを感じた次第です。今後の対応について、よく考えてみます。

  • 相談者 362858さん

    タッチして回答を見る

    西面先生

    お礼が遅くなり、申し訳ありませんでした。失礼をお許し下さい。

    解決金という言葉を使った意図も説明して下さり、こちらの気持ちもすっきりしました。ありがとうございます。
    解決金という言葉は、大変気分の悪いものですが、こちらだけに非があるわけではないと主張しても、時間だけか過ぎていく気がします。

この投稿は、2015年06月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す