財産分与について

公開日: 相談日:2015年05月02日
  • 2弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

夫婦共働きです。結婚期間は、同居9か月・産前産後より別居し別居8か月になります。離婚となり財産分与することになりましたが、こちらの昨年度の源泉徴収額が産休になったため前々年度よりかなり少なくなっています。相手は昨年度の年収は本当の年収ではないからおかしいとしています。また、相手の年収は逆に住居手当が入っているため高くなっているので、その分を差し引くべきだと主張しています。さらに入籍後に相手が買った家具や指輪・さらには出産費用までこちらが負担するべきだとしています。また、離婚に同意しないうちに勝手に住居を解約し、運んだ家具の引っ越し費用も請求しています。ちなみに同居時は相手の給料で生活費を賄い、こちらの給料は貯蓄としていました。養育費や財産分与に関して、どの年収を使うのか、さらには家具や指輪・出産費用・家具の引っ越し費用は負担するべきなのか?その場合はどのくらいなのか、分からないので教えてください。

345673さんの相談

回答タイムライン

  • 池田 毅 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    財産分与とは、別居時の「財産」を分けるのが原則なのでは年収は関係ありません。
    別居時の預貯金や家財道具を原則として半分ずつ分けることになります。具体的な分け方は話し合いで決まらなければ、裁判所で決めてもらうことになります。
    養育費については、これから乳児を抱えて満足に働けないとしたらそれに応じた年収を基礎とします。具体的な事案によって異なります。

  • 弁護士ランキング
    東京都7位

    高橋 淳 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    養育費について:
    どの収入を使うのが正しいのかは一概に言えないところもありますので、協議中なのであれば調停による解決を考えた方が宜しいかと思いますが、将来のことは分からないので、直近の収入をベースに考えるケースが多いと思います。ただし、銃楽手当がなくなることが確実なら控除するということはあり得ます。
    財産分与について:
    対象は婚姻中に形成した資産ですので家具は分与の対象になります。
    出産費用は夫婦で負担すべきものですので、相手方の主張には理がありません。
    引越し費用は相手方がすべきものですので、相手方の主張には理がありません。負担

この投稿は、2015年05月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す